교체극 TOP | 문부과학성 | 일본학술진흥회 | 전용 페이지 | 링크 |



General

2013
  • Kondo, Y., Y. Marukawa, T. Oguchi, and T. Akazawa
    2013 RNMH-iii: The Replacement of Neanderthals by Modern Humans initiative to integrate information. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12. 21-23. Kyoto: Kyoto University.
  • 近藤康久、丸川雄三、小口 高、赤澤 威
    2013 「RNMH-iii: 交替劇プロジェクトにおける研究情報統合事業」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』2013. 12. 21-23. 科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 京都: 京都大学.
2012
  • Bar-Yosef, O.
    2012 Neanderthals and Modern Humans-A Global View: Isolation, Expansion, Competition and Demise. Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. Nov.18. 2012 International Conference on the RNMH Project. Tokyo: RNMH Project Group.
  • 森  洋久、中村佳史、丸川雄三、赤澤  威
    2012 「「交替劇」文献データベースの公開環境」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』2012.4.15. 科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会.東京:学術総合センター.
2011
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjou, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2011 The Lower and Middle Paleolithic Assemblages of the Dederiyeh Cave, Syria. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. Nov. 27, 2011. National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
  • 赤澤  威
    2011「ネアンデルタール人の謎」2011.11.13. モンキーカレッジ. 犬山:日本モンキーセンター.
  • 赤澤  威
    2011「人類史上の三大転換点:三段跳びモデル」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:ヒトの学習能力の進化モデルの研究』2011.9.13. 数理生物学会企画シンポジウム. 東京:明治大学駿河台キャンパス.
  • 荻原直道、菊池赳夫、森田祐介、鈴木宏正、道川隆士、森口昌樹、近藤  修、久保大輔、石田  肇、深瀬  均、赤澤  威
    2011「リファレンスデータベースを活用した化石頭蓋骨の形状復元」2011.11.6. 第65回日本人類学会大会.シンポジウム6. 那覇:沖縄県立博物館・美術館.
  • 菊池赳夫、荻原直道、鈴木宏正、道川隆士、近藤  修、石田  肇、赤澤  威
    2011「局所形状情報に基づく化石頭蓋破片組立システムの開発」2011.11.4. 第65回日本人類学会大会.若手会員大会発表賞対象セッション1. 那覇:沖縄県立博物館・美術館.
  • 木村  賛、小林宏光、中山栄純、垣花  渉、橋本智恵
    2011「健康な地域在住高齢者の身体・歩行における季節変動」2011.11.5. 第65回日本人類学会大会.一般口演9. 那覇:沖縄県立博物館・美術館.
  • 近藤  修、Y. Kanjo、石田  肇、石井理子、小口  高、西秋良宏、仲田大人、赤澤  威
    2011「デデリエ洞窟出土の新幼児人骨資料」2011.11.5. 第65回日本人類学会大会.一般口演1. 那覇:沖縄県立博物館・美術館.
  • 野中弘二、徐勲健、中川侑助、近藤  修、石田  肇、赤澤  威、励強華
    2011「化石頭骨の変形過程を推定するための再現実験」2011.11.5. 第65回日本人類学会大会.一般講口演1. 那覇:沖縄県立博物館・美術館.
  • 森  洋久、丸川雄三、中村佳史、赤澤  威
    2011「研究情報統合サービスについて」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』2011. 4. 23. 科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 東京:学術総合センター
  • 森  洋久、丸川雄三、中村佳史、赤澤  威
    2011「「交替劇」文献データベースの構築」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』2011. 2. 19. 科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 神戸:神戸学院大学.
2010
  • 赤澤  威
    2010「新学術領域研究「交替劇」全体構想」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』2010. 10. 23. 科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 東京:学術総合センター.
  • 赤澤  威
    2010「旧人ネアンデルタールと新人サピエンスの交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究」『第64回日本人類学会大会』2010. 10. 2. 北海道伊達市:だて歴史の杜カルチャーセンター.
  • 赤澤  威、西秋良宏、仲田大人、米田  穣、近藤  修、丹野研一、L. Greco、Y. kanjo、S. Muhesen
    2010「旧人ネアンデルタールと新人クロマニョンの交替劇を探る-シリア・デデリエ洞窟の2009年度調査」『第17回西アジア発掘調査報告会』2010. 3. 27.
  • 荻原直道、菊地赳夫、鈴木宏正、道川隆士、菱田寛之、近藤  修、石田  肇、赤澤  威
    2010「3次元モデリング技術に基づく化石頭蓋の高精度復元」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』2010. 10. 2. 第64回日本人類学会大会シンポジウム. 北海道伊達市:だて歴史の杜カルチャーセンター.
  • 田邊宏樹、定藤規弘、赤澤  威
    2010「旧人・新人の学習行動に関する脳機能マップの作成」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』2010. 10. 2. 第64回日本人類学会大会シンポジウム. 北海道伊達市:だて歴史の杜カルチャーセンター.
  • 森  洋久、丸川雄三
    2010「人類遺跡データベースを用いた時空間情基盤の構築」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』2010. 10. 23. 科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 東京:学術総合センター.
2009
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2009 The Natufian cultural remains at Dederiyeh Cave, Northwest Syria. International Symposium on The Natufian Culture in the Levant. September 7-11. Institut National de’ Histoire de l’Art, Paris.(招待講演)
  • Tanno, K., G. Wilcox, M. Ishii, I. Fukumoto, H. Nakata, M. Yoneda, Y. Nishiaki, Y.Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2009 Abundant plant remains from a Natufian burnt building at Dederiyeh Cave, Northwest Syria. International Symposium on The Natufian Culture in the Levant II. September 7-11. Institut National de’ Histoire de l’Art, Paris.(招待講演)
  • 赤澤  威
    2009「人類史の分かれ目:旧人ネアンデルタールと新人クロマニョンの交替劇」『青山学院大学第29回史学会大会特別講演会』2009. 12. 12. 青山学院大学.
  • 赤澤  威
    2009「旧人ネアンデルタールと新人クロマニョンの交替劇」『アンデス文明研究会』2009. 9. 19.
  • 赤澤  威
    2009「ネアンデルタール人の絶滅:新人との交替劇の証拠を探る」『沖縄にネアンデルタール人は来たか』2009. 4. 11. 科学研究費補助金基盤研究(S)公開シンポジウム. 沖縄県立博物館.
  • 赤澤  威
    2009「人類の移動誌を旧人と新人の交替劇に視る」『人類の移動誌』2009. 2. 1. 国立民族学博物館共同研究会.
  • 西秋良宏、仲田大人、米田  穣、近藤  修、Y. kanjo、S. Muhesen、赤澤  威
    2009「西アジア旧石器時代末期の住居 シリア、デデリエ洞窟のナトゥーフィアン建築を中心に」『日本旧石器学会第7回講演・研究発表・シンポジウム』2009. 6. 27-28. 日本旧石器学会. 鹿児島県立埋蔵文化財センター.
  • 西秋良宏、仲田大人、米田  穣、近藤  修、丹野研一、Y. kanjo、S. Muhesen、赤澤  威
    2009「現生人類の起源を探る-シリア・デデリエ洞窟の2008年調査」『第16回西アジア発掘調査報告会』2009. 3. 14-15. 日本西アジア考古学会.
2008
  • Akazawa, T.
    2008 Transition from Neanderthals to modern humans in the Dead Sea Rift Valley of West Asia. Birthday Seminar of Professor Dr. Christophe P. E. Zollikofer. September 11-12. Switzerland: Zurich University. (招待講演)
  • Akazawa, T., Y. Nishiaki, Y. Kanjo, and S. Muhesen
    2008 New Discoveries of the Lower-Middle Paleolithic Sequence at the Dederiyeh Cave, Northern Syria. International symposium on The Lower and Middle Palaeolithic in the Middle East and Neighbouring Regions. May 8-10. Switzerland: Basel University. (招待講演)
  • Nishiaki, Y., S. Muhesen, and T. Akazawa
    2008 The Late Epi-Palaeolithic assemblages from Dederiyeh cave, Northwest Syria. The International Workshops on The PPN Chipped Lithic Industries of the Near East. March 3-5. Manchester University. (招待講演)
  • 赤澤  威
    2008「旧人ネアンデルタールと新人ホモ・サピエンス交替劇の真相を探る:人類学・脳学・工学の連携研究」『JST イノベーションサテライト高知』2008. 12. 12.科学技術振興機構. 高知市. (特別講演)
  • 赤澤  威
    2008「ネアンデルタール人絶滅の謎を探る:石器時代の交替劇から人類の行く末を考える」『第6回サイエンス・カフェ in 高知』2008. 6. 7. 高知市.
  • 赤澤  威
    2008「情報処理とヒトの進化」『第127回ヒューマンコンピュータインタラクション研究発表会』日本情報処理学会. 広島大学.(招待講演)
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤  修、米田  穣、丹野研一、Y. kanjo、S. Muhesen、赤澤  威
    2008「現生人類の起源を探る-シリア、デデリエ洞窟の2003-2007年度調査」『第15回西アジア発掘調査報告会』2008. 3. 15-16. 西アジア考古学会. 池袋サンシャインシティ.
2007
  • 赤澤  威
    2007「ネアンデルタールの正体」『第113回高知県高等学校教育研究会歴史部会研究会』2007. 12. 8. 高知県高等学校教育研究会歴史部会.
  • 赤澤  威
    2007「中東を歩いた四十年」『第22回四国高等学校教頭会』2007. 10. 25. 四国高等学校教頭会. 高知市.
  • 赤澤  威
    2007「ヒト・ネアンデルタール・チンパンジーの頭と脳」『第4回科学教室』2007. 2. 3. 介良潮見台小学校.
  • 赤澤  威
    2007「人類史運命の分かれ目:旧人ネアンデルタールと新人ホモ・サピエンスの交替劇」『21世紀地球人類の危機と人類史』日本文化人類学会第41回研究大会 一般公開シンポジウム. 名古屋大学.(招待講演)
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤  修、米田  穣、S. Muhesen、赤澤  威
    2007「シリア、デデリエ洞窟にみられる後期ムステリアン石器群の年代的変化」『日本人類学会第61回大会』2007. 10. 6-8. 日本人類学会. 日本歯科大学新潟校.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤  修、米田  穣、S. Muhesen、赤澤  威
    2007「シリア、デデリエ洞窟にみられる後期ムステリアン石器群の年代的変化」『第61回日本人類学会大会』2007. 10. 8. 日本歯科大学新潟生命歯学部.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤  修、米田  穣、S. Muhesen、赤澤  威?
    2007「シリア、デデリエ洞窟のムステリアン石器群」『日本旧石器学会第5回大会』2007. 6. 23-24. 日本旧石器学会. 東京大学文学部.
2006
  • Nishiaki, Y., S. Muhesen, and T. Akazawa
    2006 The Natufian occupations at the Dederiyeh cave, Afrin, Northwest Syria. The Fifth International Congress on The Archaeology of the Ancient Near East, April 3-7. Madrid.
  • 赤澤  威
    2006「旧人ネアンデルタールと新人クロマニョン、その交替劇の真相に迫る」『第43回石炭科学会議大会』2006. 10. 12. 高知カルポート. (特別講演)
  • 赤澤  威
    2006「旧人と新人の交替劇:ネアンデルタールの正体」『生体システムの進化』2006. 8. 29. 日本進化学会メインシンポジウム. 東京国立オリンピック記念青少年総合センター.(招待講演)
  • 赤澤  威
    2006「ネアンデルタールの正体」『朝日カルチャー』2006. 6. 10. 札幌.
  • 赤澤  威、近藤  修、定藤規弘、豊田浩士、青木健一、奈良貴史、福本  敬、藤森智行、菱田寛之、鈴木宏正、M. Ponce de Leon, C. P. E. Zollikofer
    2006『ネアンデルタールの脳とクロマニョンの脳』2006. 11. 3. 第60回日本人類学会大会シンポジウム. 高知工科大学.
  • 赤澤  威、鈴木宏正、藤森智行、金井  崇、近藤  修、西秋良宏、S. Debruyne, 青木健一、定藤規弘、豊田浩士
    2006『化石脳・脳と知の共進化』2006. 5. 19. 科学研究費補助金基盤研究(S)第4回全体会議. 東京大学山上会館.
  • 赤澤  威、定藤規弘、青木健一、近藤  修、西秋良宏、小林  靖、米田  穣、仲田大人、斎藤成也、石田  肇
    2006『化石脳プロジェクト』2006. 3. 16. 科学研究費補助金基盤研究(S)第3回全体会議. 生理学研究所
  • 米田  穣、仲田大人、青木美千子、近藤  修、西秋良宏、赤澤  威
    2006「シリア共和国デデリエ洞窟における年代推定:ナトウーフ文化遺構の放射性炭素年代」『第60回日本人類学会大会ポスター発表』2006. 11. 3-5. 高知工科大学.
2005
  • 赤澤  威
    2005「西アジアの旧石器調査」『高知県埋蔵文化センター職員研修会セミナー』2005. 11. 15. 高知県埋蔵文化センター.
  • 赤澤  威
    2005「生理人類学とネアンデルタール」『日本生理人類学会第53会大会』2005. 6. 10. 長崎大学 (特別講演).
2004
  • Ishida, H., O. Kondo, T. Hanihara, T. Wakebe, Y. Dodo. and T. Akazawa
    2004 Variation in Neanderthal early ontogeny: Craniometric evidence from Dederiyeh children. 73rd Annual Meeting of The American Association of Physical Anthropologists, Tampa, Florida.
  • Kondo, O., H. Ishida, J. Sawada, Y. Dodo, T. Nara, and T. Akazawa
    2004 Neandertal growth and development: cranial, postcranial and histomorphometric evidence from Dederiyeh children. 26e Congress Prehistorique de France. Avignon, France.
  • Sawada, J., Y. Dodo, O. Kondo, T. Nara, and T. Akazawa
    2004 Histomorphological study of Dederiyeh 1 Neanderthal child. 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Japan.
  • Zollikofer, C. P. E., M. S. Ponce de Leon, O. Kondo, H. Ishida, Y. Dodo, H. Suzuki, Y. Kobayashi, K. Tsuchiya, and T. Akazawa
    2004 New data on early developmental difference between Neanderthals and modern humans. The 73rd Annual Meeting of The American Association of Physical Anthropologists, Tampa, Florida.
  • 赤澤  威
    2004「ネアンデルタールを掘る」『アイデンティティに悩むネアンデルタール』2004. 1. 24-25. 文部科学省第18回「大学と科学」公開シンポジウム. 東京国際交流館.
  • 赤澤  威
    2004「ネアンデルタールの生活:狩猟・争い」『アイデンティティに悩むネアンデルタール』2004. 1. 24-25. 文部科学省第18回「大学と科学」公開シンポジウム. 東京国際交流館.
  • 赤澤  威、石田  肇、西秋良宏、近藤  修
    2004『化石人類研究の最前線:工学知の先史人類学への適応』2004. 7. 3. 公開シンポジウム. 高知工科大学・総合研究所.
2003
  • 赤澤  威
    2003「ネアンデルタール」『大阪医大同門会講演会』2003. 11. 15. 大阪医大会館 (招待講演).
  • 赤澤  威
    2003「ネアンデルタールを掘る」『江上波夫先生記念講演会』2003. 6. 14. 公開シンポジウム. 東京大学安田講堂.
  • 赤澤  威
    2003「狩猟の起源を旧石器時代に探る」『狩猟と戦いの起源』2003. 4. 19. 日本ナイル・エチオピア学会第12回学術大会公開シンポジウム. 高知県土佐市.
2001
  • 近藤  修、赤澤  威、スルタン・ムヘイセン、石田  肇
    2001「現代人の起源を探る─デデリエ洞窟」『第7回西アジア発掘報告会』西アジア考古学会.
2000
  • Ishida, H., O. Kondo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2000 A new Neanderthal child recovered at Dederiyeh Cave, Syria in 1997-1998. The 69th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists. San Antonio, Texas.
  • 赤澤  威
    2000「沙漠から視た人類史」『乾燥地域の環境変動:人類誕生から現代まで』 2000. 12. 2. 日本沙漠学会秋季公開シンポジウム. 名古屋大学.
  • 石田  肇、近藤  修、米田  穣、野口  淳、S. Muhesen、赤澤  威
    2000「1997-98年 シリア・デデリエ洞窟出土幼児人骨の頭蓋形態」『第54回日本人類学会大会』2000. 11. 5.
  • 百々幸雄、近藤  修、奈良貴史、赤澤  威、S. Muhesen
    2000「デデリエ1号ネアンデルタール幼児頭蓋」『古人類の形態的特徴 最近の発掘から』2000. 11. 5. 日本解剖学会ミニシンポジウム8. 杏林大学.
1999
  • 赤澤  威
    1999「シリアでネアンデルタール人骨を掘る」『大阪府文化財調査研究センター講演会』1999. 11. 11.
  • 赤澤  威
    1999「甦ったネアンデルタールの子供:現代の子供とくらべる」『湘南国際村フェスティバル99講演会』1999. 5. 3.
  • 赤澤  威
    1999「ネアンデルタールの子供との出会い」『柏崎自然史博物館講演会』1999. 4. 18.
  • 赤澤  威
    1999「ネアンデルタール人の発見」『群馬県立自然史博物館講演会』1999. 3. 14.
  • 赤澤  威、S. Muhesen、百々幸雄、近藤  修
    1999「シリア国デデリエ洞窟出土のネアンデルタール小児人骨(デデリエ2号)」『日本人類学会大会』1999. 3. 30. 杏林大学.
  • 石田  肇、近藤  修、赤澤  威、S. Muhesen
    1999「シリア国デデリエ洞窟出土のネアンデルタール小児人骨(デデリエ2号)」『古人類の形態的特徴―最近の発掘から』1999. 3. 30. 日本解剖学会ミニシンポジウム8. 杏林大学.
  • 近藤  修、百々幸雄、赤澤  威、S. Muhesen
    1999「デデリエ1号幼児人骨、四肢骨の形態について」『古人類の形態的特徴―最近の発掘から』1999. 3. 30. 日本解剖学会ミニシンポジウム8. 杏林大学.
1998
  • 赤澤  威
    1998「ネアンデルタール復活」『人文科学とイメージ処理』1998. 12. 4. 立命館大学シンポジウム. (招待講演)
  • 赤澤  威
    1998「デデリエ・ネアンデルタールとの出会い」『宮崎県立総合博物館講演会』1998. 11. 1. (特別講演)
  • 赤澤  威
    1998「ネアンデルタール人の子供との出会い」『秋田県立博物館講演会』1998. 5. 5. (特別講演)
1997
  • 赤澤  威
    1997「起源:現代人と日本人と」『国際日本文化研究センター学術講演会』1997. 12. 4. 京都市.
  • 赤澤  威
    1997「ネアンデルタール人との出会い:シリア・デデリエ洞窟の調査から」『松戸市立博物館講演会』1997. 11. 9. 松戸市. (特別講演)
  • 赤澤  威
    1997「デデリエ・ネアンデルタール遺跡との出会い」『地底の森博物館講演会』1997. 7. 5. 仙台. (特別講演)
  • 赤澤  威
    1997「ネアンデルタール人骨を掘る」『第4回西アジア発掘調査報告会』1997. 3. 15. 東京.
1996
  • 赤澤  威
    1996「デデリエ・ネアンデルタール人との出会い」『山梨県立考古学博物館講演会』1996. 10 12. 甲府市. (特別講演)
  • 赤澤  威
    1996「デデリエ・ネアンデルタール人との出会い」『在シリア日本人会講演会』1996. 10. 6. ダマスカス. (特別講演)
  • 赤澤  威
    1996「ネアンデルタール人との出会い」『土井ヶ浜人類学ミュージアム講演会』1996. 7. 14. 山口県豊北町. (特別講演)
  • 赤澤  威
    1996「シリア、デデリエ・ネアンデルタール」『日本沙漠学会第7回学術大会』1996. 5. 22. 東京都.
  • 赤澤  威
    1996「デデリエ・ネアンデルタール人との出会い」『学士会夕食会講演会』1996. 3. 11. 東京都.
1994
  • 赤澤  威、S. Muhesen、百々幸雄、近藤  修
    1994「シリア・デデリエ・ネアンデルタール人」『日本沙漠学会第5回学術大会』1994. 5. 25. 東京都.


A01

2015
  • 新井才二、O. Aripdjanov、仲田大人、三木健裕、大森貴之、R. Suleymanov、西秋良宏
    2015 「ウズベキスタン,アンギラク洞窟出土の動物骨にみる中期旧石器時代人の動物利用」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 加藤真二、國木田大、髙倉 純、森川 実、芝康次郎、長沼正樹、尾田識好
    2015 「華北土器出現期に関する予察」『第16回北アジア調査研究報告会』2015.2.22. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2015 考古学から見た学習仮説 -新人と旧人の文化格差はいつ生じたか」『なぜネアンデルタール人はいなくなったのか -学習仮説からの展望』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2015.7.5. 東京大学.
  • 近藤康久、佐野勝宏、大森貴之、阿部彩子、W. Chen、大石龍太、門脇誠二、長沼正樹、小口 高、西秋良宏、米田 穣
    2015 「旧人・新人の生態ニッチモデリング共同研究のまとめ」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 近藤康久、佐野勝宏、門脇誠二、長沼正樹、西秋良宏
    2015 「交替劇関連遺跡・石器製作伝統デー タベースNeander DB構築のまとめ」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 佐野勝宏
    2015 「ネアンデルタール人の絶滅プロセスとその背景」『ネアンデルタール人の絶滅の謎に迫る』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2015.2.7. 東京大学.
  • 長沼正樹
    2015 「考古学とアイヌ」『平成26年度第三期イオル伝承者(担い手)育成事業研修考古学講座』2015.3.23. 北海道:アイヌ民族博物館(白老).
  • 長沼正樹、加藤博文
    2015 「草原景観と旧石器時代における人類移住ルートの可能性」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 西秋良宏
    2015 「東京大学のシリア調査」『シリア内戦下の文化財危機シンポジウム』2015.2.22-23. 東京:サンシャインシティ文化会館.
  • 西秋良宏
    2015 「考古学からみた交替劇」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 西秋良宏、O. Aripdjanov、R. Suleymanov、仲田大人、三木健裕、新井才二
    2015 「北ユーラシアの旧人・新人交替劇―ウズベキスタン旧石器遺跡調査(2014年)」『古代オリエント世界を掘る -第22回西アジア発掘調査報告会』2015.3.22-23. 東京:サンシャインシティ文化会館.
2014
  • Higurashi, Y.
    2014 On the mechanics of the spear thrower. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kadowaki, S.
    2014 Diffusion or progressive integration? : Re-considering the widespread distributions of early UP/LSA bladelet technologies from west Asia to south Europe and from east Africa to south Asia. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kadowaki, S. and Y. Nishiaki
    2014 Middle Epipalaeolithic technological variability in the northern Levant: New data from the middle Euphrates. The Society for American Archaeology 79th Annual Meeting. 2014.4.26. Austin, USA.
  • Kadowaki, S., Y. Nishiaki, and F. Guliyev
    2014 Tracing the origins of early agricultural settlements in the southern Caucasus: New evidence from Hacı Elamxanlı Tepe (Azerbaijan) in the 2012 and 2013 seasons. The 9th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East. 2014.6.13. Basel, Switzerland.
  • Kato, H., M. Naganuma, and T. Sato
    2014 Results of the archaeological excavation from Hamanaka-2 site 2011 and 2013 field years. Workshop May BaikalHokkaido Archaeology Project. 2014.5.5. Edmonton, Canada.
  • Kobayashi, Y., S. Kadowaki, and M. Naganuma
    2014 A population-genetics based model for explaining apparent cultural continuity from the Middle to Upper Palaeolithic in Eurasia. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kondo, Y., K. Sano, S. Kadowaki, M. Naganuma, T. Omori, M. Yoneda, and Y. Nishiaki
    2014 Assessing environmental factors to the replacement of Neanderthals by Modern Humans in terms of ecocultural niche modelling. European Geosciences Union General Assembly 2014, SSP4.2 Always Look on the Bright Side -Environmental Constrains of Early Human Expansions. 2014.5.2. Vienna, Austria.
  • Lipnina, E., G. Medvedev, F. Khazykhenova, K. Yoshida, D. Kunikida, T. Sato, and H. Kato
    2014 The exploitation and adaptation in the Asian Arctic and Paleolithic in the Baikal Siberia. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nakata, H.
    2014 The Emergence of the Upper Palaeolithic in the Japanese Archipelago. RNMH 2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nishiaki, Y.
    2014 Recent progress in the archaeology of Palaeolithic caves in Japan. The 32nd National Geoscience Congress and the 1st International Speleology Congress, 2014.2.16-19. Geological Survey in Iran, Tehran and Hamedan.
  • Nishiaki, Y.
    2014 The RNMH project: A summary. RNMH 2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nishiaki, Y. and T. Akazawa
    2014 The Middle Palaeolithic of the Palmyra Basin, Syria -Intra-site spatial patterning at Douara Cave. The XVII UISPP World Congress. 2014.9.1-7. Burgos, Spain.
  • Nishiaki, Y., O. Aripdjanov and R. Suleimanov
    2014 The late Middle Palaeolithic occupations at Anghilak Cave, southern Uzbekistan. The 7th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association Conference. 2014.11.12-16. Gongju, Korea.
  • Nishiaki, Y., O. Aripdjanov, R. Suleymanov, H. Nakata, S. Arai, T. Miki, and J. Ismailova
    2014 New insight into the end of the Middle Palaeolithic in Central Asia. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjou, and T. Akazawa
    2014 The Neanderthal occupations at Dederiyeh Cave, Syria. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2014 The "Natufian" in northern Levant: The Late Epipalaeolithic of Dederiyeh Cave, Afrin Valley, northwest Syria. The XVII UISPP World Congress. 2014.9.1-7. Burgos, Spain.
  • Ono, A.
    2014 Two patterns of obsidian exploitation in the Upper Palaeolithic of the Japanese Islands. Mikulov Anthropology Meeting. 2014.8.27-29. Mikulov, Czech Republic.
  • Ono, A.
    2014 Natural resource environment and humans around obsidian exploitation in the Central Highland, Japan. The 7th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association Conference. 2014.11.12-16. Gongju, Korea.
  • Takakura, J.
    2014 The technological and behavioral transformation in the middle Upper Paleolithic in Hokkaido, Northern Japan: Interpreting the emergence of pressure microblade production and its significance. The XVII UISPP World Congress. 2014.9.1-7. Burgos, Spain.
  • Takakura, J.
    2014 Tanged points and the middle Upper Paleolithic assemblages in Hokkaido, Northern Japan. The 7th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association Conference. 2014.11.12-16. Gongju, Korea.
  • Takakura, J.
    2014 Identifying the pressure microblade production using the fracture wings: recent research from the Middle Upper Paleolithic Hokkaido, Northern Japan. International Workshop on Paleoecology and Human Behavioral Adaptation around the LGM in Eurasia. 2014.11.28. Tokyo.
  • Takakura, J.
    2014 Toward an understanding of learning strategy in the Upper Paleolithic: A case study in Hokkaido, Northern Japan. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • 小野 昭
    2014 「信州の黒曜石研究と世界の黒曜石」『信州の黒曜石研究のいま -明治大学・信州大学連携協定第1回講演会-』2014.12.7. 長野:諏訪市文化センター.
  • 門脇誠二
    2014 「新人拡散期の石器伝統の変化: アフリカ,西アジア,ヨーロッパ」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2014 「南コーカサスにおける新石器時代の打製石器技術:ハッジ・エラムハンル遺跡の事例」『日本西アジア考古学会第19回大会』2014.6.14-15. 神奈川:鎌倉女子大学.
  • 門脇誠二
    2014 「新人拡散期の西アジアとアフリカの石器文化」『石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相』2014.3.15. 愛知:名古屋大学.
  • 門脇誠二
    2014 「西アジアの旧石器時代」『西アジア考古学連続講義 -発掘現場からのメッセージ』2014.2.1. 京都:龍谷大学.
  • 近藤康久、佐野勝宏、阿部彩子、大森貴之、大石龍太、門脇誠二、W. Chen、長沼正樹、小口 高、米田 穣、西秋良宏
    2014 「生態ニッチ確率の逆数を負荷係数とする移動コスト分析によって大陸スケールでの人類拡散速度を推定する」『第68回日本人類学会大会:若手会員大会発表賞対象口演2(通常会員)』2014.11.1. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 髙倉 純
    2014 「後北B-C1期の遺跡形成と石器群」『北海道考古学会2013年度1月月例研究会』2014.1.25.北海道大学.
  • 髙倉 純
    2014 「北海道の石刃鏃石器群再考」『科学研究費助成事業『環日本海北回廊の考古学的研究』研究集会』2014.2.16. 東京大学.
  • 髙倉 純
    2014 「北海道中央部における続縄文時代の黒曜石利用」『第15回北アジア調査研究報告会』2014.3.2. 北海道:札幌学院大学.
  • 髙倉 純
    2014 「新大陸への新人拡散 -交替劇への示唆-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 仲田大人
    2014 「日本列島における後期旧石器時代」『石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相』2014.3.15. 愛知:名古屋大学.
  • 長沼正樹
    2014 「北海道考古学とアイヌ(1)」『北海道大学アイヌ・先住民研究センター無料公開連続セミナー「アイヌを学ぶ」(上級コース)』2014.10.7. 北海道大学アイヌ・先住民研究センター.
  • 長沼正樹
    2014 「新人拡散期の石器伝統の変化:ユーラシア東部」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2014 「中東ネアンデルタール社会の人口変化 -中期旧石器時代の文化進化をめぐって」『日本オリエント学会第56回大会』2014.10.25-26. 東京:上智大学.
  • 西秋良宏
    2014 「考古学資料からネアンデルタール人と新人サピエンスの交替劇を考える」『ネアンデルタール人の脳機能と学習行動を探る』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2014.9.28. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2014 「旧人と新人の学習能力を比較する上での考古学的論点」『2014年度人類学関連学会協議会合同シンポジウム』2014.5.17. 千葉:幕張メッセ.
  • 西秋良宏
    2014 「旧人と新人の文化的交替とインタラクション」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 西秋良宏、O. Aripdjanov、R. Suleymanov、仲田大人、三木健裕、新井才二
    2014 「ウズベキスタンのムステリアン遺跡,アンギラク洞窟の発掘」『日本西アジア考古学会第19回大会』2014.6.14-15. 神奈川:鎌倉女子大学.
  • 西秋良宏、O. Aripdjanov、R. Suleymanov、長沼正樹、仲田大人、三木健裕
    2014 「北ユーラシアの旧人・新人交替劇 -ウズベキスタン旧石器遺跡調査(2013年)」『古代オリエント世界を掘る -第21回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会. 2014.3.22-23. 東京:サンシャインシティ文化会館.
  • 日暮泰男
    2014 「槍先端部の質量による投擲された槍の運動の変化:2014年度の研究計画と予備的結果」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 日暮泰男、藤原英大、熊倉博雄
    2014 「投槍器のしくみ:身体から投射体への動力伝達」『第68回日本人類学会大会』2014.10.31-11.3. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 松本直子
    2014 「縄文から弥生への文化変化」『石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相』2014.3.15. 愛知:名古屋大学.
2013
  • Naganuma, M.
    2013 The emergence of modern behaviors in North, Central, and Eastern Asia: issues of the non-European archaeological record. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Nakata H.
    2013 The Aira caldera eruption and cultural evolution in the palaeolithic of central Japan. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Nishiaki, Y.
    2013 Introduction. Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2013 Neanderthals and their environments at Dederiyeh Cave, Syria. France-Japan Academic Forum: Interplay between Hominids and Environment over Geological Time, Muséum national d'Histoire naturelle. 2013.10.23-26 Paris, France.
  • Nishiaki, Y.
    2013 The Middle Palaeolithic of Iran as seen from the Levant. The International Conference on the Paleolithic of Iran. 2013.4.21. University of Tsukuba, Ibaraki.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2013 Variability in the core reduction and processing technology of the Levantine Mousterian industry at Dederiyeh Cave, Syria. The 5th Arheoinvest Symposium - 'Stories Written in Stone': International Symposium on Chert and Other Knappable Materials. 2013.8.20-24. Iasi University, Romania.
  • Higurashi, Y.
    2013 Reconstruction of hunting behavior with projectile weapons in Neanderthals and early modern humans based on differences in skeletal morphology: annual research plan 2013-14. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Jöris, O.
    2013 The Lower to Middle Paleolithic transition: from imitation to the origins of tradition. Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Jöris, O.
    2013 The origins of settlement and society: the Upper Paleolithic roots of modern human spatial behavior. Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Kadowaki, S.
    2013 Dispersals of early Homo sapiens into Europe: A view from the Levantine Upper Palaeolithic. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Kadowaki, S.
    2013 Approaching learning behaviors in the replacement of Neanderthals by modern humans: a view from African and Levantine archaeological records. Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Kadowaki, S.
    2013 Re-examination of archaeological records during the terminal Middle Palaeolithic and the early and the early Upper Palaeolithic in west Asia: A view of lithic technological variability. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Kadowaki, S. and K. Sano
    2013 Towards a clarification of the process of Homo sapiens dispersals into Europe. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Kato, H.
    2013 Mobile or settled: Cultural functional diversity of prehistoric pottery in Hokkaido Island. Circumpolar Ceramics: Hunter-Gatherer Pottery Technology and the 'Foraging Spectrum,' The 78th Annual meeting of Society of American Archaeology. 2013.4.6. Honolulu, USA.
  • Kato, H.
    2013 Ainu ethnohistory from the archaeological perspectives. Asian Archaeology, Art and Culture Seminar Series, School of Archaeology, 2013.2.20. University of Oxford, UK.
  • Kondo, Y., S. Kadowaki, K. Sano, M. Naganuma, K. Nagai, K. Shimogama, H. Kato, A. Ono, and Y. Nishiaki
    2013 Recent progress of the 'Replacement of Neanderthals by Modern Humans' lithic industry database. The 41st Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology: ACROSS SPACE AND TIME Conference, CAA 2013. March 25-28, 2013. The University Club of Western Australia, Perth.
  • Kondo, Y., S. Sano, M. Kadowaki, K. Naganuma, T. Omori M. Yoneda, and Y. Nishiaki
    2013 Eco-cultural niche modelling for the replacement of Neanderthals by modern humans based on a collaboration of the archaeology and palaeoenvironment teams. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12. 21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Omori, T. and K. Sano
    2013 Reconsidering radiometric chronology of the European Paleolithic industries. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Takakura, J.
    2013 Testing and skill learning: a case study of the Upper Paleolithic assemblages at the Shirataki sites in Hokkaido, Northern Japan. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Takakura, J.
    2013 Metalearning process: An archaeological perspective. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Tanno, K., G. Willcox, Y. Nishiaki, and T. Akazawa
    2013 Preliminary results of analyses of charred plant remains from Late Natufian site of Dederiyeh, northwest Syria. The 16th Conference of the International Work Group for Palaeoethnobotany. 2013.6.17-21. Thessaloniki, Greece.
  • Sano, K., S. Kadowaki, M. Naganuma, Y. Kondo, K. Nagai, K. Shimogama, K. Nagai, H. Nakata, T. Omori, M. Yoneda, H. Kato, A. Ono, O. Jöris, and Y. Nishiaki
    2013 Dispersal processes of modern humans from Africa into western and eastern Eurasia: Preliminary results of RNHM project. The 3rd Annual Meeting of European Society for the Study of Human Evolution. 2013.9.19-21. Vienna, Austria.
  • Sano, K.
    2013 Problems and prospects the studies on RNMH in Europe. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Sano, K.
    2013 Dispersal of modern humans and demise of Neanderthals: a view from spatiotemporal patterns of the European transitional industries. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Sano, K., S. Kadowaki, M. Naganuma, Y. Kondo, K. Shimogama, K. Nagai, H. Nakata, T.Omori, M. Yoneda, H. Kato, A. Ono, O. Jöris, and Y. Nishiaki
    2013 Modern Human Dispersal into Eurasia: Preliminary Results of the Multi-Disciplinary Project on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans. Abstracts of 3rd Annual Meeting of European Society for the study of Human Evolution (ESHE). 19-21 September, Vienna, Austria.
  • 大森貴之、佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパ後期旧石器インダストリーにおける理化学年代の再整理」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013. 5.11-13. 東京大学.
  • 小野 昭
    2013 「組み合わせ狩猟具が出現するまで:シェーニンゲンの木製槍とその対象獣」『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会. 2013.2.9-10. 宮城:東北大学.
  • 小野 昭
    2013 「石器の接合」『日本列島における細石刃石器群の起源』2013.9.14-15. 長野:浅間文明ミュージアム.
  • 加藤博文
    2013 「考古学的資料から見た北極圏への人類集団の進出」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2013「北ユーラシアにおける現代人的行動の時空分布とその特徴」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「西アジアの旧石器時代」『西アジア考古学連続講義 -発掘現場からのメッセージ』2013.11.9. 東京:早稲田大学.
  • 門脇誠二
    2013 「西アジアからヨーロッパへの現生人類拡散と移行期文化」『第67回日本人類学会大会』2013.11.2. 茨城:国立科学博物館.
  • 門脇誠二
    2013 「初期ホモ・サピエンスの文化進化:アフリカ、西アジア、ヨーロッパの旧石器文化編年からの展望」『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学から見た学習』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01公開シンポジウム. 2013.7.6-7. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「南コーカサスにおける新石器化:ハッジ・エラムハンル遺跡からの展望」『日本西アジア考古学会第18回大会』2013.6.1-2. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「シリア内陸部における上部旧石器時代前半の石器文化変遷」『日本西アジア考古学会第18回大会』2013.6.1-2. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「黒曜石を知るヒト、知らないヒト」『人間と黒曜石―ナイフになったマグマ』蒲郡市生命の海科学館市民講演会. 2013.1.14. 愛知: 蒲郡市生命の海科学館.
  • 門脇誠二
    2013 「アフリカにおける初期ホモ・サピエンスの文化多様性と「交替劇」への新たな展望」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「グローバルでより正確な「新人・旧人交替劇」の理解に向けて:アフリカ、西アジア、ヨーロッパ、の考古記録の統合」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「レヴァントの旧石器文化からさぐるヨーロッパへの新人拡散」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013. 5.11-13. 東京大学.
  • 門脇誠二、赤司千恵、西秋良宏
    2013 「新石器時代農耕民による穀物貯蔵の地考古学的研究:ギョイテペ遺跡の事例(南コーカサス)」『日本オリエント学会第55回大会』2013.10.26-27. 京都外国語大学.
  • 門脇誠二、佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパにおける交替劇の解明に向けて」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. シンポジウム2. 2013. 5.11-13. 東京大学.
  • 近藤康久
    2013 「交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースの改良」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 近藤康久、丸川雄三、小口 高、赤澤 威
    2013 「RNMH-iii: 交替劇プロジェクトにおける研究情報統合事業」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 近藤康久、佐野勝宏、門脇誠二、長沼正樹、大森貴之、米田 穣、西秋良宏
    2013 「A01班とB02班の共同研究による「交替劇」進行期の生態文化のニッチモデリング」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 佐野勝宏
    2013 「旧人・新人の移動パタン」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 佐野勝宏
    2013 「複合的狩猟技術が出現するまで:新人のイノベーション」『旧人と新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会. 2013.2.9-10. 宮城:東北大学.
  • 佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパにおける旧人インダストリーの時空間変遷」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパにおける交替劇研究の課題と展望」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013. 5.11-13. 東京大学.
  • 高倉 純
    2013 「北海道白滝遺跡群の石器接合資料における技量差の判定と学習行動」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 高倉 純
    2013「北海道における押圧細石刃剥離技術の出現」『日本列島における細石刃石器群の起源』2013. 9.14-15. 長野:浅間文明ミュージアム.
  • 高倉 純
    2013 「考古資料科から見たメタ学習」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 仲田大人
    2013 「日本列島における現代人的行動とその背景」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 仲田大人
    2013 「細石刃石器群と文化伝達」『日本列島における細石刃石器群の起源』2013.9.14-15. 長野:浅間文明ミュージアム.
  • 仲田大人
    2013 「姶良火山の噴火と文化進化:日本列島中央部の例」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 長沼正樹
    2013 「北ユーラシアにおける現代人の拡散と細石刃の出現」研究会『東亜旧石器時代人類文化的交流』 2013.2.28. 香港:香港中文大学中国文化研究所.
  • 西秋良宏
    2013 「考古学資料にもとづく旧人・新人学習行動の実証的研究(2013年度)」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 西秋良宏
    2013 「ネアンデルタール人の石器文化」『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学から見た学習』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01公開シンポジウム. 2013.7.6-7. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「ナトゥーフィアンから新石器時代へ」『交替劇フォーラム』科学研究費補助金「新学術領域研究」2013.6.23. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「西アジア北縁の新石器化 -趣旨説明」『日本西アジア考古学会第18回大会』2013.6.1-2. 東京大学.
  • 西秋良宏、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2013 「レヴァント地方中期旧石器時代石器群の技術的変異に関する考察」『日本旧石器学会第11回大会』2013.6.15-16. 神奈川:東海大学.
  • 西秋良宏、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2013 「シリア、デデリエ洞窟出土の中期旧石器時代初頭石器群」『日本西アジア考古学会第18回大会』2013.6.1-2. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「ネアンデルタール人石器群の技術的型式的変異」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013. 5.11-13. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「はじめに」『交替劇データベースの現状と課題』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01研究会. 2013.5.10. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「交替劇への認知考古学的アプローチ」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「パプアニューギニア狩猟採集民にみる弓矢製作の学習スケジュール」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「考古学資料にもとづく旧人・新人学習行動の実証的研究(2012年度)」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 日暮泰男
    2013 「投槍器を用いた槍投げにおける上肢の動き-生体力学的知見から過去の人類における投槍器の習得について考える-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 日暮泰男
    2013 「旧人・新人の投擲運動:生体力学的検討」『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会. 2013.2.9-10. 宮城:東北大学.
  • 日暮泰男
    2013 「ネアンデルタールとサピエンスの骨格の形態差から探る飛び道具使用行動の差異:2013年度の研究計画」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 日暮泰男
    2013 「投槍器を用いた槍投げにおける投射角と運動エネルギーの伝達」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 松本直子
    2013 「交替劇研究への認知考古学の貢献と論点」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 松本直子
    2013 「「芸術」はどのような状況で生まれるのか -考古学的検証-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
2012
  • Hayashi, K., R. Ishii, Y. Nakamura, H. Terashima, and Y. Nishiaki
    2012 Technical Transmission of Hunting Tool Manufacture: A Case of Spear Hunting Among Modern Hunter-Gatherers in Southeast Cameroon. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Higurachi, Y.
    2012 Aimed Spear-Throwing in Modern Humans : A Preliminary Study of Upper Limb kinematics. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kadowaki, S. and K. Sano
    2012 From the Beginning: Tracing the Patterns of Cultural Changes of Early Homo Sapiens in Africa, West Asia, and Europe. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kadowaki, S. and Nishiaki, Y.
    2012 Does speed matter? Reexamining patterns of cultural changes in the Middle and Upper Palaeolithic of the Levant. Colloque UISPP, Modes de contacts et de déplacements au Paléolithique eurasiatique, 2012.5.29-31. Université de Liège, Belgium.
  • Kato, H.
    2012 Хирофуми "Социокультурные последствия Фукусимской катастрофы." Российско-Японский семинар «Фукусима: социокультурные последствия катастрофы», МИОН, ИГУ, 2012.12.15. Irkutsk, Russia.
  • Kato, H.
    2012 Ainu culture around sea and forest: Its origin and diversity. Seminar on Sami and Ainu, Sami & Ainu Culture Festival, 2012.10.1. University of Tromso, Norway.
  • Kato, H.
    2012 Indigenous archaeology of the Ainu. The 17th JSPS "Science in Japan Forum": Routes of Indigenous Research, 2012.6.12. Cosmos Club, Washington DC, USA.
  • Kato, H. and M. Naganuma
    2012 Thinking the Beginning of Early Upper Paleolithic in Siberia and Central Asia. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kondo, Y.
    2012 Neander DB 2.0 : Improvement of the "Replacement of Neanderthals by Modern Humans" Lithic Industry Database. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kondo, Y.
    2012 Potential of geographical information sciences in prehistory: case studies from Paleolithic archaeology. Paper Presented at the 1st international conference of Asian Network of Historical GIS, 2012.12.1-2. Tokyo.
  • Kondo, Y. and T. Oguchi
    2012 Ecological niche modelling for archaeological prediction: Case studies from the Pleistocene Levant and Holocene East Japan. Paper presented at the 40th annual conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, 2012.3.26-30.
  • Southampton, UK.
  • Kondo, Y., T. Oguchi, T. Omori, W. Song, and M.Yoneda
    2012 Spatially bridging paleobotany and paleoanthropology: GIS-based data integration for the project "Replacement of Neanderthals by Modern Humans." Poster presented at IPC VIII /IOPC IX, 2012.8.23-30, Tokyo.
  • Naganuma, M.
    2012 The Osipovka Culture: One of the Earliest Emergence of Pottery in the North Eastern Asia -Russian Lower Amur Region-. 『蘭州大学西部環境与気候変化研究院先端学術報告2012-02期』2012.3.1. 蘭州大学祁連堂, China. (招待講演).
  • Nakata, H.
    2012 The Initial and Early Upper Paleolithic of the Japanese Archipelago. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2012 PPN-PN lithic changes in the Fars, Southwest Iran. The Seventh International Conference on the PPN Chipped Lithic Industries of the Near East, 2012.2.14-17. Barcelona: Autonoma University.
  • Nishiaki, Y.
    2012 "Gift" as a Means of Cultural Transmission : An Archaeological Implication of Bow and Arrow Technology in Papua New Guinea. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2012 The archaeological Database for the RNMH Project. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2012 Early-Middle Bronze Age steppe exploitation as seen from an archaeological survey of the Middle Euphrates, Syria. The Eighth International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East, 2012.4.30-5.4. Warsaw University, Poland.
  • Nishiaki, Y.
    2012 Introduction to the Neolithic sites of Fars and their chronology. International Workshop: The Late Prehistory of Southwest Iran, 2012.12.11. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2012 The Neolithisation of the South Caucasus. Public Lecture, the Archaeological Society of Iran, 2012.1.3. Tehran University, Iran.
  • Oguchi, T., Y. Kondo, Y. Takaya, and M. Kawabata
    2012 WebGIS for mapping information from paleoenvironmental literature. Poster presented at the 32nd International Geographical Congress(IGC) 2012, 2012.8.26-30. Cologne, Germany.
  • Sano, K.
    2012 Projectile experimentation for identifying hunting methods with replicas of Upper Palaeolithic weaponry from Japan. International Conference on Use-Wear Analysis, 2012.10.10-12. Universidade do Algarve, Portugal.
  • Song, W., Y. Kondo, and T. Oguchi
    2012 PaleoGeo: A WebGIS for distributing information from paleoenvironmental literature. Poster presented at RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • akakura, J.
    2012 Upper Paleolithic in Hokkaido, Northern Japan: Recent Achievement. 『蘭州大学西部環境与気候変化研究院先端学術報告2012-02期』2012.3.1. 蘭州大学, China.
  • Takakura, J.
    2012 New Insights into the Skill Learning Processes in the lithic Production : An Analysis of the Refitted Material from the Kyushirataki 15 Site in Hokkaido, Northern Japan. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Takakura, J.
    2012 Lithic Refitted Materials and Identification of Technical Skill Level : Lessons from the Upper Paleolithic Assemblages of the Shirataki Sites in Hokkaido, Northern Japan. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.

  • 安倍雅史、M.H. Azizi Kharanaghi、西秋良宏 2012 「ザグロス南部ファールス地方ラハマタバード遺跡出土石器資料の研究」『日本オリエント学会第54回大会』2012.11.24-25. 神奈川:東海大学湘南キャンパス.
  • 加藤博文
    2012 「狩猟対象から儀礼対象へ」、『食と儀礼を巡る世界の旅:先住民文化からみたシベリアとアメリカ』日本文化人類学会公開シンポジウム. 2012.11.20. 宮城:東北大学.
  • 加藤博文
    2012 「パブリック考古学の課題と展望:研究は誰のためのものか」第66回日本人類学会大会. シンポジウム12. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 加藤博文
    2012 「環境適応行動はどのように推定できるのか:考古学からの視点」『新学術領域研究「交替劇」A01班・B01班合同シンポジウム』2012.8.29. 北海道大学遠友学舎.
  • 加藤博文
    2012 「シベリアに進出したデニソワ・ネアンデルタール人」『第2回交替劇プロジェクト公開講座』2012.6.30. 東京:キャンパス・イノベーションセンター東京国際会議室.
  • 加藤博文
    2012 「シベリアにおける旧石器編年と交替劇」『新学術領域研究「交替劇」公開シンポジウム ホモサピエンスと旧人 -旧石器考古学からみた交替劇』2012.6.16-17. 東京大学.
  • 加藤博文
    2012 「北海道の先史文化のダイナミズムと環境」『新学術領域研究 環太平洋の環境文明史シンポジウム 環太平洋の環境と文明を考える』2012.6.2. 北海道:札幌大学.
  • 加藤博文
    2012 「人類の起源と進化」『中小企業同友会第60回同友会大学』2012.5.22. 一般社団法人北海道中小企業家同友会.
  • 加藤博文
    2012 「シベリアにおける旧人・新人「移行期仮説」の検証」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 加藤博文
    2012 「シベリアにおける旧人・新人「移行期仮説」の検証」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二
    2012 「墓前儀礼としての石器づくり? ユーフラテス河中流域における青銅器時代墓地と石器散布の空間関係」『メソポタミア青銅器時代の葬制』日本西アジア考古学会2012年度ワークショップ. 2012.12.8. 東京:国士舘大学.
  • 門脇誠二
    2012 「石の観測知―岩石からみる石器文化」『Hands On 3:観測知にふれるハンズオン・ギャラリー(第4回)』2012.10.20. 愛知:名古屋大学博物館.
  • 門脇誠二
    2012 「レヴァント地方上部旧石器文化の多様性:ユーフラテス川中流域の新資料から」『日本オリエント学会第54回大会』2012.11.25. 神奈川:東海大学湘南キャンパス.
  • 門脇誠二
    2012 「石の観測知―岩石からみる石器文化」『Hands On 3:観測知にふれるハンズオン・ギャラリー(第1回)』2012.7.8. 東京大学総合研究博物館.
  • 門脇誠二
    2012 「アフリカの中・後期石器時代とレヴァントの中・後期旧石器時代の編年と現代人的行動の出現に関する予備的考察」『日本旧石器学会第10回大会』2012.6.23-24. 奈良文化財研究所.
  • 門脇誠二
    2012 「アフリカと西アジアの旧石器文化編年からみた現代人的行動の出現パターン」『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学から見た交替劇』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01公開シンポジウム. 2012.6.16-17. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2012 「進化からみるヒトのからだ」『達人とはなそう -ヒトとからだ』名古屋市生涯学習推進センター連携講座. 2012.5.26. 愛知:名古屋大学博物館.
  • 門脇誠二
    2012 「アフリカの中期石器時代における現代人的行動の時空分布」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二、久米正吾、下釜和也、西秋良宏
    2012 「ユーフラテス河中流域の先史時代—第5次調査(2011)」『古代オリエント世界を掘る―第19回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会. 2012.3.24-25. 東京:サンシャインシティ文化会館.
  • 門脇誠二
    2012 「乾燥地における先史居住民の通時的検討:ユーフラテス川中流域の考古学調査から」『ユーラシア乾燥地域の農耕民と牧畜民:考古学、民族学、文献史学の視点から』2012.3.3-4. 東京:国士舘大学.
  • 近藤康久
    2012 「旧石器データベースHacks!」『日本旧石器学会第10回大会』シンポジウム「遺跡・立地・分布論の新たな展開 -『日本の旧石器時代遺跡』データベースの到達点と展望-」2012.6.23-24. 奈良文化財研究所平城宮跡資料館. (基調講演)
  • 近藤康久、阿児雄之
    2012 「ソーシャルメディアでつながる・はじまる・ひろがる新しい学際研究:考古学GISの事例から」『日本地球惑星科学連合2012年大会』セッションMTT-38「ソーシャルメディアと地球惑星科学」2012.5.20-25. 千葉:幕張メッセ.
  • 近藤康久、大森貴之、亀井宏行、小口 高
    2012 「生態文化ニッチモデルの改良:ヨーロッパの旧石器遺跡を例に」『第66回日本人類学会大会』セッション2「旧人・新人の交替劇における古気候変動の影響:地球物理学・空間情報科学・年代学からのアプローチ」2012.11.2-4. 神奈川:慶応義塾大学日吉キャンパス.
  • 近藤康久、門脇誠二、西秋良宏
    2012 「進化しつづける「交替劇」遺跡データベース」『日本地球惑星科学連合2012年大会』セッションBPT-24「人類進化と気候変動」2012.5.20-25. 千葉:幕張メッセ.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける中期・後期旧石器時代インダストリーの編年的・地理的分布パターン」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける中期・後期旧石器時代遺跡の時空間分布」『日本旧石器学会第10回講演・研究発表シンポジウム』2012.6.23-24. 奈良文化財研究所.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける旧石器文化編年からみた現代人的行動の出現パターン」『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学から見た交替劇』2012.6.16-17. 東京大学.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける石器接合研究」『研究集会 石器接合資料研究の諸問題』2012.3.17. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2012 「石刃・細石刃剥離にかかわる接合資料分析」『研究集会 石器接合資料分析の諸問題』2012.3.17. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2012 「分節された剥離過程の単位と技量レヴェルの同定」『ネアンデルタールとホモ・サピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 高倉 純・金成太郎
    2012 「続縄文時代における石器石材の入手と選択」日本考古学協会弟78回総会・研究発表会、2012.5.27. 東京:立正大学.
  • 高倉 純・小杉 康
    2012 「北海道における旧石器遺跡の分布と立地」『第10回日本旧石器学会研究大会』2012.6.24. 奈良文化財研究所.
  • 高倉 純
    2012 「動作連鎖と技量習熟・伝達の民族誌考古学」科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A02班2012年度第1回研究会. 2012.7.1. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2012 「石器作りの学習と文化伝達 -細石刃石器群を例に-」科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」B01班2012年度第1回研究会. 2012.8.27. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2012 「黒曜石製石器における剥離技術研究」2012信州黒曜石フォーラム. 2012.12.2. 長野:諏訪市博物館.
  • 長井謙治
    2012 「韓国旧石器データベースへの取り組み:その方法と見通し」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 長沼正樹
    2012 「ロシア語圏の旧石器資料 -データベース入力の作業経過-」交替劇B01班2012年班会議. 2012.8.28. 北海道大学遠友学舎.
  • 長沼正樹
    2012 「学習行動の物質化を検討する -遠い過去を実証的に研究するために-」交替劇A02班2012年第1回班会議・研究会. 2012.7.1. 北海道大学.
  • 長沼正樹
    2012 「中央アジアにおける旧石器編年と旧人・新人交替劇」『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学からみた交替劇』2012.6.16-17. 東京大学.
  • 長沼正樹
    2012 「両面石器の接合を考える -事例からみた可能性と限界-」研究集会「石器接合資料研究の諸問題」2012.3.17. 北海道大学.
  • 新美倫子、乾 茂年、大谷茂之、門脇誠二
    2012 「北海道オホーツク海沿岸の縄文時代貝塚の年代」『日本考古学協会第78回総会』2012.5.26-27. 東京:立正大学.
  • 西秋良宏
    2012 「海外学術調査の魅力」『文京学院大学生涯学習センター 東大博物館に学ぶ第2弾』2012.12.3. 東京大学総合研究博物館.
  • 西秋良宏
    2012 「ネアンデルタール人の成長と石器製作技術の習得」第66回日本人類学会大会. シンポジウム15. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 西秋良宏
    2012 「中東ネアンデルタール人の文化進化」『日本西アジア考古学会第17回総会・大会』2012.6.9-10. 茨城:筑波大学.
  • 西秋良宏
    2012 「ネアンデルタールDBと旧石器インダストリーの時空分布再構築」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 西秋良宏
    2012 「文化からみた旧人・新人交替劇」『交替劇公開講座』2012.3.24. 東京:学術総合センター.
  • 西秋良宏
    2012 「ユーフラテス川中流域青銅器時代のステップ開発」『シンポジウム ユーラシア乾燥地域の農耕民と牧畜民:考古学、民族学、文献史学の視点から』2012.3.3-4. 東京:国士舘大学.
  • 西秋良宏、ファルハド・キリエフ、門脇誠二、下釜和也、小高敬寛、有松唯、赤司千恵
    2012 「南コーカサス地方の新石器時代―ギョイテペ遺跡の第4次発掘調査」『第19回西アジア発掘調査報告会』2012.3.24. 東京:池袋サンシャイン文化会館.
  • 日暮泰男
    2012 「投擲運動の学習プロセスの解明:2012年度の研究計画」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 日暮泰男、熊倉博雄
    2012 「投擲運動のキネマティクス」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
2011
  • Guliyev, F. and Y. Nishiaki
    2011 New Research at Goytepe, Azerbaijan. International Conference: New Research on the Neolithic in the Circumcaspian Regions, 2011.11.27-30. Georgian National Museum, Tbilisi, Georgia.
  • Kadowaki, S.
    2011 Lithic Technology in the Wadi Rabah Period: A Perspective from Wadi Ziqlab. International Symposium on Perspectives from the Periphery: Galilee in the Cultural Changes through Ages. 2011.5.28. Rikkyo University, Tokyo
  • Kato, H.
    2011 The potential for Archaeology in Hokkaido Island: New Approach of Baikal-Hokkaido Archaeology Project. Special Lecture in Oxford Center for Asian Archaeology, Art and Culture, 2011.11.29. Institute of Archaeology, University of Oxford, Oxford, UK.
  • Kato, H.
    2011 Dispersal of ancient human groups and replacement from Neanderthal to Modern Human in Siberia. 2011 Seoul National University and Hokkaido University Joint Symposium, 2011.11.19. Seoul National University, Seoul, Korea.
  • Kondo, O.
    2011 An application of fourier and wavelet transforms to two-dimensional images: quantification of human vertebral tuberculosis. 2nd International Symposium on Biological Shape Analysis, 2011.9.7-9. Okinawa, Japan.
  • Kondo, Y., A. Kaneda, Y. Fujimoto, Y. Seino, H. Yamaguchi, and T. Uozu
    2011 Cultural resource management in the disaster zone: a report on a voluntary initiative for the information-gathering of the earthquake-damaged cultural heritage in Japan. The 39th annual conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology. 2011.4.12-16. Beijing, China.
  • Kondo, Y., S. Kadowaki, H. Kato, M. Naganuma, A. Ono, K. Sano, and Y. Nishiaki
    2011 Network computing in archaeology: a case study from the "Replacement of Neanderthals by Modern Humans" lithic industry database project. The 39th annual conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology. 2011. 4.12-16. Beijing, China.
  • Kondo, Y., G. Matsumoto, Y. Seino, T. Ako, W. Fukui, M. Sugiura, T. Uozu, and H. Yamaguchi
    2011 A Union of dispersed knowledge and people: achievements of Archaeo-GIS Workshop 2007-2010. The 39th annual conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology. 2011.4.12-16. Beijing, China.
  • Nagai, K.
    2011 Similarities of Pressure Flaking Techniques during the Final Upper Paleolithic and Early Neolithic: Toward an Understanding of Cultural Relationships Between Jeju Island, South Korea and Southwestern Japan. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. 2011.11.27. National Museum of Nature and Science, Tokyo.
  • Nagai, K.
    2011 Flintknapping for Public Archaeology. The 3th International Workshop of Heritage Education and Site Preservation for Commemorating the 19th Chongokni Paleolithic Culture Festival. 2011. 5. 6-7. Institute of East Asian Archaeology. Prehistoric sites in Jeongok-ri, Yeoncheon County, Gyeonggi-do, Korea.
  • Nagai, K.
    2011 Traits in Stone Flaking Technology at Kanedori, Iwate, Japan. The 2nd International Symposium of Bifaces of the Lower and Middle Pleistocene of the World. 2011.4.30-5.5. Yeoncheon county, Gyeonggi-do, Korea.
  • Nishiaki, Y.
    2011 Discussion for Session 1: Neolithic Period and Early Bronze Age. International Symposium on Perspectives from the Periphery -Galilee in the Cultural Changes through Ages, 2011.5. 27-29. Rikkyo University, Tokyo.
  • Nishiaki, Y. and S. Kadowaki
    2011 Patterns of cultural change in the Middle and Upper Palaeolithic of the Levant. Workshop on the evolutionary theory of learning. 2011.11.28. Doshisha University, Kyoto, Japan.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjou, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2011 The Lower and Middle Paleolithic Assemblages of the Dederiyeh Cave, Syria. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. 2011.11.27. National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
  • Oguchi, T. and Y. Kondo.
    2011 GIS applications for an interdisciplinary project: Replacement of Neanderthals by Modern Humans. UGI 2011. 2011.11.14-18. Santiago, Chile.
  • Portillo, M., S. Kadowaki, Y. Nishiaki and R. M. Albert
    2011 Early Neolithic husbandry practices at Tell Seker al-Aheimar (Upper Khabur, Syria): an ethnoarchaeological study of phytoliths and dung spherulites. The 8th International Meeting on Phytolith Research, 2011.9.14-18. Colorado, USA.
  • Sano, K.
    2011 Functional Variability in Magdalenian of North-Western Europe, XVIII. INQUA (International Union for Quaternary Research) Congress, 2011.7.22-27, Bern, Switzerland.
  • Sano, K., Y. Denda, and M. Ohba
    2011 Experiments in fracture patterns and impact velocity with replica projectile points from Japan, Multidisciplinary Scientific Approaches to the Study of Stone-Age Weaponry, 2011.9.19-22, Mainz, Germany.
  • Sano, K., Y. Denda, M. Ohba, and I. Radu
    2011 Projectile Experiments in Fracture Patterns and Impact Velocity: Towards Understanding to Hunting Evolution, The 4th Meeting of the Asian Palaeolithic Association, 2011.11.26-12.01, National Museum of Nature and Science. Tokyo.
  • Sano, K., Y. Denda, M. Ohba and R. Iovita
    2011 Projectile experiments in fracture patterns and impact velocity: towards understanding to hunting evolution. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association, 2011.12.26. National Museum of Nature and Science. Tokyo.
  • Sato, T., F. Khenzkhenova, A. Simakova, N. Martynovich, H. Kato, K. Suzuki, K. Yoshida, E. Lipnona, and G. Medvedev
    2011 Interdiscipnary Research of the BolÕ shoj Narin Site, East Siberia. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association, 2011.11.26-12.1. National Museum of Nature and Science, Tokyo.
  • 阿児雄之、近藤康久
    2011 「芽生え始めたアカデミック・ソーシャルメディア:Archaeo-GIS WorkshopがおくるUSTREAM "友引Night!!"」『日本地球惑星科学連合2011年大会』2011.5.24. 千葉:幕張メッセ.
  • 大沼克彦
    2011 「ネアンデルタール人石器の製作実演」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 小口 高、近藤康久
    2011 「インターネットGISを用いた人類進化と気候変動に関する情報の発信」『日本地球惑星科学連合2011年大会』2011.5.26. 千葉:幕張メッセ.
  • 小口 高、近藤康久
    2011 「インターネットGISを用いた考古・古環境情報の発信」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 小口 高、近藤康久、早川裕弌
    2011 「地球惑星科学の社会への普及に対するツイッターの貢献事例」『日本地球惑星科学連合2011年大会』2011.5.24. 千葉:幕張メッセ.
  • 加藤博文
    2011 「人類の起源と進化」中小企業同友会経営者大学. 2011.10.19. 北海道:一般社団法人 北海道中小企業家同友会.
  • 加藤博文
    2011 「環境変動と北方狩猟民文化の形成」『第26回北方民族文化シンポジウム 環境変化と先住民の生業文化:陸域生態系における適応』2011.10.02. 北海道道立北方民族博物館.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「高緯度寒冷地への植民行動−その進化的・学習的意義−」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「北ユーラシアにおける石器製作伝統から見た交代劇の様相:現状と課題」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「北ユーラシアにおける中期・後期旧石器時代の時空間分布とその傾向」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二
    2011 「考古標本から暮らしの変化を探る」『Hands On 2:進化にふれるハンズオン・ギャラリー(第2回)』2011.12.17. 愛知:名古屋大学博物館.
  • 門脇誠二
    2011 「アフリカにおける初期ホモ・サピエンスの石器製作伝統:その時空分布の研究動向」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 門脇誠二
    2011 「ユーフラテス川中流域の先史遺跡:第五次踏査報告」『日本オリエント学会第53回大会』2011.11.20. 岡山:ノートルダム清心女子大学.
  • 門脇誠二
    2011「北レヴァント地方における終末期旧石器時代中葉の石器製作伝統」2011.11.20. 日本オリエント学会第53回大会. 岡山:ノートルダム清心女子大学.
  • 門脇誠二
    2011 「考古標本から暮らしの変化を探る」『Hands On 2:進化にふれるハンズオン・ギャラリー(第1回)』2011.7.18. 東京大学総合研究博物館.
  • • 門脇誠二、F. Guliyev、久米正吾、下釜和也、赤司知恵、西秋良宏 2011 「南コーカサス地方の新石器時代 -ギョイテペ遺跡の第3次発掘調査(2010年)」『日本西アジア考古学会第16回総会・大会』2011.6.4-5. 福岡:筑紫女学園大学.
  • 門脇誠二
    2011 「交替劇の舞台としてのザクロス地方とアラビア半島:石器製作伝統の視点から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二、近藤康久
    2011 「石器製作伝統の消長パターンからさぐる旧石器人の学習行動」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 門脇誠二、近藤康久
    2011 「レヴァント地方における中期・後期旧石器インダストリーの消長パターン」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 近藤 修、Y. Kanjou、石田 肇、石井理子、小口 高、西秋良宏、仲田大人、赤澤 威
    2011 「デデリエ洞窟出土の新幼児人骨資料」第65回日本人類学会大会. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 近藤康久
    2011 「人文フィールドGISの現在・未来:考古学の視点から」『地理情報システム学会第20回研究発表大会』2011.10.15-16. 鹿児島大学.
  • 近藤康久
    2011 「オマーン・バート遺跡群カスル・アル・スレメ地点の岩面陰刻について」『日本西アジア考古学会第16回大会』2011.6.5. 福岡:筑紫女学園大学.
  • 近藤康久
    2011 「考古学における生態文化ニッチモデリング」『日本地球惑星科学連合2011年大会』2011. 5. 26. 千葉:幕張メッセ.
  • 近藤康久、門脇誠二、西秋良宏
    2011 「『旧人・新人交替劇』関連遺跡・石器製作伝統データベースの構築」『日本西アジア考古学会第16回大会』2011.6.4-5. 福岡:筑紫女学園大学.
  • 近藤康久、門脇誠二、西秋良宏
    2011 「ネアンデルタールとサピエンス「交替劇」関連遺跡・石器製作伝統データベース」『日本西アジア考古学会第16回大会』2011.6.4-5. 福岡:筑紫女学園大学.
  • 近藤康久、小口 高
    2011 「生態学的予測モデルの考古学への応用に関する研究」『CSIS DAYS 2011』2011.11.10-11. 千葉:柏・東京大学空間情報科学研究センター.
  • 近藤康久、小口 高
    2011 「予測モデリングとWebGISによる考古・年代・古環境データの統合と解析」第65回日本人類学会大会. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 近藤康久、藤本 悠、清野陽一、山口欧志
    2011 「CEDACH GIS:ボランティアによる被災文化遺産の復興支援に向けた空間情報コンテンツ整備の取り組み」『地理情報システム学会第20回研究発表大会』2011.10.15-16. 鹿児島大学.
  • 近藤康久、藤本 悠、清野陽一、山口欧志
    2011 「被災文化遺産の復興支援に向けた空間情報整備の取り組み」『考古学研究会第57回研究集会』2011.8.27-28. 岡山大学.
  • 佐野勝宏
    2011 「考古学的証拠にみる旧人・新人の創造性」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 佐野勝宏
    2011 「ヨーロッパにおける中期-後期旧石器時代移行期の新局面」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 佐野勝宏、小野 昭
    2011 「ヨーロッパにおける旧人石器群と新人石器群の消長と拡散」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 佐野勝宏、鹿又喜隆、阿子島香、傳田惠隆、柳田俊雄
    2011 「山形県舟形町高倉山遺跡第2次発掘調査」『第25回東北日本の旧石器文化を語る会』2011.12.17-18. 青森:アピオ青森.
  • 椎野若菜、石森大知、大西健夫、梶丸 岳、小西公大、駒澤大佐、近藤康久、佐藤靖明、澤柿教伸、庄山紀久子、福井幸太郎、的場澄人、古澤拓郎
    2011 「フィールドワーカーの知と知をつなぐ Fieldnet の取り組みと地理情報システム」『地理情報システム学会第20回研究発表大会』2011.10.15-16. 鹿児島大学.
  • 下釜和也
    2011 「南コーカサス地域における中期・後期旧石器時代と旧人・新人の交替」『日本オリエント学会第53回大会』2011.11.20. 岡山:ノートルダム清心女子大学.
  • 高倉 純
    2011 「北海道の白滝遺跡群における旧石器接合資料の再検討:技量の習得過程復元の観点から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 高倉 純
    2011 「白滝遺跡群との比較:石狩低地帯」北海道旧石器文化研究会第29回研究会. 2011.11.19. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2011 「北海道・東北地方北部の5-6世紀における地域間関係」考古学研究会第57回研究集会. 2011.8.27-28. 岡山大学.
  • 高倉 純
    2011 「白滝遺跡群における石器接合資料分析の方向性」『北海道旧石器文化研究会第28回研究会』2011.6.11. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2011 「学習行動の復元と石器接合資料の分析:北海道の後期旧石器時代石器群の事例から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 高倉 純
    2011 「北東アジアの押圧細石刃剥離方法に関する先史人類学的意義」2011.11.6. 第65回日本人類学会大会. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 長井謙治
    2011 「新人の文化伝達に関する考古学的考察 -民族考古学の可能性-」『物質文化と精神文化(2011年度科研費合同研究会)』2011.11.18. 神戸: 神戸学院大学有瀬キャンパス.
  • 長井謙治
    2011「石鏃製作実験から見た学習」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 長井謙治
    2011 「石器製作実演」『第19回漣川全谷里旧石器祭り』2011.5.4-5.8. 韓国.
  • 長井謙治
    2011 「鈴木報告へのコメント」『ナイフ形石器・ナイフ形石器文化とは何か -概念と実態を問い直す-』石器文化研究会・設立25周年記念シンポジウム実行委員会. 2011.1.22. 東京:明治大学
  • 長沼正樹
    2011 「いわゆるナイフ形石器文化「後半」を考える -技術構造と両面石器リダクションに着目して-」『ナイフ形石器・ナイフ形石器文化とは何か -概念と実態を問い直す-』石器文化研究会シンポジウム. 2011.1.22. 東京:明治大学. (紙上報告)
  • 西秋良宏
    2011 「歴史を学ぶ意味 -中東考古学の現場から」『東大授業in彦根』2011.12.17. 彦根市市民会館.
  • 西秋良宏
    2011 「ヒトと弓矢の生活史」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 西秋良宏
    2011 「旧人・新人の創造性について考える」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 西秋良宏
    2011 「中東ネアンデルタール人の居住空間」『日本オリエント学会第53回大会』2011.11.19-20. 岡山:ノートルダム清心女子大学.
  • 西秋良宏
    2011 「ルヴァロワ技術と旧人の学習行動」第65回日本人類学会大会.シンポジウム6. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 西秋良宏
    2011 「遺跡分布調査から見たユーフラテス河中流域青銅器時代の社会」『日本西アジア考古学会第16回総会・大会』2011.6.4-5. 福岡:筑紫女学園大学.
  • 西秋良宏
    2011 「趣旨説明 -旧人・新人交替劇と学習」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 西秋良宏
    2011 「ネアンデルタール人遺跡にみる空間構造」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 西秋良宏
    2011 「日本の西アジア考古学の歴史と文化財」『アジア文化遺産国際会議:西アジアの文化遺産 -その保護と現状』2011.3.4-6. 東京:東京国立文化財研究所. (基調講演)
  • 西秋良宏、長井謙治
    2011 「複製実験からみたルヴァロワ剥片制作の習熟」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 神戸:神戸学院大学.
  • 橋詰 潤、内田和典、I. Shevkomud、長沼正樹、M. Gorshkov、S. Kositsena、E. Bochkaryova、小野 昭
    2011 「ロシア極東アムール川下流域における初期新石器時代の研究 -オシノヴァヤレーチカ12遺跡の調査から-」日本考古学協会第77回総会研究発表. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 日暮泰男
    2011 「投擲運動の学習プロセスの解明:予備的分析の報告」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 日暮泰男
    2011 「投擲運動の学習プロセスの解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 松本直子
    2011 「認知考古学からみた旧人・新人の創造性」シンポジウム3「旧人・新人の創造性を考える」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 三浦直樹、長井謙治、星野孝総
    2011 「三次元動作計測を用いた熟練者の石器制作工程の身体動作解析」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 村田弘之、柳田俊雄、阿子島香、鹿又喜隆、佐野勝宏
    2011 「山形県真室川町第3次発掘調査」『第24回東北日本の旧石器文化を語る会』2010.12.18-19. 秋田市中央公民館.
2010
  • Gourichon, L., Y. Nishiaki, and S. Kume
    2010 Curious animal teethed gypsum-made objects found at Tell Seker al Aheimar (Pottery Neolithic, North-eastern Syria). The 11th International Conference of Archaeozoology, Museum National d'Histoire Naturelle. 2010. 8.23-28. Paris, France.
  • Kadowaki, S. and Y. Nishiaki
    2010 Consumption and discard of obsidian chipped-stones at Neolithic settlements of Seker al-Aheimar, northeastern Syria. 7th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East. 2010.4.12-16. University College London and The British Museum, London, UK.
  • Nagai, K.
    2010 Pressure flaking technology. The 2nd International Workshop of Heritage Education and Site Preservation for Commemorating the 18th Chongokni Paleolithic Culture Festival. 2010.10. Institute of Esat Asian Archaeology, Prehistoric sites in Jeongok-ri, Yeoncheon County, Gyeonggi-do, Korea.
  • Nagai, K.
    2010 Obtuse-angled flaking in the Early and Middle Palaeolithic in Japan, The 3rd Asian Paleolithic Association International Symposium. 2010.10. Gongju, Korea.
  • Nishiaki, Y.
    2010 The 7th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East. 2010. 4. 12-16. London University, UK.
  • 赤澤 威、西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、丹野研一、L. Gourichon、Y. Kanjou、S. Muhesen
    2010 「旧人ネアンデルタールと新人クロマニョンの交替劇を探る -シリア・デデリエ洞窟の2009年度調査」『第17回西アジア発掘調査報告会』2010.3.27. 東京:池袋サンシャインシティ.
  • 小口 高、近藤康久、早川裕弌
    2010 「東京地形ブームの功罪」日本地形学連合2010年秋季大会. 2010.11. 東京:立正大学.
  • 加藤博文
    2010「北ユーラシアにおける石刃石器群の出現」『国際シンポジウム:後期旧石器時代のシベリアと日本:最終氷期における人類の適応行動』2010.11.27-28. 東京:慶應義塾大学.
  • 加藤博文
    2010 「高緯度寒冷地域への植民行動:その進化的・学習的意義」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二
    2010 「南レヴァント地方、後期新石器時代の石器インダストリーと石刃製作:アル=バサティン遺跡の接合資料から」『日本オリエント学会第52回大会』2010.11.7. 東京:国士舘大学
  • 門脇誠二、近藤康久
    2010 「旧人・新人に関わる石器製作伝統のデータベース化:その目的と方法」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター
  • 近藤康久
    2010 「オマーン青銅器時代の墳墓群の空間構造に関する一考察」2010.6. 日本西アジア考古学会第15回大会. 東京:国士舘大学
  • 近藤康久
    2010 「オマーン・バート青銅器時代遺跡群における地上写真測量調査」近江貝塚研究会第201回例会. 2010.7. 滋賀県埋蔵文化財センター.
  • 近藤康久
    2010 「GISと高精度センシング技術の活用によるオマーン青銅器時代遺跡群の空間構造の研究」『CSIS DAYS 2010』2010.11. 千葉:東京大学柏キャンパス.
  • 近藤康久
    2010 「2010年代の考古データベースはどう展開するか?」『第16回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」』人文系データベース協議会. 2010.11.27. 京都:花園大学.
  • 近藤康久、門脇誠二、西秋良宏
    2010 「考古学におけるネットワーク・コンピューティング:「旧人・新人交替劇」遺跡データベースの取り組み」『日本情報処理学会・人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2010」』2010.12.11-12. 東京工業大学.
  • 佐野勝宏、鹿又喜隆、村田弘之、阿子島香、柳田俊雄
    2010 「山形県舟形町高倉山遺跡第1次発掘調査」『第24回東北日本の旧石器文化を語る会』2010.12.18-19. 秋田市中央公民館.
  • 長井謙治
    2010 「石器製作実演」『第18回漣川全谷里旧石器祭り』2010.10.29-11.2. 韓国.
  • 長沼正樹
    2010 「いわゆるナイフ形石器文化「後半」を考える」石器文化研究会第246回例会. 2010.7.24. 東京:明治大学.
  • 西秋良宏
    2010 「旧石器人の学習に関わる考古学的証拠」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 西秋良宏
    2010 「考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』第64回日本人類学会大会シンポジウム. 2010.10.2. 北海道:だて歴史の杜カルチャーセンター.
  • 西秋良宏、門脇誠二、下釜和也
    2010 「ユーフラテス河中流域の先史時代 -第四次踏査報告」『日本オリエント学会第52回大会』2010.11.6-7. 東京:国士舘大学.
  • 西秋良宏、仲田大人、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2010 「西アジア前期旧石器時代の剥片石器群 -シリア、デデリエ洞窟のヤブルディアン資料にふれて」『日本旧石器学会第8回講演・研究発表・シンポジウム』2010.6.26-27. 東京:明治大学考古学博物館.
  • 村田弘之、柳田俊雄、阿子島香、鹿又喜隆、佐野勝宏
    2010 「山形県真室川町第3次発掘調査」『第24回東北日本の旧石器文化を語る会』2010.12.18-19. 秋田市中央公民館.
  • 山崎真治、藤田祐樹、大城逸朗、西秋良宏
    2010 「沖縄県南城市武芸洞遺跡における2009-2010年度の発掘調査」『日本人類学会第63回大会』2010.10.1-3. 北海道:伊達市噴火湾研究所.
2009
  • Kadowaki, S. and Y. Nishiaki
    2009 The organization of obsidian blade-tool production at Tell Seker al-Aheimar. International Symposium on Interpreting the Late Neolithic of Upper Mesopotamia. 2009.3.26-28. Leiden, Netherlands.
  • Nishiaki, Y.
    2009 Archaeological Surveys of Bronze Age and Earlier Settlements around Tell Ghanem al-Ali. International Symposium on Formation of Tribal Communities: Integrated Research in the Middle Euphrates, Syria. 2009.11.21-23. The Sunshine City, Tokyo. (招待講演)
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2009 The Natufian cultural remains at Dederiyeh Cave, Northwest Syria. International Symposium on The Natufian Culture in the Levant. 2009.9.7-11. Institut National de' Histoire de l'Art, Paris, France. (招待講演)
  • Tanno, K., G. Wilcox, M. Ishii, I. Fukumoto, H. Nakata, M. Yoneda, Y. Nishiaki, Y.Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2009 Abundant plant remains from a Natufian burnt building at Dederiyeh Cave, Northwest Syria. International Symposium on The Natufian Culture in the Levant II. 2009.9.7-11. Institut National de' Histoire de l'Art, Paris, France. (招待講演)
  • 西秋良宏
    2009 「縄文時代が始まった頃の西アジア」『考古学入門講座』2009.6.20. 青森:八戸市立縄文学習館.
  • 西秋良宏
    2009 「ネアンデルタール人の生存戦略:新人との違いを探る」『沖縄にネアンデルタール人は来たか』科学研究費補助金基盤研究(S)公開シンポジウム. 2009.4.11. 沖縄県立博物館.
  • 西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2009 「西アジア旧石器時代末期の住居 シリア、デデリエ洞窟のナトゥーフィアン建築を中心に」『日本旧石器学会第7回講演・研究発表・シンポジウム』2009.6.27-28. 鹿児島県立埋蔵文化財センター.
  • 西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、丹野研一、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2009 「現生人類の起源を探る -シリア・デデリエ洞窟の2008年調査」『第16回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会. 2009.3.14-15. 東京:池袋サンシャインシティ文化会館.
2008
  • Akazawa, T., Y. Nishiaki, Y. Kanjo, and S. Muhesen
    2008 New Discoveries of the Lower-Middle Paleolithic Sequence at the Dederiyeh Cave, Northern Syria. International symposium on The Lower and Middle Palaeolithic in the Middle East and Neighbouring Regions. 2008.5.8-10. Basel University, Switzerland. (招待講演)
  • Nishiaki, Y., S. Muhesen, and T. Akazawa
    2008 The Late Epi-Palaeolithic assemblages from Dederiyeh cave, Northwest Syria. The International Workshops on The PPN Chipped Lithic Industries of the Near East. 2008.3.3-5. Manchester University, UK. (招待講演)
  • 西秋良宏
    2008 「西アジアにおける旧人・新人交替劇」『西アジア死海地溝帯におけるネアンデルタールと現生人類交替劇の総合的解明』科学研究費補助金基盤研究(S)シンポジウム. 2008.10.4. 東京:学士会館分館.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、丹野研一、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2008 「現生人類の起源を探る -シリア、デデリエ洞窟の2003-2007年度調査」『第15回西アジア発掘調査報告会』西アジア考古学会. 2008.3.15-16. 東京:池袋サンシャインシティ.
2007
  • 西秋良宏
    2007 「縄文時代開始期と同じ頃の西アジア-旧石器時代から新石器時代への移行」『第58回歴博フォーラム:縄文時代の始まり』2007.1.20. 千葉:国立歴史民俗博物館.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、S. Muhesen、赤澤 威
    2007 「シリア、デデリエ洞窟にみられる後期ムステリアン石器群の年代的変化」『日本人類学会第61回大会』2007.10.6-8. 新潟:日本歯科大学新潟校.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、S. Muhesen、赤澤 威
    2007 「シリア、デデリエ洞窟のムステリアン石器群」『日本旧石器学会第5回大会』2007.
  • 6.23-24.東京大学文学部.
2006
  • Nishiaki, Y.
    2006 The Jazireh Neolithic: New perspectives from Tell Seker al-Aheimar, the Upper Khabur. The Prehistoric Seminar. 2006.4.11. Damascus University, Syria.(招待講演)
  • Nishiaki, Y., S. Muhesen, and T. Akazawa
    2006 The Natufian occupations at the Dederiyeh cave, Afrin, Northwest Syria. The Fifth International Congress on The Archaeology of the Ancient Near East. 2006.4.3-7. Madrid, Spain.
  • 赤澤 威、定藤規弘、青木健一、近藤 修、西秋良宏、小林 靖、米田 穣、仲田大人、斎藤成也、石田 肇
    2006 『化石脳プロジェクト』科学研究費補助金基盤研究(S)第3回全体会議. 2006. 3.16. 愛知:生理学研究所.
  • 赤澤 威、鈴木宏正、藤森智行、金井 崇、近藤 修、西秋良宏、S. Debruyne, 青木健一、定藤規弘、豊田浩士
    2006 『化石脳・脳と知の共進化』科学研究費補助金基盤研究(S)第4回全体会議. 2006.5.19. 東京大学山上会館.
  • 西秋良宏
    2006 「シリア、デデリエ洞窟の考古学的証拠と化石脳研究への寄与」『第3回化石脳・脳と知の共進化シンポジウム』2006.5.19. 東京大学山上会館.
  • 西秋良宏
    2006 「アムッドとカフゼ:考古学的比較」『第1回化石脳プロジェクト研究会』2006.3.16. 愛知:自然科学研究機構生理学研究所.
  • 米田 穣、仲田大人、青木美千子、近藤 修、西秋良宏、赤澤 威
    2006 「シリア共和国デデリエ洞窟における年代推定:ナトウーフ文化遺構の放射性炭素年代」『第60回日本人類学会大会ポスター発表』2006.11.3-5. 高知工科大学.
2004
  • 赤澤 威、石田 肇、西秋良宏、近藤 修
    2004 『化石人類研究の最前線:工学知の先史人類学への適応』公開シンポジウム. 2004.7.3. 高知工科大学・総合研究所.
  • 西秋良宏
    2004 「ネアンデルタール人の一日を視る -遺跡の証拠」『アイデンティティに悩むネアンデルタール』文部科学省第18回「大学と科学」公開シンポジウム. 2004.1.24-25. 東京国際交流館.


A02

2015
  • Kubota, S.
    2015 Innovation of paintings and its transmission -Case studies from aboriginal art in Australia. The 10th Conference on the RNMH Project. 2013. 3.7-8. Kochi Kaikan, Kochi.
  • 今村 薫
    2015 「狩猟採集民はいかに自然を学んできたか」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 亀井伸孝
    2015 「学習、遊び、教育に関する理論的、民族誌的研究」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 小山 正
    2015 「狩猟採集生活のなかで育つ子供の象徴機能の発達 -Bakaの子どもの調査から-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 園田浩司
    2015 「子どもの狩猟参加を構造化する周囲の協力:カメルーン狩猟採集民バカ・ピグミーの事例」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 高田 明
    2015 「社会的状況における教育と学習:セントラル・カラハリ・サンの事例から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 寺嶋秀明
    2015 「イノベーションはどのように生まれるか」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 萩野 泉、山内太郎
    2015 「狩猟採集民Bakaの子どもにおける食物獲得への参与と成果 -16日間の狩猟キャンプにおける観察から-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 山内太郎
    2015 「ネアンデルタールのライフステージと栄養生態:現代の狩猟採集民のフィールド調査とネアンデルタールのエネルギー適応戦略仮説」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 山内太郎
    2015 「ネアンデルタール人の成長・発達と栄養生態」『ネアンデルタール人の脳機能と学習行動を探る』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2015.2.7. 東京大学.
  • 山上榮子
    2015 「アートを遊ぶ子供たち -バカ・ピグミーと現代社会の子どもの描画とコラージュから」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
2014
  • Hagino, I. and T. Yamauchi
    2014 Fertility and population dynamics of Baka hunter-gatherers in southeast Cameroon. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Hewlett, B.
    2014 Innovation, processes of social learning and modes of cultural transmission amongst the Chabu adolescent forager-farmers of Ethiopia. Cameroon. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Hewlett, B.S.
    2014 Cognition and cultural niche construction among Neanderthals and Modern Humans. Cameroon. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Imamura, K. and H. Akiyama
    2014 Learning process on the skills of reading nature. Cameroon. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kamei, N.
    2014 Theoretical and ethnographic studies on play and learning behaviors: The case of hunter-gatherer children in the forest. Cameroon. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Koyama, T.
    2014 Cognitive development of Baka Pygmy children growing up in modern hunter-gatherer society. Cameroon. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kubota, S.
    2014 Indigenous recognition and the social changes in Australia. IUAES 2014 with JASCA. May 15-18. 2014. Makuhari Messe, Chiba, Japan.
  • Terashima, H.
    2015 The beginning of symbolic art and the learning cycle in nature. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Yamagami, E.
    2014 Mediated action through art works among children: Similarities and differences between traditional and modern society. Cameroon. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Yamauhi, T.
    2014 Evolution of learning capacity and acquired behaviors of Modern Humans from the perspective of life history and brain development. Cameroon. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • 安藤寿康
    2014 「ネアンデルタール人の心理学的学習モデル」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』
  • 今村 薫
    2014 「模倣による自然の読み取り」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 大村敬一
    2014 「文化人類学からネアンデルタール人と新人サピエンスの交替劇を考える」『ネアンデルタール人の脳機能と学習行動を探る』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2014.9.28. 東京大学.
  • 大村敬一
    2014 「メタ学習のメカニズム:カナダ・イヌイトの子どものからかいを通した学習」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 亀井伸孝
    2014 「拡張された手としての道具」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 窪田幸子
    2014 「交替劇における芸術の役割」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 小山 正
    2014 「狩猟採集生活の中で育つバカ・ピグミーの子どもたちの学習能力とその発達速度」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 高田 明
    2014 「2014年度研究計画:カラハリ砂漠における社会学習と環境」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 寺嶋秀明
    2014 「狩猟採集民における社会性の拡張と創造的社会学習の基盤」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 寺嶋秀明
    2014 「人類社会における教育の進化」日本人類学会第48回研究大会. 人類学関連学会協議会2014年度合同シンポジウム『ヒトがヒトであるゆえん -学習能力の進化をめぐって』2014.5.17. 千葉:幕張メッセ国際会議場.
  • 山内太郎
    2014 「ネアンデルタールのライフステージと栄養生態:サピエンスとの学習能力差の基盤の解明:2014年度研究計画」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 山上榮子
    2014 「共同行為における学習 -アートワークをめぐる子どもたちの関係性から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
2013
  • Ando, J.
    2013 why did the Neanderthals have larger brains than Homo sapiences?: Relationship between growth in head circumference and socio-cognitive abilities. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Imamura, K.
    2013 The sharing system and acquiring technology in San hunter-gatherer society. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11. The University of Tokyo.
  • Kubota, S.
    2013 Place of art in ‘Replacement of Neanderthals by Modern Humans’. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Kubota, S.
    2013 Why Australian Aboriginal Arts are so impressive for us? The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Matsumoto, N.
    2013 How art was born: An archaeological examination. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Nobutaka, K.
    2013 Brain science on play. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Omura, K.
    2013 Mechanism of meta-learning: The evolutionary basis of Creativity. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Omura, K.
    2013 Ability of objectification as the basis for meta-learning and creativity: Teasing as the device for training children in Canadian Inuit Society. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Oyama, T.
    2013 Development of the capacity for metarepresentatino and symbolic play in Baka Pygmy children. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Yamagami, E.
    2013 The learning in art works: Through the collaborative collage-making and drawing of Baka Pygmy children. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Yamauchi, T.
    2013 Life history and nutritional ecology of the Neanderthals. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11. The University of Tokyo.
  • Yamauchi, T.
    2013 Evolution of learning capacity and learned behaviors of modern humans from the perspective of life history. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23.Kyoto University, Kyoto.
  • Yamauchi, T.
    2013 Comparative and evolutionary perspectives on human body and brain growth. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • 安藤寿康
    2013 「なぜネアンデルタールの脳はサピエンスより大きかったのか? -頭囲の成長速度と社会認知能力の遺伝的関連から-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 今村 薫
    2013 「模倣による技術習得と遊び」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 今村 薫
    2013 「狩猟採集民サンの社会における共有性と技術」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 大村敬一
    2013 「『戦略』と『戦術』:極北圏への適応に必要な認知技能」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 大村敬一
    2013 「メタ学習のメカニズム:創造性の進化史的基盤」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 大村敬一
    2013 「メタ学習と創造性の能力を育む「からかい」:カナダ・イヌイトの子どもの学習過程にみる身構えの習得」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 亀井伸孝
    2013 「狩猟採集社会の子どもたちにおける遊びと文化伝承:カメルーン共和国バカの事例」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 窪田幸子
    2013 「交替劇2012年度研究成果報告」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 窪田幸子
    2013 「オーストラリア・アボリジニの投槍器と槍:技術伝播の一考察」『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会. 2013.2.9-10. 仙台:東北大学.
  • 窪田幸子
    2013 「交替劇と芸術」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 窪田幸子
    2013 「なぜアボリジニの芸術はわれわれの心を打つのか -交替劇の文脈から-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 小山 正
    2013 「バカ・ピグミーの子どもにおける認知的柔軟性の発達」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 小山 正
    2013 「Baka Pygmyの子どもの象徴遊びにみるメタ表象能力の発達」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 高田 明
    2013 「狩猟採集社会における知識の伝達と生成」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 高田 明
    2013 「2012年度研究報告:共同的音楽性,社会的学習,環境知覚」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 寺嶋秀明
    2013 「狩猟採集社会と移動の意味」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』2013. 1. 13. 科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 東京: 東京大学. 『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 寺嶋秀明
    2013 「社会ネットワーク・交流」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 寺嶋秀明
    2013 「学習能力の基盤と教育の進化についての考察」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 林 耕次
    2013 「カメルーンの狩猟採集民バカ・ピグミーの狩猟活動と狩猟具をめぐる研究(2012年度研究報告)」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 林 耕次
    2013 「アフリカの狩猟採集民の狩猟史:とくに狩猟方法と狩猟具について」『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会. 2013.2.9-10. 仙台:東北大学.
  • 早木仁成
    2013 「チンパンジーの狩猟」『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会. 2013.2.9-10. 仙台:東北大学.
  • 松本直子
    2013 「芸術はどのような状況で生まれるのか -考古学的検討-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 山内太郎
    2013 「サピエンス、ネアンデルタールのライフステージと栄養生態」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 山内太郎
    2013 「狩猟採集民の子どものライフスタイルと集団の人口構造、人口動態」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 山内太郎
    2013 「ネアンデルタールのライフステージと栄養生態:サピエンスとの学習能力差の基盤の解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 山内太郎
    2013 「ライフヒストリーから見た学習能力・学習行動の進化 -身体と体の成長・発達」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 山内太郎
    2013 「ヒトの体と脳の成長:人類進化の視座から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 山上榮子
    2013 「創造性から見たピグミーの子どもたちの表現 -コラージュと描画とハンドテストから-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 山上榮子
    2013 「アートワークにおける学習諸相 -バカピグミーの子どもたちの共同描画とコラージュ-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
2012
  • Ando, J.
    2012 Comparison Between Individual, Imitative and Instructive Learning. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Hagino, I. and T. Yamauchi
    2012 Daily Physical Activity and Time-Space Allocation of Pygmy Hunter-Gatherers' Children in Southeast Cameroon. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Hayashi, K., R. Ishii, Y. Nakamura, H. Terashima, and Y. Nishiaki
    2012 Technical Transmission of Hunting Tool Manufacture : A Case of Spear Hunting Among Modern Hunter-Gatherers in Southeast Cameroon. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Hewlett, B.
    2012 "Finding the Spirit to Create" Innovation and Social Learning Among Aka Adolescents of the Central African Rainforest. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Hewlett, B.S.
    2012 Teaching, Trust, and Early Rapid Social Learning in Hunter-Gatherers. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Horiuchi, S. and S. Kubota
    2012 The Effects of Cross-Boundary Rituals on Cultural Innovation. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Imamura, K.
    2012 Hunting Play Among San Children. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kamei, N.
    2012 Play Activities and Cultural Transmission Among Hunter-Gatherer Children : The Case of the Baka in Cameroon. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Koyama, T.
    2012 Cognitive Flexibility and Making Objects in Baka Children. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Omura, K.
    2012 The Art of Patience as the Emotional Basis for Creativity and Cultural Learning : Learning and Ecological Adaptation Among the Canadian Inuit. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Takada, A.
    2012 Communicative Musicality and Learning in Caregiver-Child Interactions Among the San of North-Central Namibia. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Terashima, H.
    2012 Evolutionary Development of Learning and Teaching Strategies in Human Societies. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Yamagami, E.
    2012 The Resilience of Pygmy Children- On Their Drawings about Favorite Things. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Yamauchi, T. and I. Hagino
    2012 Estimation of the Period of Childhood and Child Growth Characteristics of Pygmy Hunter-Gatherers in Southeast Camerron. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • 今村 薫
    2012 「サンの子どもの社会化と遊び」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 大村敬一
    2012 「創造性と文化学習の感情的基盤としての忍耐:カナダ極北圏のイヌイトの学習と生態適応」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 窪田幸子
    2012 「狩猟採集民にとっての儀礼の意味 -アボリジニの教育プロジェクト事例から考える」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 小山 正
    2012 「狩猟採集生活の中で育つBakaの子どもの絵の理解」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 寺嶋秀明
    2012 「現生狩猟採集民との比較による初期人類の生態学的革新と学習能力の諸問題の検討」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 寺嶋秀明
    2012 「狩猟採集民の子どもの成長と学習」第66回日本人類学会大会. シンポジウム15. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 山内太郎
    2012 「狩猟採集民の子どものライフスタイルと集団の人口構造、人口動態」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 山上榮子
    2012 「ピグミーの子どもたちの創造性 -共同遊びと合同イメージ表現から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
2011
  • Hewlett, B.
    2011 Social learning among hunter-gatherer adolescents of the Congo Basin: A preliminary study. The 2th Conference on the RNMH Project. 2011.2.19-20. Kobe Gakuin University, Hyogo.
  • Hewlett, B.S.
    2011 Social learning among Congo Basin hunter-gatherers. The 2th Conference on the RNMH Project. 2011.2.19-20. Kobe Gakuin University, Hyogo.
  • Musharbash, Y.
    2011 Ways of knowing and ways of learning: A sketch of proposed research at Yuendumu, central Australia. The 2th Conference on the RNMH Project. 2011.2.19-20. Kobe Gakuin University, Hyogo.
  • Takada, A
    2011 From rhythm to morality: Communicative musicality among the San of Southern Africa. Paper presented at the International Conference: From birth for life. October 15, 2011. St. Cecilia’s Hall, Edinburgh, Scotland.
  • Takada, A.
    2011 Surname and inter-ethnic relationships of the Ekoka !Xun. Paper presented at the 4th International Symposium on Khoisan Languages and Linguistics: The hunter-gatherer legacy of Khoisan-speaking peoples: in memory of Hans den Besten (1948-2010). July 12, 2011. Riezlern/Kleinwalsertal, Austria.
  • Takada, A.
    2011 Sensing action sediments: Some features of directive sequences in Japanese caregiver-child interactions. Paper presented at the 13th Annual meeting of the Japanese Society for Language Sciences invited symposium: Reconsidering "communicative competence": Findings and suggestions from fieldwork/empirical research. June 25, 2011. Kansai University, Osaka.
  • Takada, A.
    2011 Responsibility formation in early caregiver-child interactions among the !Xun of North-Central Namibia. The International Conference: Towards an anthropology of childhood and children: Ethnographic fieldwork diversity and construction of a field. 2011.3.9-11. Institute of Human and Social Sciences, University of Liege, Belgium.
  • 安藤寿康
    2011 「教育学の視点から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 今村 薫
    2011 「遊牧民のテント製作と身体尺」第65回日本人類学会大会.一般口演4. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 今村 薫
    2011 「セントラル・カラハリ・サンの日中活動と子どもの学習過程」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 大村敬一
    2011 「文化人類学の視点から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 大村敬一
    2011 「子どもへの大人の関わり方 -カナダ極北圏のイヌイトの学習過程に関する研究の指針-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 亀井伸孝
    2011 「狩猟採集民の子どもの社会的行動」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 窪田幸子
    2011 「アボリジニの学習とその問題点 -調査の前提として-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 小山 正
    2011 「心の理論の発達と言語獲得 -その発達段階-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 高田 明
    2011 「狩猟採集民研究の視点から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 高田 明
    2011 「ナミビア北東部のサンにおける歌/踊り活動を通じた社会化」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 寺嶋秀明
    2011 「人類進化と教えない教育の系譜」第65回日本人類学会大会.シンポジウム6. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 寺嶋秀明
    2011 「新しい学習/教育のパラダイムを求めて:狩猟採集民と21世紀の高度情報社会」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 寺嶋秀明
    2011 「学習にかかわる狩猟採集社会の特性 -自立・平等性・シェアリング」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 中伊津美、氷上光輝、中山一大、古賀農人、西田奈央、木村亮介、古澤拓郎、夏原和美、山内太郎、石田貴文、稲岡 司、松村康弘、大塚柳太郎、土屋尚之、大橋 順
    2011 「オセアニア集団におけるβアドレナリン受容体プロモーター多型と肥満との関連」第65回日本人類学会大会.ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 山内太郎
    2011 「狩猟採集民の身体とフィットネス:「遊び」と「食」からみた子どもの環境適応能」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 山内太郎
    2011 「アフリカ熱帯林ピグミー系狩猟採集民の栄養生態:食物摂取、身体活動、体格、成長」2011.11.5. 第65回日本人類学会大会.シンポジウム3. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 山内太郎
    2011 「狩猟採集民の身体とフィットネス:「遊び」と「食」からみた子どもの環境適応能」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 山上榮子
    2011 「カメルーンの子どもたちの創造性:コラージュ表現と心理テストを通して」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
2010
  • 今村 薫
    2010 「グイ/ガナの子どもの相互行為と遊び」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 大村敬一
    2010 「イヌイトの子どもの学習過程 -カナダ極北圏のヌナブト準州」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 亀井伸孝
    2010 「ピグミー系狩猟採集民の子どもの遊びと学習」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 窪田幸子
    2010 「アボリジニの子供集団 -オーストラリア、アーネムランド」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 小山 正
    2010 「初期象徴遊びの過程で見られる発達」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 寺嶋秀明
    2010 「学習・遊び・狩猟採集民」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 寺嶋秀明
    2010 「狩猟採集民の調査に基づくヒトの学習行動の特性の実証的研究」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』第64回日本人類学会大会シンポジウム. 2010.10.2. 北海道:だて歴史の杜カルチャーセンター.
  • 山上榮子
    2010 「学習行動に関する発達心理学的研究 -認知と創造性について」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
2008
  • 寺嶋秀明
    2008 「平等性の進化とサルからヒトへの社会進化」第24回日本霊長類学会自由集会. 2008.7.7. 明治学院大学. (招待講演)


B01

2015
  • Kimura, R.
    2015 Genomic anthropology on the Ryukyuans. OIST Ancient DNA Symposium. 2015.1.17. Okinawa.
  • 青木健一
    2015 「学習仮説から見た交替劇」『なぜネアンデルタール人はいなくなったのか -学習仮説からの展望』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2015.7.5. 東京大学.
  • 大出祐輝、中丸麻由子
    2015 「返済しない借り手を考慮したマイクロクレジットの進化シミュレーション」第59回数理社会学会大会. 萌芽的 セッション報告. 2015.3.14-15. 福岡:久留米大学.
2014
  • Aoki, K.
    2014 Modeling the evolution of prehistoric culture. IUAES 2014 with JASCA. 2014.5.15-18. Makuhari Messe, Chiba, Japan
  • Aoki, K.
    2014 Population and culture: A theoretical basis for dramatic regime shifts? RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Fogarty, L., K. Aoki, J.Y. Wakano, and M.W. Feldman
    2014 Population change and cultural variation. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Horiuchi, S.
    2014 Why did the arts precede prehistoric settlement in modern humans? RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kimura, R., W. Nakahashi, and K. Tamura
    2014 The formation of cooperative society initiates the evolution of risk-taking innovative behaviors. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kobayashi, Y.
    2014 Gene-culture coevolution in structured populations. Joint Annual Meeting 76 of the Japanese Society for Mathematical Biology and the Society for Mathematical Biology. 2014.7.28-8.1. Osaka.
  • Kobayashi, Y., S. Kadowaki, and M. Naganuma
    2014 A population-genetics based model for explaining apparent cultural continuity from the Middle to Upper Palaeolithic in Eurasia. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nakamaru, M.
    2014 The effect of exclusion and participation on the evolution of cooperation. Joint Annual Meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology and the Society for Mathematical Biology. 2014.7.28-8.1. Osaka.
  • Nakamaru, M.
    2014 Strict or graduated punishment? Effect of punishment strictness on the evolution of cooperation. Joint Annual Meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology and the Society for Mathematical Biology. 2014.7.28-8.1. Osaka.
  • Wakano, J.Y.
    2014 Evolutionary branching in structured populations. Joint Annual Meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology and the Society for Mathematical Biology. 2014.7.28-8.1. Osaka.
  • Wakano, J.Y.
    2014 Learning schedule and cultural evolution: COS and ESS. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Yamaguchi, K., A. Kawaguchi, C. Watanabe, H. Ishida, and R. Kimura
    2014 Search for genetic polymorphisms related to skin pigmentation in the Japanese population. Cell Symposium: Evolution of Modern Humans - From Bones to Genomes. Poster presentation. 2014.3.18. Melia Hotel. Sitges, Spain.
  • Yamaguchi, K., A. Kawaguchi, C. Watanabe, H. Ishida, and R. Kimura
    2014 Identification of genetic polymorphisms related to skin reflectance in the Japanese population. The 83rdAnnual Meeting of the American Association of Physical Anthropology. Poster presentation. 2014.4.11. Hyatt Regency Calgary and Telus Convention Center. Calgary, Canada.
  • Yamaguchi, K., T. Hayakawa, C. Watanabe, T. Sato, A. Kawaguchi, K. Yamamoto, H. Ishida, and R. Kimura
    2014 Genome-wide association analysis of cephalic form in modern Japanese. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • 青木健一
    2014 「イノベーション能力と文化進化」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 木村亮介、渡辺千晶、宮里絵理、山口今日子、佐藤丈寛、川口 亮、石田 肇、山本 健、河内まき子、持丸正明
    2014 「日本人における三次元顔面形態のゲノムワイド関連解析」第68回日本人類学会大会. 2014.11.1. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 小池心平、中丸麻由子、大高時尚、島尾 堯、大和毅彦、下村研一
    2014 「経済的講集団の進化シミュレーションと被験者実験 -All for Oneの相互扶助-」『第18回実験社会科学カンファレンス』ポスター発表. 2014.12.14. 岐阜:聖徳学園大学岐阜キャンパス3号館.
  • 小林 豊
    2014 「「交替劇」と文化変化の多様性の理論的考察」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 米須学美、佐藤丈寛、山口今日子、渡邊千晶、川口 亮、山本 健、石田 肇、木村亮介
    2014 「ヒトの手形態に関するゲノムワイド関連解析」第68回日本人類学会大会. 2014.11.1-2. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 佐藤丈寛、渡辺千晶、山口今日子、川口 亮、山本 健、石田 肇、木村亮介
    2014 「ゲノムワイド関連解析による体毛の多さに関連するSNPの探索」第68回日本人類学会大会. 2014.11.1-2. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 鈴木信司、砂川昌信、進藤美咲、木村亮介、山口今日子、佐藤丈寛、米田 穣、長岡朋人、分部哲秋、佐伯和信、平田和明、弦本敏行、石田 肇
    2014 「日本列島古人骨集団における四肢の変形性関節症性変化」第68回日本人類学会大会. 2014.11.2. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 早川敏之
    2014 「ネアンデルタール人の脳を遺伝子から探る」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 早川敏之、安形高志
    2014 「脳におけるヒト特異的なSiglecペア型受容体の出現」『日本遺伝学会第86回大会』2014.9.18. 滋賀:長浜バイオ大学.
  • 早川敏之、藤戸尚子、羽根正弥、北島 健、佐藤ちひろ、颯田葉子
    2014 「ヒト系統に おけるシアル酸転移酵素ST8SiaIIの発現多型の進化」日本進化学会第16回大会. 2014.8.22. 大阪:高槻現代劇場.
  • 堀内史朗
    2014 「後期旧石器時代における芸術・交流・定住の過程:文化蓄積ABMによる分析」第58回数理社会学会大会. 2014.8.31. 東京:日本女子体育大学.
  • 山内 忠、木村亮介、佐藤丈寛、川口 亮、山口今日子、深瀬 均、山口徹太郎、当真 隆、 宮本潔人、石田 肇
    2014 「側方面頭部X線規格写真による琉球弧と本土日本の女性頭蓋顔面形態比較」第68回日本人類学会大会. 2014.11.2. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 山口今日子、川口 亮、佐藤丈寛、渡辺千晶、山本 健、石田 肇、木村亮介
    2014 「日本人の頭部形態に関する遺伝要因のゲノムワイド探索」第68回日本人類学会大会. 2014.11.1. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 山口今日子、川口 亮、佐藤丈寛、渡辺千晶、山本 健、石田 肇、木村亮介
    2014 「日本人における頭蓋形態のゲノムワイド関連解析」『日本人類遺伝学会第59回大会/日本遺伝子診療学会第21 回大会』2014.11.20. 東京:タワーホール船堀.
2013
  • Aoki, K.
    2013 Evolution of culture-as-a-0, 1-vector. International Workshop. Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors. 2013.11.22-24. University of Tokyo.
  • Hayakawa, T.
    2013 Schizophrenia and the evolution of learning ability of population. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013. 5.11. University of Tokyo.
  • Hayakawa, T.
    2013 Emergence of Siglec paired receptors in the human brain and the evolution of learning ability of population in the human lineage. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University.
  • Horiuchi, S.
    2013 Evolution and functions of art strategy in the Replacement and the present. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University.
  • Kimura, R.
    2013 The genetic diversity in genes associated with neural and mental characteristics. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11. University of Tokyo.
  • Kimura, R.
    2013 On the diversity of the learning and social abilities in humans. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11. University of Tokyo.
  • Kimura, R.
    2013 Peopling of Asia: inferences from SNP data and tasks for WGS data. 5th International Biological Information Objects (Bio) Conference, 2013.10.26. Suwon, Korea. (招待講演)
  • Kimura, R.
    2013 Phylogenetic analysis in evolutionary genetics. International Symposium: Let's Talk about Trees. National Museum of Ethnology, 2013.2.10. Osaka. (招待講演)
  • Kobayashi, Y.
    2013 Simulating the spread of modern humans into Europe. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11. University of Tokyo.
  • Nakamaru, M.
    2013 Evolution of cooperation and memory. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11. University of Tokyo.
  • Nakamaru, M.
    2013 Memory and cumulative culture. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University.
  • Wakano, J.K.
    2013 Optimal learning schedule in human life history. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University.
  • Yamaguchi, K.
    2013 Connecting genetic data with cognition and behavior. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University.
  • 青木健一
    2013 「何故、学習スケジュールに注目するのか?」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 青木健一
    2013 「成長と学習スケジュール」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 青木健一
    2013 「発達に伴う知己範囲拡大と文化進化加速の可能性」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 青木健一
    2013 「教示の進化モデル」第23回日本数理生物学会大会. シンポジウム6. 2013.9.12. 静岡大学.
  • 木村亮介
    2013 「ホモ・サピエンスの成り立ち-遺伝学からの考察」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 木村亮介
    2013 「ヒトの学習能力・社会能力の多様性について考える」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 木村亮介
    2013 「神経的および精神的特徴に関連する遺伝子の遺伝的多様性」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 木村亮介
    2013 「実践!ヒト集団ゲノム学」第67回日本人類学会大会. 企画シンポジウムS5. 2013.11.3. 茨城:国立科学博物館筑波研究施設.
  • 木村亮介、中橋 渉
    2013 「協力社会の形成は文化進化を加速させる」第67回日本人類学会大会. 一般口演. 2013.11.3. 茨城:国立科学博物館筑波研究施設.
  • 木村亮介、山口徹太郎、渡辺千晶、川口 亮、槇宏太郎、石田 肇
    2013 「A common variant in WNT10A is associated with the variation in tooth size.」第118回日本解剖学会総会・全国学術集会. ポスター発表. 2013.3.29. 香川:サンポートホール高松・かがわ国際会議場.
  • 喜屋武龍介、宮里絵理、渡辺千晶、山口今日子、石田 肇、木村亮介、河内まき子、持丸正明
    2013 「日本人における眼窩周辺の顔面形状の三次元解析」第67回日本人類学会大会. ポスター発表. 2013.11.3. 茨城:国立科学博物館筑波研究施設.
  • 小林 豊
    2013 「新人のヨーロッパ拡散のシミュレーション」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 小林 豊
    2013 「種交替前後における考古文化の連続性という現象をいかに解釈すべきか?」第67回日本人類学会大会. 企画シンポジウムS1. 2013.11.2. 茨城:国立科学博物館筑波研究施設.
  • 小林 豊
    2013 「文化成長の限界」第23回日本数理生物学会大会. シンポジウム6. 2013.9.12. 静岡大学.
  • 嶋田 誠
    2013 「現代人ゲノム中に存在する古代人由来候補配列の起源と機能」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 高橋伸幸
    2013 「社会学習、試行錯誤、模倣能力 -第2実験」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 中橋 渉
    2013 「異文化交流と文化進化」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 中橋 渉
    2013 「外傷による文化技術伝播の阻害」第23回日本数理生物学会大会. シンポジウム6. 2013.9.12.静岡大学.
  • 中橋 渉
    2013 「人類社会の進化を理論生物学で考える」第20回名無し進化セミナー. 2013.6.28. 沖縄.
  • 中丸麻由子
    2013 「社会性の進化と記憶能力」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 中丸麻由子
    2013 「記憶と累積的文化」第23回日本数理生物学会大会. シンポジウム6. 2013.9.12.静岡大学.
  • 中丸麻由子
    2013「記憶と累積的文化」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 早川敏之
    2013 「精神疾患から紐解く新人と旧人の学習能力の違い」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 早川敏之
    2013 「ヒト特異的な脳でのSiglecペア型受容体の出現と学習能力の進化」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 堀内史朗
    2013「匿名者間の資源分配:チキンゲームABMによる分析」第56回日本数理社会学会大会. 2013.8.30. 兵庫:関西学院大学.
  • 堀内史朗
    2013「交替劇における芸術の進化と現代における芸術の機能」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 宮里絵理、山口今日子、持丸正明、河内まき子、石田肇、木村亮介
    2013 「3D morphometrics of human face based on homologous modeling.」『第118回日本解剖学会総会・全国学術集会』 ポスター発表. 2013.3.29. 香川:サンポートホール高松・かがわ国際会議場.
  • 宮里絵理、渡邊千晶、山口今日子、石田 肇、木村亮介、河内まき子、持丸正明
    2013 「相同モデリングを用いた三次元顔面形態の琉球 -本土間比較」第67回日本人類学会大会. 一般口演. 2013.11.2. 茨城:国立科学博物館筑波研究施設.
  • 山口今日子
    2013 「遺伝的基盤と認知・行動を結びつける」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 山口今日子、木村亮介
    2013 「北方への進出と遺伝的適応」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 山口今日子、川口 亮、渡辺千晶、石田 肇、木村亮介
    2013 「日本人の日焼け能に関連する遺伝子多型の探索」第67回日本人類学会大会. 一般口演. 2013.11.2. 茨城:国立科学博物館筑波研究施設.
  • 若野友一郎
    2013 「最適生活し戦略としての個体学習と社会学習の使い分け」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 若野友一郎
    2013 「蓄積的文化進化モデルにおけるパレート最適な学習戦略と進化的安定な学習戦略」第23回日本数理生物学会. シンポジウム6. 2013.9.12. 静岡大学.
  • 若野友一郎
    2013 「ヒトの生活史における最適な学習スケジュール」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
2012
  • Aoki, K..
    2012 Determinants of Cultural Evolutionary Rates. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Aoki, K..
    2012 The Moran model and cultural evolutionary rates. The Wenner-Gren Foundations International Symposium: Cultural Evolution -Patterns of Cultural Change and Diversification. Wenner-Gren Centre, 2012.9.10-14. Stockholm, Sweden. (招待講演)
  • Aoki, K..
    2012 Evolution of learning strategies in spatially heterogeneous environments. C-J-K International Conference on Mathematical Biology. 2012.5.23. Pusan National University, Korea. (招待講演)
  • Aoki, K..
    2012 The Moran model and cultural evolutionary rates. The Wenner-Gren Foundations International Symposium: Cultural Evolution―Patterns of Cultural Change and Diversification. Wenner-Gren Centre, 2012.9.10-14. Stockholm, Sweden. (招待講演)
  • Aoki, K..
    2012 Evolution of learning strategies in spatially heterogeneous environments. C-J-K International Conference on Mathematical Biology. 2012.5.23. Pusan National University, Korea(招待講演)
  • Horiuchi, S..
    2012 The Effects of Cross-Boundary Rituals on Cultural Diversity. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Horiuchi, S. and S. Kubota.
    2012 The Effects of Cross-Boundary Rituals on Cultural Innovation. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kawasaki, K..
    2012 Effect of a Heterogeneous Environment on Range Expansion of Individual and Social Learners. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kimura, R..
    2012 Dispersals of Modern Humans : Inferences from Genome Diversity Data. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kobayashi, Y..
    2012 A simulation Study on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans in Europe : Implication of Climate Change, Cultural Diversification, and the Shape of the Continent. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kobayashi, Y. and J.Y. Wakano.
    2012 An evolutionary game of social versus individual learning in a spatially subdivided population. C-J-K International Conference on Mathematical Biology. 2012.5.23. Pusan National University, Korea. (招待講演)
  • Lehmann, L..
    2012 The Handaxe and the Microscope : Experience-Based and Fictitious Learning in a Geometric Model of Adaptation. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Nakahashi, W..
    2012 A Mathematical Model of Cultural Interactions between Modern and Archaic Humans. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Shimada, M..
    2012 An Attempt to Estimate the Functional Difference in Haplotypes between Archaic and Modern Humans. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Takahashi, N., A. Hatano, M. Inada, R. Onoda, and D. Simunovic.
    2012 Social Learning, Trial-and-Error, and Creativity. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Viscardi, L.H., V.R. Paicao-Cortes, F.M. Salzano, T. Hunemeier, and M.C. Bortolini.
    2012 The Down of Hierarchy: The Cognitive Ability of Archaic Hominins. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Wakano, J. Y., K. Aoki, and L. Lehmann.
    2012 Scheduling of Individual and Social Learning as Optimal Life History Strategy. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • 青木健一.
    2012 「ヒト特異的な学習戦略とは?」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 青木健一、若野友一郎、L. Lehmann.
    2012 「成長段階に依存する学習戦略の進化」第66回日本人類学会大会. シンポジウム15. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 川口 亮、菅原広史、木村亮介、石田 肇.
    2012 「mtDNA分析による出土魚骨の種判別:沖縄県勝連城跡からの魚骨を用いた可能性調査」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 川崎廣吉.
    2012 「異質環境下におけるヒトの分布拡大の反応拡散モデル(4)」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 木村亮介.
    2012 「学習能力に関連する遺伝要因とその進化」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 木村亮介、渡辺千晶、山口徹太郎、槇宏太郎、武田麻耶子、川口 亮、石田 肇.
    2012 「WNT10Aの多型は歯冠サイズと関連する」第66回日本人類学会大会. 一般口演A08. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 久高将臣、深瀬 均、木村亮介、埴原恒彦、松村博史、佐宗亜依子、譜久嶺忠彦、石田 肇.
    2012 「日本およびアジア集団におけるヒト四肢骨の形態的特徴」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 小林 豊.
    2012 「集団の空間構造と学習能力の進化」生命数理研究会(北海道大学主催). 口頭発表. 2012.1.11. 北海道:ホテル甘露の森(虻田郡ニセコ町)
  • 小林 豊.
    2012「社会学習と個体学習の進化ゲーム:空間構造の影響」ゲーム理論ワークショップ2012. 2012.3.6. 静岡大学浜松キャンパス.
  • 小林 豊.
    2012 「急速な植生遷移と交替劇:シミュレーションに基づく研究」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 小林 豊.
    2012 「ネアンデルタール人の格子モデル」第45回生命数理セミナー(北海道大学主催). 2012.8.29. 北海道大学.
  • 小林 豊、大槻 久.
    2012 「学習能力の進化と環境の空間的異質性について」第14回日本進化学会大会. 一般講演1C-10. 2012.8.21. 東京:首都大学(南大沢キャンパス).
  • 小林 豊、大槻 久.
    2012 「二重継承の包括適応度理論」第22回日本数理生物学会大会. ポスターP12. 2012.9.11. 岡山:岡山大学津島キャンパス.
  • 小林 豊、大槻 久、若野友一郎.
    2012 「情報フリーライダーの進化生物学:亀田と中西から10年を経て」第22回日本数理生物学会大会. 企画シンポジウムS4. 2012.9.11. 岡山大学津島キャンパス.
  • 米須学美、川口 亮、佐藤丈寛、石田 肇、山口今日子、渡邉千晶、木村亮介.
    2012 「2D:4D比は性ホルモン関連形質の指標として妥当なのか?」第66回日本人類学会大会. 一般口演C10. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 佐藤丈寛、川口 亮、石田 肇、山口徹太郎、山本 健、河村正二、中込滋樹、間野修平、埴原恒彦、太田博樹、渡辺千晶、山口今日子、木村亮介.
    2012 「ゲノムワイドSNPデータに基づく琉球列島の人々の集団構成」第66回日本人類学会大会. 若手会員大会発表賞対象セッションYB2. 2012.11.3. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 嶋田 誠.
    2012 「古代人由来ハプロタイプ配列の機能推定へ向けて」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 高橋伸幸.
    2012 「創造性、試行錯誤、模倣能力の間の関係を探る」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 中込滋樹、間野修平、知念 寛、伊良波淳、金城福則、藤田次郎、石田 肇、木村亮介、竹山康章、向坂彰太郎、松井敏行、J.R. Kidd、K.K. Kidd、森田英利、H.S. Said、須田 亙、河村正二、服部正平、埴原恒彦、太田博樹.
    2012 「琉球諸島と北部九州におけるクローン病の遺伝と環境の相互作用に関す人類学的考察」2012.11.3. 第66回日本人類学会大会. 若手会員大会発表賞対象セッションYB1. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 中橋 渉.
    2012 「移行期文化と芸術の爆発」2012.11.3. 第66回日本人類学会大会. 若手会員大会発表賞対象セッションYB5. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 中橋 渉 .
    2012 「ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究(3)-成長と学習に関して」2012.11.4. 第66回日本人類学会大会. シンポジウム15. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 堀内史朗.
    2012 「祭殿拡大メカニズムの分析計画」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 宮里絵理、石田 肇、河内まき子、持丸正明、山口今日子、木村亮介.
    2012 「相同モデリングを用いたヒト顔面の三次元形態解析」2012.11.4. 第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 諸見里恵一、石田 肇、深瀬 均、山口今日子、木村亮介.
    2012 「若年成人における関節可動域に見られる全身的共変動パターン」2012.11.4. 第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 山口今日子、川口 亮、石田 肇、青木健一、渡辺千晶、木村亮介.
    2012 「候補遺伝子アプローチによる日本人皮膚色の関連遺伝子多型の同定」2012.11.4. 第66回日本人類学会大会. 一般口演B08. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 若野友一郎.
    2012 「子供期の長さと蓄積的文化の関係」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
2011
  • Aoki, K.
    2011 Innovativeness, population size, and cultural evolution. Workshop on the evolutionary Theory of Learning. 2011.11.28-30. Doshisha University, Kyoto.
  • Feldman, M.
    2011 Evolution of learning and cognition in producers and scroungers. Workshop on the evolutionary Theory of Learning. 2011.11.28-30. Doshisha University, Kyoto.
  • Kawasaki, K.
    2011 Reaction-diffusion model for range expansion of modern humans in a heterogeneous environment. Workshop on the evolutionary Theory of Learning. 2011.11.28-30. Doshisha University, Kyoto.
  • Kimura, R.
    2011 Peopling of Asia Inferred from the Genome Diversity. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. 2011.12.1 National Museum of Nature and Science, Tokyo.
  • Kimura, R.
    2011 Reconstruction of the history of human migrations and admixtures from genome data: how to interpret multivariate genomic analysis. Workshop on the evolutionary Theory of Learning. 2011.11.28-30. Doshisha University, Kyoto.
  • Kobayashi, Y.
    2011 Evolution of social versus individual learning in an infinite island model. Workshop on the evolutionary Theory of Learning. 2011.11.28-30. Doshisha University, Kyoto, Japan.
  • Lehman, L.
    2011 Accumulation of cultural information under games of repeated cultural transmission. Workshop on the evolutionary Theory of Learning. 2011.11.28-30. Doshisha University, Kyoto, Japan.
  • Nakahashi, W.
    2011 Vertical transmission and updating by horizontal transmission. Workshop on the evolutionary Theory of Learning. 2011.11.28-30. Doshisha University, Kyoto, Japan.
  • Wakano, J.Y.
    2011 Competition for empty space among individual and social learners. Workshop on the evolutionary Theory of Learning. 2011.11.28-30. Doshisha University, Kyoto, Japan.
  • 青木健一
    2011 「文化的モランモデルと文化進化速度」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 青木健一
    2011 「進化的に安定な学習スケジュール」第65回日本人類学会大会. シンポジウム6. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 青木健一
    2011 「文化的モランモデル」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:ヒトの学習能力の進化モデルの研究』数理生物学会企画シンポジウム. 2011.9.13. 東京:明治大学駿河台キャンパス.
  • 青木健一
    2011 「学習戦略進化および文化進化速度(3)」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 青木健一
    2011 「学習戦略進化および文化進化速度(続)」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 川崎廣吉
    2011 「異質環境下におけるヒトの分布拡大の反応拡散モデル(2)」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 川崎廣吉
    2011 「異質環境下におけるヒトの分布拡大の反応拡散モデル」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 木村亮介
    2011 「人類の人口動態と遺伝適応の歴史」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 木村亮介
    2011 「ゲノム多変量解析から読み解く集団の移動史」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 木村亮介
    2011 「ゲノム集団遺伝学でみるホモ・サピエンスの拡散と遺伝適応」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:ヒトの学習能力の進化モデルの研究』数理生物学会企画シンポジウム. 2011.9.13. 東京:明治大学駿河台キャンパス.
  • 木村亮介
    2011 「ゲノム集団遺伝学による現世人類の集団形成過程の再構築」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 木村亮介
    2011 「ヒトの異動:ゲノム多様性からの解釈」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 久高将臣、深瀬 均、木村亮介、埴原恒彦、松村博文、佐宗亜依子、請久嶺忠彦、石田 肇
    2011 「日本列島およびアジアにおけるヒト四肢骨の形態的特徴」第65回日本人類学会大会. 一般口演13. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 小林 豊
    2011 「学習進化の島模型」第21回日本数理生物学会大会. 口頭発表. 2011.9.13. 東京:明治大学駿河台キャンパス.
  • 小林 豊
    2011 「集団構造と学習能力の進化」第22回ダーウィンセミナー. 2011.6.24. 東京:東京工業大学田町キャンパス.
  • 佐藤丈寛、山口今日子、川口 亮、石田 肇、木村亮介 2011 「本土日本-琉球人集団間における体毛分布差異の統計学的評価」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 嶋田 誠
    2011 「古代人由来ハプロタイプを含む連鎖不平衡領域の解析:現代人と古代人との学習能力差関連ゲノム領域候補として」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 嶋田 誠
    2011 「現生人類集団中に見られる絶滅古人類起源ハプロタイプより両者の混血と交替劇を探る」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 高橋伸幸
    2011 「ホモサピエンスにおける試行錯誤能力、創造能力、模倣学習能力の間の関係を探る」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 高橋伸幸
    2011 「サピエンス固有の学習能力の同定」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 露木 玲、青木健一
    2011 「第三者の近親相姦行動に対する道徳的評価」第65回日本人類学会大会. 一般口演14. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 中伊津美、氷上光輝、中山一大、古賀農人、西田奈央、木村亮介、古澤拓郎、夏原和美、山内太郎、石田貴文、稲岡 司、松村康弘、大塚柳太郎、土屋尚之、大橋 順
    2011 「オセアニア集団におけるβアドレナリン受容体プロモーター多型と肥満との関連」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 中橋 渉
    2011 「学習進化モデルの視点から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 中橋 渉
    2011 「学習回数モデルにおける探究的社会学習戦略の進化」第65回日本人類学会大会. 若手会員大会発表賞大賞セッション3. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 中橋 渉
    2011 「ヒトをヒトたらしめているもの」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:ヒトの学習能力の進化モデルの研究』数理生物学会企画シンポジウム. 2011.9.13. 東京:明治大学駿河台キャンパス.
  • 中橋 渉、堀内史朗
    2011 「繁殖戦略の進化と家族の起源」日本人間行動進化学会第4回大会.口頭6. 2011.11.19. 北海道大学.
  • 堀内史朗
    2011 「地域間交流が文化の蓄積を促進する」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 堀内史朗
    2011 「地域間交流が新文化を創発するメカニズムの解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 宮里絵里、山口今日子、深瀬 均、石田 肇、木村亮介
    2011 「3次元顔面画像データの特徴点による琉球および本土日本人の判別」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 諸見里恵一、山口今日子、深瀬 均、石田 肇、木村亮介
    2011 「若年成人の全身性関節弛緩性と左右の優位性との関係について」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 山口今日子、宮里絵理、川口 亮、石田 肇、青木健一、木村亮介
    2011 「沖縄在住日本人の皮膚色変異とその遺伝的要素」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 若野友一郎、中橋 渉
    2011 「反応拡散方程式を用いた現世人類の分布拡大シミュレーション」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
2010
  • 青木健一
    2010 「学習戦略進化および文化進化速度」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター
  • 青木健一、若野友一郎
    2010 「ヒトの学習能力の進化モデルの研究」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』第64回日本人類学会大会シンポジウム. 2010.10.2. 北海道:だて歴史の杜カルチャーセンター.
  • 川崎廣吉
    2010 「不均一環境下における学習進化の反応拡散モデル」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
2009
  • 青木健一
    2009 「環境の空間的異質性と学習能力の進化」『第19回生命数理セミナー』2009.11.24. 北海道大学.
  • 青木健一
    2009 「ネアンデルタール人の学習能力、新人との違いを探る」『沖縄にネアンデルタール人は来たか』科学研究費補助金基盤研究(S)公開シンポジウム. 2009.4.11. 沖縄県立博物館.
2008
  • 青木健一
    2008 「進化理論から探るヒトの学習と文化の特性」『日本遺伝学会第80回大会』2008. 9.3-5. 名古屋大学.
  • 青木健一
    2008 「学習能力の進化およびネアンデルタールとサピエンスの交代劇」『第6回現象数理セミナー』2008. 5. 29. 東京:明治大学先端数理科学インスティテュート.
  • 青木健一、中橋 渉
    2008 「Evolution of learning in subdivided populations that occupy environmentally heterogeneous sites.」第18回日本数理生物学会. 2008.9.16-18. 京都:同志社大学.
2007
  • Aoki, K.
    2007 Evolution of learning and extinction of the Neandertals. Conference on Population Genetics. November 15-17, 2007. Stanford University. Stanford, USA.
  • 青木健一
    2007 「ネアンデルタールとホモ・サピエンスの交代劇」『生命科学と死生学の共働ワークショップ』2007.12.1. 東京大学.
2006
  • Shimada, M.K., and J. Hey
    2006 A worldwide survey of 10.1 kb sequences at Xp11.22 indicates gene flow from archaic to modern human. Gordon Research Conference - Molecular Evolution, 2006.2.5-10. Crowne Plaza. Ventura, California, USA.
  • 青木健一
    2006 「出アフリカと学習の進化」『ネアンデルタールの脳とクロマニョンの脳』第60回日本人類学会大会シンポジウム. 2006.11.3. 高知工科大学.
  • 青木健一
    2006 「人類進化における論争:模倣の意義と起源」日本進化学会メインシンポジウム. 2006.8.29. 東京国立オリンピック記念青少年総合センター. (招待講演)
  • 赤澤 威、鈴木宏正、藤森智行、金井 崇、近藤 修、西秋良宏、S. Debruyne, 青木健一、定藤規弘、豊田浩士
    2006 『化石脳・脳と知の共進化』科学研究費補助金基盤研究(S). 第4回全体会議. 2006.5.19. 東京大学山上会館.
  • 赤澤 威、定藤規弘、青木健一、近藤 修、西秋良宏、小林 靖、米田 穣、仲田大人、斎藤成也、石田 肇
    2006 『化石脳プロジェクト』科学研究費補助金基盤研究(S). 第3回全体会議. 2006.3.16. 愛知:生理学研究所.
  • 赤澤 威、近藤 修、定藤規弘、豊田浩士、青木健一、奈良貴史、福本 敬、藤森智行、菱田寛之、鈴木宏正、M. Ponce de Leon、C.P.E. Zollikofer
    2006 『ネアンデルタールの脳とクロマニョンの脳』第60回日本人類学会大会シンポジウム. 2006.11.3. 高知工科大学.


B02

2015
  • Chan, W., A. Abe-Ouchi, R. O’Ishi, K. Takahashi
    2015 Stadian and interstadial climates, as simulated in experimental with the MIROC climate model. The 10th Conference on the RNMH Project. 2013. 3.7-8. Kochi Kaikan, Kochi.
  • Obrochta, S., Y. Yokoyama, A. Abe-Ouchi, R. O’Ishi, W. Chan, H. Kawahata
    2015 Regional last glacial climate synthesis for the Eastern Mediterranean. The 10th Conference on the RNMH Project. 2013. 3.7-8. Kochi Kaikan, Kochi.
  • 大石龍太、W. Chan、阿部彩子
    2015 「ヨーロッパにおける新人拡散期の植生」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 大森貴之、佐野勝宏、米田 穣
    2015 「データベースを基にした高確度年代推定」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 近藤康久、佐野勝宏、大森貴之、阿部彩子、W. Chan、大石龍太、門脇誠二、長沼正樹、小口 高、西秋良宏、米田 穣
    2015 「旧人・新人の生態ニッチモデリング共同研究のまとめ」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 米田 穣
    2015 「地球科学からみた交替劇」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
2014
  • Kondo, O., D. Kubo
    2014 Estimating the cerebral and cerebellar volumes of Neanderthals and Middle Paleolithic modern humans. IUAES 2014 with JASCA. May 15-18. 2014. Makuhari Messe, Chiba.
  • Kondo, O., A. Saso
    2014 Oral health condition as viewed from caries and periodontitis in Jomon skeletal remains. IUAES 2014 with JASCA. May 15-18. 2014. Makuhari Messe, Chiba.
  • Obrochta, S, Yokoyama Y, Kawahata H
    2014 Regional last glacial climate synthesis for the Eastern Mediterranean. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Song W, Kondo Y, Oguchi T
    2014 Presentation of the PaleoGeo database with Google Earth. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • 大石龍太
    2014 「ヨーロッパにおける新人拡散期の植生」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 大森貴之
    2014 「ヨーロッパにおける新人拡散期の高精度年代」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 近藤康久
    2014 「ヨーロッパにおける旧人と新人の生態ニッチモデル」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
2013
  • Chan, W., A. Abe-Ouchi, R. Oishi, and K. Takahashi
    2013 Using numerical models to simulate Climate and vegetation changes during the last glacial cycle. The 6th Conference on the RNMH Project. 2013.1.12-14. University of Tokyo.
  • Obrochta S.P., Y. Yokoyama, and H. Kawahata
    2013 An automated mathematical function for conbersion of GISP2-based age models to NGRIP. The 6th Conference on the RNMH Project. 2013.1.12-14. University of Tokyo.
  • O'ishi, R., A. Abe-Ouchi, and W.L. Chan
    2013 Reconstruction of paleo-vegetation distribution and evaluation of its uncertainty by using an atmosphere ocean coupled general circulation model and a dynamic global vegetation model. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. University of Tokyo.
  • O'ishi, R., A. Abe-Ouchi, and W.L. Chan
    2013 Reconstruction of paleo-vegetation distribution and evaluation of its uncertainty by using an atmosphere ocean coupled general circulation model and a dynamic global vegetation model. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University.
  • Omori, T. and K. Sano
    2013 Reconsidering radiometric chronology of the European Paleolithic industries. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. University of Tokyo.
  • 大石龍太、阿部彩子、W. Chan
    2013 「大気海洋大循環モデルと陸域生態系モデルを用いた古植生分布再現とその不確実性評価」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 大森貴之、佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパ後期旧石器インダストリーにおける理化学年代の再整理」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 大森貴之、米田 穣
    2013 「年代精査の進捗とその問題点」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 近藤康久、小口 高
    2013 「生態文化ニッチモデルの改良」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • Obrochta S.P.
    2013 「最終間氷期から完新世にかけてのアフリカにおける気候変動」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 大石隆太、阿部彩子、W. Chan
    2013 「大気海洋大循環モデルと陸域生態モデルを用いた古植生分布再現とその不確実評価」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • Song, W.、小口 高、近藤康久
    2013 「古環境WebGISの更新と改善」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 米田 穣
    2013 「北極圏進出年代に関する議論」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 米田 穣
    2013 「同位体分析からみた旧人・新人の食糧獲得行動」『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会. 2013.2.9-10. 宮城:東北大学.
2012
  • Abe-Ouchi, A., Y. Yokoyama, H. Kawahata, T. Oguchi, and M. Yoneda
    2012 Investigation of Past Climate and Vegetation for Understanding the Replacement of Neanderthals by Modern Humans. Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. Nov. 19. 2012 International Conference on the RNMH Project. Tokyo: RNMH Project Group.
  • Chan, W., A. Abe-Ouchi, R. O'ishi, and K. Takahashi
    2012 Modeling the climate of the past 130,000 years to understand the evolution of humans. The 5th Conference on Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas, Apr. 15, 2012. National Center of Sciences, Hitotsubashi, Tokyo.
  • Chan, W., A. Abe-Ouchi, R. Oishi, and K. Takahashi
    2012 Using Numerical Models to Simulate Climate and Vegetation Changes during the Last Glacial Period. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Chan, W., Fogarty, and M. W. Feldman
    2012 Exploring Cultural Niche Construction from the Paleolithic to Modern Hunter-Gatherers. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Diab, M.C. and M. Yoneda
    2012 Late Middle Palaeolithic(OIS4/3) Neanderthal Prey Exploitation and Land Use at Dederiyeh Cave, Syria, Based on Multiple Isotopic Analyses of Intra-Tooth Enamel and Mortality Profiles of Wild Goat, Red Deer, and Gazelle. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kondo, Y. and T. Oguchi
    2012 How Can We Apply Ecological Niche Models to Palaeoanthropological Research? RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Marukawa, Y., H. Mori, Y. Nakamura, and T. Akazawa
    2012 Bibliographic Database for "Replacement of Neanderthals by Modern Humans" RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Obrochta, S.P., Y. Yokoyama, and H. Kawahata
    2012 Reconstructing Plant Functional Types in the Levant. 2012.11.4. The 66th Annual Meeting of Anthropological society of Nippon. Keio University, Hiyoshi Campus, Kanagawa.
  • Obrochta, S., Y. Yokoyama, and H. Kawahata
    2012 Plant Creating a Common Chronology for Levant Pollen Records Based on Ice Core Synchronization. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Omori, T. and M. Yoneda
    2012 Population Dynamics and Spatial Distribution Inferred from Radiocarbon Meta Analysis. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Obrochta, S., Y. Yokoyama, and H. Kawahata
    2012 Reconstructing Plant Functional Types in the Levant and East Africa. The 5th Conference on Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas, Apr. 15, 2012. National Center of Sciences, Hitotsubashi, Tokyo.
  • Song, W., Y. Kondo, and T. Oguchi
    2012 PaleoGeo : A Web GIS for Distributing Information from Paleoenvironmental Literature. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • 板橋 悠、米田 穣
    2012 「古人骨中の窒素・炭素含有量を利用した有機成分の保存の推定法と日本試料への応用の検討」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 大森貴之、米田 穣
    2012 「放射性炭素年代データを用いた古人口変動推定」第66回日本人類学会大会. シンポジウム2. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 覚張隆史、米田 穣
    2012 「上黒岩岩陰(遺跡)におけるヒトとイヌのかかわり合いの復元 安定同位体分析によるアプローチ」第66回日本人類学会大会. シンポジウム8. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 覚張隆史、太田博樹、大谷 進、米田 穣
    2012 「動物遺存体および化石における古代DNA分析の新たなプレスクリーニング法」第66回日本人類学会大会. 若手会員大会発表賞対象セッションYA8. 2012.11.3. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 日下宗一郎、米田 穣、佐宗亜依子、中野孝教
    2012 「國府・伊川津人骨の炭素・窒素安定同位体による食性解析」第66回日本人類学会大会. 一般口演C16. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 小口 高、近藤康久、高屋康彦、河端瑞貴、W. Song
    2012 「古環境WebGISの更新」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 近藤康久、大森貴之、亀井宏行、小口 高
    2012 「生態文化ニッチモデルの改良:ヨーロッパの旧石器遺跡を例に」第66回日本人類学会大会. シンポジウム2. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 瀧上 舞、米田 穣
    2012 「インカ帝国内での食性の地域差」第66回日本人類学会大会. 一般口演C14. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • Chan, W.、阿部彩子、大石龍太
    2012 「古気候モデリングによる人類学研究」第66回日本人類学会大会. シンポジウム2. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 蔦谷 匠、長岡朋人、澤田純明、平田和明、米田 穣
    2012 「江戸時代一橋高校遺跡における成人・小児の安定同位体分析を用いた食性復元」第66回日本人類学会大会. 若手会員大会発表賞対象セッションYA7. 2012.11.3. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 橋本真紀夫、吉田邦夫、覚張隆史、米田 穣
    2012 「資料の年代と石灰岩の岩石学的分析結果」第66回日本人類学会大会. シンポジウム8. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 松村秋芳、米田 穣、近藤 修、日本人類学会教育普及委員会
    2012 「日本人類学会教育普及委員会活動報告2012」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 米田 穣
    2012 「旧人・新人の交替劇における古気候変動の影響:地球物理学・空間情報科学・年代学からのアプローチ」2012.11.4. 第66回日本人類学会大会. シンポジウム2. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 米田 穣
    2012 「ネアンデルタール人の絶滅と環境変動」交替劇プロジェクト公開講座. 2012.3.24. 東京.
  • 米田 譲、大森貴之、M.C. Diab
    2012 「古気候変動と交替劇の関係を読み解く方法」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 米田 穣、小口 高、横山裕典、川幡穂高、阿部彩子
    2012 「旧人と新人の気候変動の関連性分析」第66回日本人類学会大会. シンポジウム2. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
2011
  • Abe, Y., T. Nara, T. Sato, T. Watanabe, M. Yoneda, J. Sawada, and R. Sawaura
    2011 Anthropological and Archaeological Research at the Shitsukari-Abe Cave Site, the Northernmost of Honshu. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. Nov. 27, 2011. National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
  • Diab, M., M. Yoneda
    2011 Assessing “Adaptive Capacity” in Late Mousterian Neanderthals through Multi-isotopic Analyses and Mortality Profiles of Herbivore Prey Resources at Dederiyeh Cave, Syria. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. Nov. 27, 2011. National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
  • Diab, M.C., M. Yoneda.
    2011 Neanderthal adaptive capacity in the northern Levant during Oxygen Isotope Stage (OIS) 4/3: an assessment of resiliency based on Zooarchaeological and Multiple Isotopic Analyses. 2011.11.6. The 65th Annual Meeting of Anthropological society of Nippon. Okinawa Prefectural Museum & Art Museum.
  • Gakuhari, T., M. Takigami, M. Fujita, S. Yamazaki, C. Katagiri, I. Matsuzaki, and M. Yoneda
    2011 Environmental Reconstruction of Pleistocene East Asia Based on Faunal Remains from Ishigaki Island. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. Nov. 27, 2011. National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
  • Kaifu, Y., M. Fujita, and M. Yoneda
    2011 Inferring Population History in the Late Pleistocene of the Ryukyu Islands, Southwestern Japan. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. Nov. 27, 2011. National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
  • Katagiri, C., S. Yamasaki, M. Fujita, R. Tokumine, M. Namiki, K. Ohori, S. Akamine, H. Sugawara, N. Doi, K. Kobayashi, and M. Yoneda
    2011 Preliminary Excavation of the Late Pleistocene Human Burials at the Shiraho-Saonetabaru Cave Site in Ishigaki-jima Island, Okinawa. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. Nov. 27, 2011. National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
  • Naito, Y. I., Y. Chikaraishi, N. Ohkouchi, and M. Yoneda
    2011 Dietary Adaptations of Prehistoric Japanese Revealed by Nitrogen Isotopic Compositions of Individual Amino Acids in Bone Collagen. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. Nov. 27, 2011. National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
  • Obrochta, S.P., Y. Yokoyama, and H. Kawahata
    2011 Towards compiling Stage 3 European and Stage 6 African climate records. The 3th Conference on the RNMH Project. 2011.4.23-24. National Center of Sciences, Tokyo.
  • Obrochta, S., Y. Yokoyama
    2011 Western north Atlantic paleoceanographic conditions surrounding Neanderthal extinction. The 2th Conference on the RNMH Project. 2011.2.19-20. Kobe Gakuin University, Hyogo.
  • Oguchi, T., Y. Kondo
    2011 GIS applications for an interdisciplinary project: Replacement of Neanderthals by Modern Humans. Regional Conference of the International Geographical Union Nov. 2011. Santiago, Chile.
  • Yoneda, M., Y. I. Naito, T. Gakuhari, M. Takigami, Y. Itahashi, N. Doi, C. Katagiri, S. Yamazaki, and M. Fujita
    2011 How Did Pleistocene Humans Adapt to a Remote Island? : Subsistence Reconstruction Based on Isotopic Analyses of Human Remains from the Shiraho-Saonetabaru Cave Sive on Ishigaku Island, Okinawa, Japan. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. Nov. 27, 2011. National Museum of Nature and Science, Tokyo.
  • 阿部彩子
    2011 「人類進化理解のための過去13万年の気候のモデリング」『人類進化と気候変動』日本地球惑星科学連合2011年度連合大会セッション. 2011.5.26. 千葉:幕張メッセ国際会議場.
  • 阿部彩子、大石龍太、W. Chan
    2011 「氷期間氷期サイクルのアフリカからユーラシアの気候変化」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 阿部彩子、大石龍太、W. Chan
    2011 「氷期間氷期サイクルの気候と植生と北半球氷床のモデリング」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 板橋 悠、常木 晃、Y. Kanjo、米田 穣
    2011 「マルチアイソトープ分析による西アジア新石器時代集団墓の埋葬集団の検討」第65回日本人類学会大会.若手会員大会発表賞対象セッション2. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 大石龍太、阿部彩子
    2011 「大気海洋植生結合モデルMIROC-LPJを用いた古気候・古植生の再現」『人類進化と気候変動』日本地球惑星科学連合2011年度連合大会セッション. 2011.5.26. 千葉:幕張メッセ国際会議場.
  • 大森貴之、米田 穣
    2011 「旧人・新人時空分布と気候変動の関連性の分析」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 大谷 進、覚張隆史、米田 穣
    2011 「アスパラギン酸のラセミ化率を指標とした歯からの年齢鑑定例」第65回日本人類学会大会.ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 大森貴之、米田 穣
    2011 「中後期旧石器時代レヴァント地方における旧人・新人時空分布と気候変動の関連性評価」第65回日本人類学会大会.シンポジウム6. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 小口 高
    2011 「シリアの3遺跡周辺の地形・堆積物から推定された更新世と完新世の古水文変動」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 小口 高、近藤康久
    2011 「インターネットGISを用いた人類進化と気候変動に関する情報の発信」『人類進化と気候変動』日本地球惑星科学連合2011年度連合大会セッション. 2011.5.26. 千葉:幕張メッセ国際会議場.
  • 小口 高、近藤康久
    2011 「インターネットGISを用いた考古・古環境情報の発信」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • Obrochta, S.P.
    2011 「西部北大西洋における古海洋環境とネアンデルタール絶滅」『人類進化と気候変動』日本地球惑星科学連合2011年度連合大会セッション. 2011.5.26. 千葉:幕張メッセ国際会議場.
  • Obrochta, S.P.、横山祐典、川幡穂高
    2011 「北大西洋西部の古海洋環境とネアンデルタールの絶滅」第65回日本人類学会大会.シンポジウム8. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 覚張隆史、山崎京美、樋泉岳二、藤田祐樹、山崎真治、久貝弥嗣、宮城弘樹、片桐千亜紀、米田 穣
    2011 「琉球列島におけるヒトとイノシシ類の関係性の復元:骨化学分析のアプローチから」2011.11.4. 第65回日本人類学会大会.シンポジウム1. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 片桐千秋、山崎真治、藤田祐樹、米田 穣、土肥直美
    2011 「白保竿田原洞穴遺跡における人骨の産状と洞穴利用」第65回日本人類学会大会.シンポジウム1. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「北ユーラシアの骨角器使用と人類の高緯度進出」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 門脇誠二、近藤康久
    2011 「レヴァント地方における中期・後期旧石器インダストリーの消長パターン」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 窪田 薫、横山祐典、坂井三郎、前杢英明、松崎浩之、長田俊樹、P. Ajithprasad
    2011 「インダス遺跡から産出した耳石化石による環境復元」『人類進化と気候変動』日本地球惑星科学連合2011年度連合大会セッション. 2011.5.26. 千葉:幕張メッセ国際会議場.
  • 近藤 修、Y. Kanjo、石田 肇、石井理子、小口 高、西秋良宏、仲田大人、赤澤 威
    2011 「デデリエ洞窟出土の新幼児人骨資料」第65回日本人類学会大会.一般口演1. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 近藤康久
    2011 「考古学における生態文化ニッチモデリング」『人類進化と気候変動』日本地球惑星科学連合2011年度連合大会セッション. 2011. 5. 26. 千葉:幕張メッセ国際会議場.
  • 近藤康久、小口 高
    2011 「予測モデリングとWebGISによる考古・年代・古環境データの統合と解析」第65回日本人類学会大会.シンポジウム8. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 蔦谷 匠、久保麦野、市石 博、米田 穣
    2011 「東京大学総合研究博物館の常設展示を用いた、人類学教育普及活動の試み」第65回日本人類学会大会.ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • Chan, W.、阿部彩子、大石龍太、高橋邦生
    2011 「人類進化理解のための過去13万年の気候のモデリング」第65回日本人類学会大会.シンポジウム8. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • Diab, M.C., 米田 穣
    2011 「同位体情報と動物考古学的手法を用いたレバント地方におけるネアンデルタール人の適応に関する評価」『人類進化と気候変動』日本地球惑星科学連合2011年度連合大会セッション. 2011.5.26. 千葉:幕張メッセ国際会議場.
  • Diab, M.C.、米田 穣
    2011 「酸素同位体ステージ3における北レバント地方のネアンデルタールの狩猟適応行動」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 内藤裕一、力石嘉人、大河内直彦、米田 穣
    2011 「古人骨のアミノ酸窒素同位体分析を用いた中部内陸部縄文時代人集団の肉食率評価」第65回日本人類学会大会.一般口演3. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館
  • 森 洋久、丸川雄三、中村佳史、赤澤 威
    2011 「研究情報統合サービスについて」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 森 洋久、丸川雄三、中村佳史、赤澤 威
    2011 「「交替劇」文献データベースの構築」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 横山祐典、宮入陽介
    2011 「放射線炭素年代補正曲線:最終氷期のサンゴのウラン系列核種を用いた補正の進展と問題点」『人類進化と気候変動』日本地球惑星科学連合2011年度連合大会セッション. 2011.5.26. 千葉:幕張メッセ国際会議場.
  • 米田 穣、板橋 悠、覚張隆史、瀧上 舞、内藤裕一、片桐千亜紀、土肥直美
    2011 「白保竿根田原洞穴遺跡出土人骨の同位体分析」第65回日本人類学会大会.シンポジウム1. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 米田 穣
    2011 「寛永寺出土将軍親族遺体における化学分析」第65回日本人類学会大会.ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 米田 穣
    2011 「旧人・新人時空分布と気候変動の関連性の分析」『人類進化と気候変動』日本地球惑星科学連合2011年度連合大会セッション. 2011.5.26. 千葉:幕張メッセ国際会議場.
  • 米田 穣
    2011 「ネアンデルタール絶滅と気候要因」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 米田 穣、M.C. Diab、大森貴之
    2011 「旧人・新人交替劇の年代学的検討と古環境要因の抽出」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 田 穣、阿部彩子、小口 高、川幡穂高、横山祐典
    2011 「旧人新人の交替劇における古気候変動の役割」第65回日本人類学会大会.シンポジウム8. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
2010
  • 赤澤 威、西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、丹野研一、L. Gourichon、Y. Kanjo、S. Muhesen
    2010 「旧人ネアンデルタールと新人クロマニョンの交替劇を探る-シリア・デデリエ洞窟の2009年度調査」『平成21年度 考古学が語る古代オリエント』第17回西アジア発掘調査報告会. 2010.3.27. 東京:池袋サンシャインシティ文化会館.
  • 阿部彩子
    2010 「古気候復元図の作成」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 小口 高
    2010 「GIS を用いた古環境データと考古データの統合および活用」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二、近藤康久
    2010 「旧人・新人に関わる石器製作伝統のデータベース化:その目的と方法」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 近藤康久
    2010 「2010年代の考古データベースはどう展開するか?」第16回公開シンポジウム『人文科学とデータベース』2010.11.27. 京都:花園大学.
  • 近藤康久、門脇誠二、西秋良宏
    2010 「考古学におけるネットワーク・コンピューティング:「旧人・新人交替劇」遺跡データベースの取り組み」日本情報処理学会・人文科学とコンピュータシンポジウム『じんもんこん2010』. 2010.12.11-12.東京工業大学.
  • 森 洋久、丸川雄三
    2010 「人類遺跡データベースを用いた時空間情基盤の構築」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 横山祐典
    2010 「古環境時系列データの集成へのプレリサーチおよび文献収集」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 米田 穣
    2010 「旧人・新人の分布と現代的行動の拡散に関する年代データの集成」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 米田 穣、阿部彩子、横山祐典、小口 高
    2010 「旧人・新人時空分布と気候変動の関連性の分析」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』2010.10.2. 第64回日本人類学会大会シンポジウム. 北海道:だて歴史の杜カルチャーセンター.
2009
  • Tanno, K., G. Wilcox, M. Ishii, I. Fukumoto, H. Nakata, M. Yoneda, Y. Nishiaki, Y.Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2009 Abundant plant remains from a Natufian burnt building at Dederiyeh Cave, Northwest Syria. International Symposium on The Natufian Culture in the Levant II. September 7-11, 2009. Institut National de’ Histoire de l’Art, Paris. (招待講演)
  • Yoneda, M.
    2009 Dietary reconstruction of prehistoric Jomon and Yayoi people of Japan. The 35th Xiangshan Science Conference. May 21, 2009. Chinese Academy of Sciences Beijing, China.
  • 西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、Y. Kanjo、S. Muhesen、赤澤 威
    2009 「西アジア旧石器時代末期の住居 シリア、デデリエ洞窟のナトゥーフィアン建築を中心に」日本旧石器学会第7回講演・研究発表・シンポジウム. 2009.6.27-28. 鹿児島県立埋蔵文化財センター.
  • 西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、丹野研一、Y. Kanjo、S. Muhesen、赤澤 威
    2009 「現生人類の起源を探る -シリア・デデリエ洞窟の2008年調査」『平成20年度 考古学が語る古代オリエント』第16回西アジア発掘調査報告会. 2009. 3.14-15. 東京:池袋サンシャインシティ文化会館.
  • 米田 穣
    2009 「ネアンデルタール人の食生活、新人との違いを探る」『沖縄にネアンデルタール人は来たか』科学研究費補助金基盤研究(S)公開シンポジウム. 2009.4.11. 沖縄県立博物館.
2008
  • Yoneda, M.
    2008 Marine resource use in Early/Mid Holocene Japan: subsistence transition from Jomon to Yayoi. Symposium: Coastal Resource Exploitation in the Early/Mid Holocene: A Stable Isotope Perspective. Society for American Archaeology 73rd Annual Meeting. March 27, 2008. Vancouver, Canada.
  • Yoneda, M.
    2008 Dietary Reconstruction of Ancient and Recent Taiwanese: Isotopic Analyses on National Taiwan University Collection.台大医学院収集人骨的人類学綜合研究研討会. 2008.5.29. 国立台湾大学.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、丹野研一、Y. Kanjo、S. Muhesen、赤澤 威
    2008 「現生人類の起源を探る -シリア、デデリエ洞窟の2003-2007年度調査」『平成19年度 考古学が語る古代オリエント』第15回西アジア発掘調査報告会. 2008.3.15-16. 東京:池袋サンシャインシティ文化会館.
  • 米田 穣
    
2008 「西アジア・ヨーロッパにおける旧人・新人の交替劇の年代」『旧人ネアンデルタールと新人サピエンスの交替劇』公開シンポジウム. 2008.10.4. 東京.
  • 米田 穣
    2008 「同位体をつかった古生態研究」『霊長類学の未来をさぐる』第37回ホミニゼーション研究会. 2008.3.7. 愛知:犬山国際観光センター.
2007
  • Yoneda, M., H. Uno, R. Suzuki, T. Kobayashi, Y. Shibata
    2007 Applications of NIES-TERRA 14C dating for bone samples from Japan. International Symposium on Radiometric Dating Studies. 2007. 1.16. Nagoya University, Aichi.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、S. Muhesen、赤澤 威
    2007 「シリア、デデリエ洞窟にみられる後期ムステリアン石器群の年代的変化」第61回日本人類学会大会. 2007.10.6-8. 新潟:日本歯科大学新潟校.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、S. Muhesen、赤澤 威

    2007 「シリア、デデリエ洞窟のムステリアン石器群」日本旧石器学会第5回大会. 2007.6.23-24. 東京大学文学部.
  • 丸川雄三
    2007 「連想がつなぐ文化財の情報発信」『発現するドキュメンテーション・蓄積と検索から表現へ』アート・ドキュメンテーション学会2007年度年次大会. 2007.6.23-24. 東京:国立新美術館.(招待講演)
  • 米田 穣
    2007 「古人骨の同位体分析による食生態」『旧石器時代の生活を考える』2007年度日本旧石器学会シンポジウム. 2007.6.24. 東京大学.
  • 米田 穣
    2007 「人類進化から我々ヒトの特徴を考える」『東京大学学術統合化プロジェクト(ヒト)』第22回ヒトセミナー. 2007.2.23. 千葉:柏.
2006
  • Yoneda, M.
    2006 The Jomon Culture of Japan in the Perspective of Modern Human Evolution. 9th Annual Kavli Japanese-American Frontiers of Science Symposium. December 10. Beckman Center, Irvine, CA, USA.
  • Yoneda, M., H. Uno, R, Suzuki, T. Kobayashi, S. Atsumi, and Y. Shibata
    2006 Improvements to the bone preparation for radiocarbon dating at NIES-TERRA. 19th International Radiocarbon Conference. Apr. 4 2006. Oxford, UK.
  • Yoneda, M., H. Uno, R. Suzuki, T. Kobayashi, C. Kobayashi, M. Uchida, Y. Shibataand, and M. Morita
    2006 Status and future plans of NIES-TERRA. 1st East Asian Symposium on Accelerator Mass Spectrometry. Jan. 26, 2006. Tsukuba, Japan.
  • Yoneda, M., H. Uno, A. Tanaka, T. Uehiro, R. Suzuki, T. Kobayashi, C. Kobayashi, M. Uchida, Y. Shibata, and M. Morita
    2005 Status and plans for AMS at NIES-TERRA. 10th International Conference of Accelerator Mass Spectrometry. Sep. 5, 2006. Berkley, USA.
  • 赤澤 威、定藤規弘、青木健一、近藤 修、西秋良宏、小林 靖、米田 穣、仲田大人、斎藤成也、石田 肇
    2006 「科学研究費補助金基盤研究(S)『化石脳プロジェクト』」第3回全体会議. 2006.3.16. 愛知:生理学研究所.
  • 米田 穣、仲田大人、青木美千子、近藤 修、西秋良宏、赤澤 威
    2006 「シリア共和国デデリエ洞窟における年代推定:ナトウーフ文化遺構の放射性炭素年代」第60回日本人類学会大会. 2006.11.3-5. 高知工科大学.
  • 米田 穣、鵜野 光、鈴木 亮、小林利行、小林千明、瀬山春彦、柴田康行
    2006 「NIES-TERRAにおけるAMS測定と応用研究」第19回タンデム加速器及び周辺技術の研究会. 2006.7.1. 群馬県みどり市.
2005
  • Yoneda, M., H. Uno, Y. Shibata, R. Suzuki, Y. Kumamoto, K. Yoshida, and T. Sasaki
    2005 Radiocarbon marine reservoir ages in the western North Pacific estimated by pre-bomb molluscan shells. 10th International Conference of Accelerator Mass Spectrometry. Sep. 9, 2005. Berkley, USA.
  • 米田 穣
    2005「古人骨の化学分析で何ができるか」第59回日本人類学会大会. 2005.11.6. 神奈川.
  • 米田 穣、田中 敦、鵜野 光、内田昌男、小林利行、小林千明、鈴木 亮、植弘崇嗣、柴田康行
    2005 「NIES-TERRAの現状と将来計画」第18回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会. 2005.7.1. 福岡.
2004
  • 米田 穣
    2004 「2つの人類が出会ったとき」『アイデンティティに悩むネアンデルタール』文部科学省第18回「大学と科学」公開シンポジウム. 2004. 1. 24-25. 東京国際交流館.
2003
  • Mori, H.
    2003 An Implementation of GLOBALBASE. The 6th REKIHAKU International Symposium. 2003. 2. 5-6. Chiba, Japan.
2000
  • 石田 肇、近藤 修、米田 穣、野口 淳、S. Muhesen、赤澤 威 2000 「1997-98年 シリア・デデリエ洞窟出土幼児人骨の頭蓋形態」第54回日本人類学会大会. 2000.11.5. 東京大学.


C01

2015
  • Michikawa T., and H. Suzuki
    2015 Controlling cavity structure for printing natural objects, 2015 IFAC Symposium on Information Control in Manufacturing. (INCOM 2015) 2015.5.11-13. Canada.
  • 荻原直道、田邊宏樹
    2015 「化石脳から見た学習仮説」『なぜネアンデルタール人はいなくなったのか -学習仮説からの展望』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2015.7.5. 東京大学.
  • 荻原直道
    2015 「ネアンデルタール人の脳を復元する」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 久保大輔、田邊広樹、近藤 修、天野英輝、與儀 彰、村山貞之、石田 肇、荻原直道
    2015 「エンドキャストから小脳容積を推定する手法の開発とネアンデルタール及び更新世サピエンスへの応用」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 小林 靖、松井利康、天野英輝、森田祐介、荻原直道
    2015 「ネアンデルタール人と現生人類のエンドキャストの比較 -前頭前野の後縁を復元する-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 近藤 修、久保大輔、鈴木宏正、荻原直道
    2015 「カフゼー9号頭蓋の復元とエンドキャスト形態」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 道川隆士、菱田寛之、鈴木宏正、森口昌樹、荻原直道
    2015 「化石頭蓋の定量解析のための幾何処理技術の開発」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 森口昌樹、道川隆士、鈴木宏正、荻原直道、近藤 修
    2015 「剛体的な形状変形による準標識点の転写」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
2014
  • Hasegawa, K., Kochiyama, T., Tanabe, H.C., and Ogihara, N.
    2014 Reconstruction of the brain from skull fossil using computational anatomy. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kochiyama, T., H. Tanabe, H. Amano, K. Hasegawa, and N. Ogihara
    2014 Computational anatomy in neuro-archaeology -Reconstruction of the brain from skull fossil. The 37th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2014.9.12. Yokohama, Japan.
  • Kondo, O., D. Kubo, H. Suzuki, and N. Ogihara
    2014 Reconstruction of Qafzeh 9 braincase and its endocast morphology. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kubo, D., O. Kondo, H. Tanabe, N. Ogihara, A. Yog , S. Murayama, and H. Ishida
    2014 Estimating the cerebral and cerebellar volumes of Neanderthals and Middle Paleolithic modern humans. International Union of Anthropological and Ethnological Sciences Inter-Congress 2014, 2014.5.15. Makuhari, Japan.
  • Kubo, D., H.C. Tanabe, O. Kondo, H. Amano, A. Yogi, S. Murayama, H. Ishida, and N. Ogihara
    2014 Estimating the cerebral and cerebellar volumes of Neanderthals and Middle and Upper Paleolithic Homo sapiens, RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Michikawa, T., M. Moriguchi, H. Suzuki, N. Ogihara, O. Kondo, and Y. Kobayashi
    2014 Endocast surface reconstruction from CT images. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Moriguchi, M., H. Suzuki, T. Michikawa, N. Ogihara, and Kondo, O.
    2014 Surface Deformation of Crania by Optimizing Rigidity. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Ogihara, N., H. Amano, Y. Morita, O. Kondo, D. Kubo, H. Suzuki, T. Michikawa, M. Moriguchi, H. Ishida, and M. Nakatsukasa
    2014 Endocasts of Neanderthals and early modern humans: virtual reconstruction and geometric morphometric analyses, RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Tanabe, HC., T. Kochiyama, N. Sadato, and N. Ogihara
    2014 Exploring the difference of brain anatomy and function between Neanderthals and Modern Humans: neuroanatomical and functional neuroimaging approach, RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Tanabe, H., T. Kochiyama, H. Amano, H. Hasegawa, K., O. Kondo, and N. Ogihara
    2014 Comparing shape of cranium between Neanderthal and modern humans using computational neuroanatomy. 20th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping, 2014.6.8. Hamburg, Germany.
  • 天野英輝、森田祐介、近藤 修、鈴木宏正、荻原直道
    2014 「ネアンデルタール人頭蓋骨の工学的復元と3次元形態解析」第68回日本人類学会大会. 2014.11.1. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 荻原直道
    2014 「ネアンデルタール化石頭蓋骨の高精度復元結果から考える」『ネアンデルタール人の脳機能と学習行動を探る』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2014.9.28. 東京大学.
  • 荻原直道
    2014 「ネアンデルタール人頭蓋骨の工学的復元」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 荻原直道、田邊広樹
    2014 「ネアンデルタール人の脳形態復元と新人との脳機能差:現状と課題」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 久保大輔、河内眞紀子、持丸正明、荻原直道、海部陽介
    2014 「統計学的手法を用いた欠損のあるインドネシア出土ホモ・エレクトス頭骨の脳容量推定」第68回日本人類学会大会. 2014.11.1. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 久保大輔、近藤 修、荻原直道
    2014 「ネアンデルタール及び新人化石標本の頭蓋腔鋳型復元の改良と誤差評価」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 河内山隆紀、田邊宏樹、荻原直道
    2014 「計算解剖学による復元頭蓋骨を用いた脳形態復元と形態分析」第68回日本人類学会大会. 2014.11.4. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 小林 靖、松井利康
    2014 「ヒトを含む霊長類の脳と頭蓋の関係:最終年度の研究計画」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 田邊宏樹、河内山隆紀、長谷川国大、天野英輝、荻原直道
    2014 「旧人ネアンデルタールと新人ホモサピエンスのエンドキャスト形態差から考える脳機能差」第68回日本人類学会大会. 2014.11.1. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 道川隆士、鈴木宏正、小林靖、荻原直道、森口昌樹
    2014 「X線CT画像からの脳鋳型ポリゴン抽出手法に関する研究」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 道川隆士、鈴木宏正、木村亮介
    2014 「MRI 画像からの声帯形状ポリゴン抽出」2014年度精密工学会春季大会. 2014.3.18-3.20. 東京大学.
2013
  • Kobayashi, Y. and T. Matsui
    2013 Relationship between the brain and the skull in primates including human-Research plan. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11. The University of Tokyo.
  • Kobayashi Y., T. Matsui, and N. Ogihara 2013 Brain surface morphology inferred by intracranial impressions in primates. TThe 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto: Kyoto University.
  • Kubo, D.
    2013 Morphological traits of early Homo sapiens in Europe and the issue of admixture: a review. TThe 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11. The University of Tokyo.
  • Michikawa, T., H. Suzuki, M. Moriguchi, and N. Ogihara
    2013 Endocast surface extraction from CT images. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto: Kyoto University.
  • 天野英輝、菊地赳夫、荻原直道、近藤 修、鈴木宏正
    2013 「Amud 1号頭蓋骨の工学的復元」第67日本人類学会大会. 2013.11.3. 茨城:国立科学博物館.
  • 荻原直道
    2013 「形状データベースに基づく欠損化石頭蓋の数理的補間手法」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 久保大輔
    2013 「ヨーロッパにおける初期ホモ・サピエンスの形質と交雑問題」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 久保大輔、田邊宏樹、近藤 修、荻原直道、與儀 彰、村山貞之、石田 肇 2013 「ネアンデルタールおよび早期新人の大脳と小脳容積推定」第67回日本人類学会大会. 2013.11.3. 茨城:国立科学博物館.
  • 小林 靖、松井利康
    2013 「ヒトを含む霊長類の脳と頭蓋の関係 -研究計画」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 小林 靖、松井利康、道川隆士、荻原直道、鈴木宏正
    2013 「頭蓋形態に基づく脳区分の推定 -これまでの成果」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 小林 靖、松井利康、灰塚嘉典、荻原直道、松村讓兒
    2013 「霊長類における頭蓋内面の圧痕からみる脳表面形態」第67回日本人類学会大会. 2013.11.3. 茨城:国立科学博物館.
  • 小林 靖、松井利康、荻原直道
    2013 「霊長類の頭蓋内面の圧痕から見る脳表面形態」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 近藤 修
    2013 「人類化石証拠を概観する」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 近藤 修
    2013 「ホモ・サピエンスの進化と拡散:アフリカを中心に」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 近藤 修、久保大輔
    2013 「「カフゼー9号エンドキャスト復元」と「小脳容積推定方法の開発」」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 道川隆士、森口昌樹、鈴木宏正、小林 靖、荻原直道
    2013 「頭蓋CTデータからの最外面制限付きポリゴン化手法」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 道川隆士、鈴木宏正、森口昌樹、荻原直道
    2013 「CT画像からの脳鋳型ポリゴン抽出手法」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 森田祐介、天野英輝、荻原直道
    2013 「現代日本人エンドキャストの3次元形態解析」第67回日本人類学会大会. 2013.11.3. 茨城:国立科学博物館.
2012
  • Amano, H., Y. Morita, H. Nagano, O. Kondo, H. Suzuki, M. Nakatsukasa, and N. Ogihara
    2012 Statistical Interpolation of Missing Parts in Fossil Crania. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Hishida, H., H. Suzuki, T. Michikawa, Y. Ohtake, S. Oota, N. Ogihara, and O. Kondo
    2012 CT Image Segmentation Using FEM with Optimized Boundary Condition. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kobayashi, Y., T. Matsui, Y. Haizaka, N. Ogihara, N. Hirai, and G. Matsumura
    2012 Cerebaral Sulci and Gyri Obserbed on Macaque Endocasts. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kobayashi, Y., T. Matsui, Y. Haizuka, N. Ogihara, N. Hirai, and G. Matsumura,
    2012 Evaluating cortical subdivisions using monkey skulls. The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2012.9.18. Nagoya, Japan.
  • Kondo, O. and N. Ogihara,
    2012 Neanderthal studies by Japanese, a field research and the ongoing project. Seminar Talk at National Research Centre on Human Evolution (CENIEH), 2012.5.2. Burgos, Spain.
  • Kochiyama, T., H.C. Tanabe, and N. Ogihara
    2012 Reconstruction of the Brain from Skull Fossil Using Computational Anatomy. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kondo, O. and N. Ogihara
    2012 Neanderthal studies by Japanese, a field research and the ongoing project. 2012.3.2. CENIEH, Burgos, Spain.
  • Kondo, O., D. Kubo, and N. Ogihara
    2012 Virtual Endocast of Qafzeh 9, A Representative of Early Modern Humans. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kudo, D. and H.C. Tanabe
    2012 Cerebellar Size Estimation from Endocranial Measurements. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Moriguchi, M., H. Suzuki, T. Michikawa, N. Ogihara, and O. Kondo
    2012 Transferring Semi-Landmarks on Surfaces. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Morita, Y., H. Amano, M. Nakatsukasa, O. Kondo, and N. Ogihara
    2012 A Geometric Morphometric Study of Neurocranial Shape Variations in the Crania of Modern Japanese. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Ogihara, N., T. Kikuchi, Y. Morita, H. Amano, O. Kondo, M. Nakatsukasa, H. Suzuki, T. Michikawa, H. Ishida, and T. Akazawa
    2012 Digital Reconstruction of the Neanderthal Amud 1 Cranium. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Zollikofer, C.P.E., and M.S. Ponce de Leon
    2012 The Reconstitution of the Neanderthal Brain. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • 青野友哉、永谷幸人、近藤 修
    2012 「伊達市ポンマ遺跡における近世アイヌ文化期の小児の埋葬について」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 天野英輝、森田裕介、長野裕保、荻原直道
    2012 「形状データベースを活用した化石頭蓋骨の欠損補間」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 大石元治、荻原直道、清水大輔、菊池泰弘、平崎鋭矢、江木直子、甘崎 肇
    2012 「大型類人猿の肘関節における一関節筋と二関節筋について」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 太田博樹、小金渕佳江、勝村啓史、河村正二、中込滋樹、石田 肇、アジア人古収集DNAレポジトリーコンソーシアム
    2012 「染色体およびY染色体STR多型もとづく『アイヌ -沖縄同系論』の検証」第66回日本人類学会大会. 一般口演B13. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 荻原直道
    2012 「化石頭蓋の欠損補間と化石脳の推定」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 荻原直道、井出直彦
    2012 「神経筋骨格モデルに基づくニホンザル二足歩行運動の順動力学シミュレーション」第66回日本人類学会大会. 一般口演C11. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 海部陽介、Y. Zaim、I. Kurniawan、久保大輔、Y. Rizal、J. Arif、F. Aziz、馬場悠男
    2012 「保存良好なジャワ原人化石サンギラン9号頭蓋の形態」第66回日本人類学会大会. 一般口演C07. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 川口 亮、菅原広史、木村亮介、石田 肇
    2012 「mtDNA分析による出土魚骨の種判別: 沖縄県勝連城跡からの魚骨を用いた可能性調査」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 菊池泰弘、中野良彦、中務真人、國松 豊、清水大輔、荻原直道、辻川 寛、高野 智、石田英實
    2012 「ケニア北部産・中期中新世の類人猿Nacholapithecus kerioiにおける下部胸椎形態」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 木村亮介、渡辺千晶、山口徹太郎、槇宏太郎、武田麻耶子、川口 亮、石田 肇
    2012 「WNT10Aの多型は歯冠サイズと関連する」第66回日本人類学会大会. 一般口演A08. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 久高将臣、深瀬 均、木村亮介、埴原恒彦、松村博史、佐宗亜依子、譜久嶺忠彦、石田 肇
    2012 「日本およびアジア集団におけるヒト四肢骨の形態的特徴」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 久保大輔、田邊宏樹
    2012 「頭蓋腔計測値からの小脳容積の推定:予備的研究」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 久保大輔、海部陽介、T. Sutikna、E. W. Saptomo、JATMIKO
    2012 「マイクロCTデータと三次元プリンターモデルを用いたLB1の頭蓋腔容積の修正」第66回日本人類学会大会. 一般口演C08. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 小林 靖、松井利康、灰塚嘉典、荻原直道、平井直樹、松村譲兒
    2012 「マカクザルにおける頭蓋内面の圧痕と脳表面との相関」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 米須学美、川口 亮、佐藤丈寛、石田 肇、山口今日子、渡邉千晶、木村亮介
    2012 「2D:4D比は性ホルモン関連形質の指標として妥当なのか?」第66回日本人類学会大会. 一般口演C10. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 近藤 修
    2012 「化石頭蓋のひずみと左右非対称性の評価:カフゼー9号」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 近藤 修
    2012 「ネアンデルタールの成長」第66回日本人類学会大会. シンポジウム15. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 佐宗亜依子、近藤 修
    2012 「縄文人骨の歯周疾患に関する予備的調査:千葉県姥山人骨を例に」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 佐藤丈寛、川口 亮、石田 肇、山口徹太郎、山本 健、河村正二、中込滋樹、間野修平、埴原恒彦、太田博樹、渡辺千晶、山口今日子、木村亮介
    2012 「ゲノムワイドSNPデータに基づく琉球列島の人々の集団構成」第66回日本人類学会大会. 若手会員大会発表賞対象セッションYB2. 2012.11.3. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 染田英利、譜久嶺忠彦、石田 肇
    2012 「国内の遺骨収集事例:沖縄」第66回日本人類学会大会. シンポジウム10. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 中込滋樹、間野修平、知念 寛、伊良波淳、金城福則、藤田次郎、石田 肇、木村亮介、竹山康章、向坂彰太郎、松井敏行、J.R. Kidd、K.K. Kidd、森田英利、H.S. Said、須田 亙、河村正二、服部正平、埴原恒彦、太田博樹
    2012 「琉球諸島と北部九州におけるクローン病の遺伝と環境の相互作用に関す人類学的考察」第66回日本人類学会大会. 若手会員大会発表賞対象セッションYB1. 2012.11.3. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 濱野理貴、荻原直道
    2012 「運動学データのみに基づくニホンザル二足歩行運動の逆動力学的解析」第66回日本人類学会大会. 若手会員大会発表賞対象セッションYA2. 2012.11.3. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 深瀬 均、分部哲秋、弦本敏行、佐伯和信、藤田祐樹、石田 肇
    2012 「日本列島における縄文時代人の体形の地域変異とその生態地理学的意義」第66回日本人類学会大会. 一般口演A02. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 松井利康、小林 靖
    2012 「頭蓋形態から脳区分を推測するための指標の開発 -ヒト幼児の頭蓋」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 松村秋芳、米田 穣、近藤 修、日本人類学会教育普及委員会
    2012 「日本人類学会教育普及委員会活動報告2012」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 道川隆士、森口昌樹、菱田寛之、鈴木宏正
    2012 「化石頭蓋の高精度復元のための幾何学処理技術」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 諸見里恵一、石田 肇、深瀬 均、山口今日子、木村亮介
    2012 「若年成人における関節可動域に見られる全身的共変動パターン」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 矢野 航、江木直子、高野 智、荻原直道、西村 剛
    2012 「霊長類3種の頭蓋顔面形態形成の比較研究」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 山口今日子、川口 亮、石田 肇、青木健一、渡辺千晶、木村亮介
    2012 「候補遺伝子アプローチによる日本人皮膚色の関連遺伝子多型の同定」第66回日本人類学会大会. 一般口演B08. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
2011
  • Kondo, O.
    2011 An application of fourier and wavelet transforms to two-dimensional images: quantification of human vertebral tuberculosis. 2nd International Symposium on Biological Shape Analysis, 2011.9.7-9. Okinawa, Japan.
  • 赤松美穂、菊池赳夫、荻原直道、近藤 修、田邊宏樹、深瀬 均、石田 肇、與儀 彰、村山貞之
    2011 「現代人における頭蓋骨と脳形態の対応関係の定量化」第65回日本人類学会大会.ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 安達 登、篠田謙一、梅津和夫、近藤 修、百々幸雄
    2011 「DNAが明らかにするアイヌの成立史(第2報)」第65回日本人類学会大会. 一般口演6. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 石崎直哉、白井裕介、福世裕貴子、石田 肇、K. Kidd、太田博樹、河村正二
    2011 「ヒト色覚多型の起源と適応的意味の解明を目指したL/Mオプシン遺伝子の人類集団多型解析(経過報告)」第65回日本人類学会大会.一般口演5. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 荻原直道
    2011 「頭蓋のかたち作りのプロセスを観る」第21回日本解剖学会関東支部懇話会. 2011.6.18. 神奈川:聖マリアンナ医科大学.
  • 荻原直道、鈴木宏正、道川隆士、近藤 修、石田 肇
    2011 「形状情報に基づく化石頭蓋破片組み立てシステムの開発」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 荻原直道、菊池赳夫、森田祐介、鈴木宏正、道川隆士、森口昌樹、近藤 修、久保大輔、石田 肇、深瀬 均、赤澤 威
    2011 「リファレンスデータベースを活用した化石頭蓋骨の形状復元」第65回日本人類学会大会. シンポジウム6. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 荻原直道、菊池赳夫、森田祐介、鈴木宏正、道川隆士、近藤 修、石田 肇
    2011 「大域的形状情報を活用した頭蓋組み立て支援システム」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 菊池赳夫、荻原直道、鈴木宏正、道川隆士、近藤 修、石田 肇、赤澤 威
    2011 「局所形状情報に基づく化石頭蓋破片組立システムの開発」2011.11.4. 第65回日本人類学会大会. 若手会員大会発表賞対象セッション1. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 菊池泰弘、中野良彦、中務真人、國松 豊、清水大輔、荻原直道、辻川 寛、高野 智、石田英實
    2011 「ケニア・中期新世の化石類人猿Nacholapithecus kerioiにおける環椎・軸椎形態」第65回日本人類学会大会.ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 久高将臣、深瀬 均、木村亮介、埴原恒彦、松村博文、佐宗亜依子、譜久嶺忠彦、石田 肇
    2011 「日本列島およびアジアにおけるヒト四肢骨の形態的特徴」第65回日本人類学会大会. 一般口演13. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 蔵元秀一、譜久嶺忠彦、久高将臣、石田 肇
    2011 「沖縄久米島近世人骨における距骨と脛骨蹲踞面の形成」第65回日本人類学会大会.分科会4. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 小林 靖
    2011 「頭蓋形態から脳区分を推測するための指標の開発 -カニクイザルの頭蓋と脳」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 小林 靖
    2011 「頭蓋形態から脳区分を推測するための指標の開発 -研究計画」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 近藤 修、Y. Kanjo、石田 肇、石井理子、小口 高、西秋良宏、仲田大人、赤澤 威
    2011 「デデリエ洞窟出土の新幼児人骨資料」第65回日本人類学会大会.一般口演1. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 近藤 修
    
 2011 「化石人類の脳・脳鋳型の形態学的研究について」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 佐藤丈寛、山口今日子、川口 亮、石田 肇、木村亮介
    2011 「本土日本 -琉球人集団間における体毛分布差異の統計学的評価」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 佐宗亜依子、近藤 修
    2011 「縄文人骨の歯牙における咬耗、外傷、及び疾患について:姥山貝塚と帝釈寄倉岩陰遺跡の比較」第65回日本人類学会大会. 一般口演3. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 鈴木宏正、道川隆士、森口昌樹
    2011 「頭蓋化石CT画像のセグメンテーション手法」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 中島厚士、重松正仁、後藤昌昭、石田 肇、埴原恒彦
    2011 「縄文時代人の地域変異、多様性とその由来:非計測的頭蓋形質による検討」第65回日本人類学会大会. 一般口演2. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 野中弘二、徐 勲健、中川侑助、近藤 修、石田 肇、赤澤 威、励 強華
    2011 「化石頭骨の変形過程を推定するための再現実験」第65回日本人類学会大会. 一般口演1. 2011.11.05. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 濱野理貴、荻原直道
    2011 「骨盤形態と二足歩行運動の移動効率の関係」第65回日本人類学会大会.若手会員大会発表賞対象セッション1. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 深瀬 均
    2011 「成長を通した下顎骨と歯牙の形態学的関連性 -ヒトとその他の霊長類を用いた比較研究からの考察-」第65回日本人類学会大会.分科会1. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 深瀬 均、分部哲秋、弦本敏行、佐伯和信、藤田祐樹、石田 肇
    2011 「先史時代と近代における沖縄諸島の人々の顔面骨形態の特徴 -それぞれの時代の本州の人々との比較-」第65回日本人類学会大会. 一般口演2. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 宮里絵理、山口今日子、深瀬 均、石田 肇、木村亮介
    2011 「3次元顔面画像データの特徴点による琉球および本土日本人の判別」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 森口昌樹、鈴木宏正、道川隆士、荻原直道、近藤 修
    2011 「曲面上での曲げエネルギー最小化による変形法」第65回日本人類学会大会. 一般口演11. 2011.11.06. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 森田祐介、菊池赳夫、荻原直道、金井 祟、鈴木宏正
    2011 「解剖学的特徴点間の最短経路探索に基づく頭蓋骨形態変異の定量化」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 諸見里恵一、山口今日子、深瀬 均、石田 肇、木村亮介
    2011 「若年成人の全身性関節弛緩性と左右の優位性との関係について」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 矢野 航、荻原直道
    2011 「島嶼化に伴うヤクシマザル(Macaca fuscata yakui)頭蓋骨の小型化と形状の特殊化」第65回日本人類学会大会.若手会員大会発表賞対象セッション3. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 山口今日子、宮里絵理、川口 亮、石田 肇、青木健一、木村亮介
    2011 「沖縄在住日本人の皮膚色変異とその遺伝的要素」第65回日本人類学会大会. ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
2010
  • 赤澤 威、西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、丹野研一、L. Gourichon、Y. Kanjo、S. Muhesen

    2010 「旧人ネアンデルタールと新人クロマニョンの交替劇を探る -シリア・デデリエ洞窟の2009年度調査」『第17回西アジア発掘調査報告会』2010.3.27.
  • 石田 肇

    2010 「アジアの更新世人類化石」『国際シンポジウム:後期旧石器時代のシベリアと日本 -最終氷期における人類の環境適応行動-』日本旧石器学会. 2010.11.28. 東京:慶應義塾大学.
  • 荻原直道、鈴木宏正、道川隆士、近藤 修、石田 肇

    2010 「3次元モデリング技術に基づく化石頭蓋の復元手法の開発」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 荻原直道、菊地赳夫、鈴木宏正、道川隆士、菱田寛之、近藤 修、石田 肇、赤澤 威

    2010 「3次元モデリング技術に基づく化石頭蓋の高精度復元」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』第64回日本人類学会大会シンポジウム. 2010.10.2. 北海道:だて歴史の杜カルチャーセンター.
  • 菊地赳夫、荻原直道、菱田寛之、鈴木宏正、近藤 修、赤澤 威

    2010 「曲面モデリングに基づく化石頭蓋組立システムの開発」精密工学会2010年度秋季大会学術講演会. 2010.9.27. 愛知:名古屋大学東山キャンパス.
  • 近藤 修、石田 肇、荻原直道


    2010 「新人・旧人化石頭蓋・脳鋳型の形態学的記載」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 鈴木宏正、荻原直道、道川隆士

    2010 「構造力学的特性を用いた復元頭蓋の化石片セグメンテーション手法」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
2009
  • 石田 肇

    2009 「沖縄・日本列島の最初の入植者は誰」『沖縄にネアンデルタール人は来たか』科学研究費補助金基盤研究(S)公開シンポジウム. 2009.4.11. 沖縄県立博物館.
  • 荻原直道、道川隆士、鈴木宏正

    2009 「ネアンデルタール人の脳の復元」『沖縄にネアンデルタール人は来たか』科学研究費補助金基盤研究(S)公開シンポジウム. 2009.4.11. 沖縄県立博物館.
  • 近藤 修
    2009 「ネアンデルタール人の成長」『日本解剖学会』2009.10. 関東支部所沢.
  • 近藤 修
    2009 「中期旧石器時代人類(アムッド3号、4号)側頭骨骨迷路の形態分析」(第2報)『日本人類学会』2009.10. 東京.
  • 近藤 修
    2009 「ネアンデルタール人のお産と成長、新人との違いを探る」『沖縄にネアンデルタール人は来たか』科学研究費補助金基盤研究(S)公開シンポジウム. 2009.4.11. 沖縄県立博物館.
  • 近藤 修、石田 肇
    2009 「マイクロCTによる中期旧石器化石人類(アムッド3号,4号)側頭骨骨迷路の観察」『日本解剖学会』2009.3. 岡山.
  • 西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、Y. Kanjo、S. Muhesen、赤澤 威
    2009 「西アジア旧石器時代末期の住居 シリア、デデリエ洞窟のナトゥーフィアン建築を中心に」『日本旧石器学会第7回講演・研究発表・シンポジウム』日本旧石器学会. 2009.6. 27-28. 鹿児島県立埋蔵文化財センター.
  • 西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、丹野研一、Y. Kanjo、S. Muhesen、赤澤 威
    2009 「現生人類の起源を探る -シリア・デデリエ洞窟の2008年調査」『第16回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会. 2009. 3.14-15.
2008
  • 近藤 修、中山光子、P. Pirttiniemi
    2008 「フィンランドSkolt Lapp頭蓋と現代日本人頭蓋形態比較」『日本人類学会』ポスター発表. 2008.11. 名古屋.
  • 近藤 修、豊田浩士、定藤規弘

    2008 「現代人脳と頭蓋形態の左右アシンメトリー:正中矢状断面の推定」『日本解剖学会』ポスター発表. 2008.3. 大分.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、丹野研一、Y. Kanjo、S. Muhesen、赤澤 威
    2008 「現生人類の起源を探る -シリア、デデリエ洞窟の2003-2007年度調査」西アジア考古学会『第15回西アジア発掘調査報告会』2008.3.15-16. 池袋サンシャインシティ.
2007
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、S. Muhesen、赤澤 威
    2007 「シリア、デデリエ洞窟にみられる後期ムステリアン石器群の年代的変化」『日本人類学会第61回大会』2007.10.6-8. 日本歯科大学新潟校.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、S. Muhesen、赤澤 威

    2007 「シリア、デデリエ洞窟のムステリアン石器群」『日本旧石器学会第5回大会』2007. 6. 23-24. 東京大学文学部.
2006
  • 赤澤 威、近藤 修、定藤規弘、豊田浩士、青木健一、奈良貴史、福本 敬、藤森智行、菱田寛之、鈴木宏正、M. Ponce de Leon、C.P.E. Zollikofer
    2006 『ネアンデルタールの脳とクロマニョンの脳』第60回日本人類学会大会シンポジウム『ネアンデルタールの脳とクロマニョンの脳』2006.11.3. 高知工科大学.
  • 赤澤 威、鈴木宏正、藤森智行、金井 崇、近藤 修、西秋良宏、S. Debruyne, 青木健一、定藤規弘、豊田浩士
    2006 『化石脳・脳と知の共進化』科学研究費補助金基盤研究(S). 第4回全体会議. 2006.5.19. 東京大学山上会館
.
  • 赤澤 威、定藤規弘、青木健一、近藤 修、西秋良宏、小林 靖、米田 穣、仲田大人、斎藤成也、石田 肇
    2006 『化石脳プロジェクト』科学研究費補助金基盤研究(S). 第3回全体会議. 2006.3.16. 生理学研究所.
  • 近藤 修
    2006 「ネアンデルタールの誕生と消滅」『日本進化学会シンポジウム』2006.8.30. 東京国立オリンピック記念青少年総合センター.
  • 近藤 修、福本 敬、藤森智行、菱田寛之、鈴木宏正
    2006 「アムッドの頭蓋とカフゼーの頭蓋:復元・形態比較」第60回日本人類学会大会シンポジウム『ネアンデルタールの脳とクロマニョンの脳』2006.11.3. 高知工科大学.
  • 奈良貴史、近藤 修
    2006 「アムッドの頭蓋とカフゼーの頭蓋:形態比較」第60回日本人類学会大会シンポジウム『ネアンデルタールの脳とクロマニョンの脳』2006.11.3. 高知工科大学.
  • 米田 穣、仲田大人、青木美千子、近藤 修、西秋良宏、赤澤 威
    2006 「シリア共和国デデリエ洞窟における年代推定:ナトウーフ文化遺構の放射性炭素年代」第60回日本人類学会大会ポスター発表. 2006.11.3-5. 高知工科大学.
2004
  • Ishida, H., O. Kondo, T. Hanihara, T. Wakebe, Y. Dodo. and T. Akazawa

  • Ishida, H., O. Kondo, T. Hanihara, T. Wakebe, Y. Dodo, and T. Akazawa
    2004 Variation in Neanderthal early ontogeny: Craniometric evidence from Dederiyeh children. 73rd Annual Meeting of The American Association of Physical Anthropologists, Tampa, Florida, USA.
  • Kondo, O. and H. Ishida
    2004 Postcranial robusticity and limb-length proportion In Neandertal children. 73rd Annual Meeting of The American Association of Physical Anthropologists, Tampa, Florida, USA.
  • Kondo, O., H. Ishida, J. Sawada, Y. Dodo, T. Nara, and T. Akazawa
    2004 Neandertal growth and development: cranial, postcranial and histomorphometric evidence from Dederiyeh children. 26e Congress Prehistorique de France. Avignon, France.
  • Sawada, J., Y. Dodo, O. Kondo, T. Nara, and T. Akazawa
    2004 Histomorphological study of Dederiyeh 1 Neanderthal child. 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Japan.
  • Zollikofer, C.P.E., M.S. Ponce de Leon, O. Kondo, H. Ishida, Y. Dodo, H. Suzuki, Y. Kobayashi, K. Tsuchiya, and T. Akazawa
    2004 New data on early developmental difference between Neanderthals and modern humans. The 73rd Annual Meeting of The American Association of Physical Anthropologists, Tampa, Florida, USA.
  • 赤澤 威、石田 肇、西秋良宏、近藤 修
    2004『化石人類研究の最前線:工学知の先史人類学への適応』公開シンポジウム. 2004.7.3. 高知工科大学・総合研究所.
  • 石田 肇
    2004 「化石は語る」文部科学省第18回「大学と科学」公開シンポジウム『アイデンティティに悩むネアンデルタール』2004.1.24-25. 東京国際交流館.
  • 近藤 修、鈴木宏正
    2004 「仮想復元で広がるイメージ」文部科学省第18回「大学と科学」公開シンポジウム『アイデンティティに悩むネアンデルタール』2004.1.24-25. 東京国際交流館.
2001
  • Kondo, O. and H. Ishida
    2001 Ontogenetic variation in the Dederiyeh Children: Postcranial evidence. The 70th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists. Kansas City, Missouri, USA.
  • 近藤 修、赤澤 威、S. Muhesen、石田 肇

    2001「現代人の起源を探る -デデリエ洞窟」『第7回西アジア発掘報告会』西アジア考古学会.
2000
  • Ishida, H., O. Kondo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2000 A new Neanderthal child recovered at Dederiyeh Cave, Syria in 1997-1998. The 69th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists. San Antonio, Texas, USA.
  • 石田 肇、近藤 修、米田 穣、野口 淳、S. Muhesen、赤澤 威
    2000 「1997-98年 シリア・デデリエ洞窟出土幼児人骨の頭蓋形態」『第54回日本人類学会大会』2000.11.5.
  • 百々幸雄、近藤 修、奈良貴史、赤澤 威、S. Muhesen
    2000 「デデリエ1号ネアンデルタール幼児頭蓋」日本解剖学会ミニシンポジウム8.『古人類の形態的特徴 最近の発掘から』2000.11.5. 東京:杏林大学.
1999
  • 赤澤 威、S. Muhesen、百々幸雄、近藤 修
    1999 「シリア国デデリエ洞窟出土のネアンデルタール小児人骨(デデリエ2号)」『日本人類学会大会』1999.3.30. 東京:杏林大学.
  • 石田 肇、近藤 修、赤澤 威、S. Muhesen
    1999 「シリア国デデリエ洞窟出土のネアンデルタール小児人骨(デデリエ2号)」日本解剖学会ミニシンポジウム8.『古人類の形態的特徴 -最近の発掘から』1999.3.30. 東京:杏林大学.
  • 近藤 修、百々幸雄、赤澤 威、S. Muhesen
    
1999 「デデリエ1号幼児人骨、四肢骨の形態について」『古人類の形態的特徴 -最近の発掘から』日本解剖学会ミニシンポジウム8. 1999.3.30. 東京:杏林大学.
1994
  • 赤澤 威、S. Muhesen、百々幸雄、近藤 修
    1994 「シリア・デデリエ・ネアンデルタール人」『日本沙漠学会第5回学術大会』1994.5.25. 東京.


C02

2015
  • 荻原直道、田邊宏樹
    2015 「化石脳から見た学習仮説」『なぜネアンデルタール人はいなくなったのか -学習仮説からの展望』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2015.7.5. 東京大学.
  • 河内山隆紀、田邊宏樹、長谷川国大、荻原直道
    2015 「計算論的解剖学による復元頭蓋骨を用いた脳形態復元」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 定藤規弘、田邊宏樹
    2015 「現代人脳機能地図作成 -社会認知能力のベースとしての共同注意における小脳の役割-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 杉浦元亮
    2015 「飽きに対する対処戦略の神経基盤と創造性との関連」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 田邊宏樹
    2015 「ネアンデルタール人の中身を探る」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 長谷川国大、河内山隆紀、田邊宏樹
    2015 「脳機能イメージグデータのメタ解析による現代人脳機能マップの作成」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 星野孝総、三谷慶太、三浦直樹、田邊宏樹、長井謙治
    2015 「ハノイの塔を用いた社会学習と固体学習差の検証実験」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 三浦直樹
    2015 「メタ解析に基づく道具使用の神経基盤の推定」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 水野 敬
    2015 「学習意欲および疲労耐性の神経基盤と脳形態情報」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
2014
  • Abe, S., T. Koike, B. Bosch, and N. Sadato
    2014 The pathway of inter-individual synchronization during eye contact enhanced by joint attention. Human Brain Mapping 2014 Conference. 2014.6.8-12. Hamburg, Germany.
  • Hasegawa, K., T. Kochiyama, H.C. Tanabe, and N. Ogihara
    2014 Reconstruction of the brain from skull fossil using computational anatomy. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Hoshino, Y., K. Mitani, N. Miura, H.C. Tanabe, and K. Nagai
    2014 fMRI experiment about executive function by difference of learning methods: Using Tower of Hanoi. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Koike, T., S. Abe, B. Bosch, and N. Sadato
    2014 Social interaction represented by inter-individual neural synchronization. Neural Oscillation Conference 2014. 2014.7.17-18. Okazaki, Aichi.
  • Miura, N., Y. Sasaki, K. Hasegawa, and H.C. Tanabe
    2014 Neural underpinning of creative thinking: A meta-analysis for neuroimaging data. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Miura, N., N. Shirasawa, and S. Kanoh
    2014 Cortical activity reflecting a tactical thinking to follow a rule: An fNIRS study. Society for Neuroscience 2014 Annual Meeting. 2014.11.15-19.Washington D.C., USA.
  • Miura, N., H.C. Tanabe, A.T. Sasaki, T. Harada, and N. Sadato
    2014 An fMRI study to clarify the nature of human's play. Human Brain Mapping 2014 Conference. 2014.6.8-12. Hamburg, Germany.
  • Mizuno, K.
    2014 Brain structural and functional analyses for motivation to learn, fatigue and cognitive function. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Sugiura, M., S. Hanawa, T. Nozawa, R. Nouchi, R. Yokoyama, Y. Kotozaki, T. Araki, and R. Kawashima
    2014 Neural correlates of coping strategy for boredom: Its relationship with creativity. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Sumiya, M., T. Koike, S. Okazaki, and N. Sadato
    2014 Listener's positive responses recruit reward-related neural circuitry of the speaker: an fMRI study. Society for Neuroscience 2014 Annual Meeting. 2014.11.15-19. Washington D.C., USA.
  • Tanabe, H.C., T. Kochiyama, N. Sadato, and O. Naomichi
    2014 Exploring the difference of brain anatomy and function between Neanderthals and Modern Humans: Neuroanatomical and functional neuroimaging approach. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Tanabe, H.C., T, Kochiyama, H. Amano, K. Hasegawa, O. Kondo, and N. Ogihara
    2014 Comparing shape of cranium between Neanderthal and modern humans using computational anatomy. Human Brain Mapping 2014 Conference. 2014.6.8-12. Hamburg, Germany.
  • 小池耕彦、田邊宏樹、岡崎俊太郎、J. Bosch、定藤規弘
    2014 「個体間での脳活動共振として表現される「社会性」」第37回日本神経科学大会. 2014.9.11-13. 神奈川:パシフィコ横浜.
  • 河内山隆紀
    2014 「計算解剖学による復元頭蓋骨を用いた脳形態復元と形態分析」第68回日本人類学会大会. 2014.11.1-3. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 河内山隆紀
    2014 「神経考古学における計算解剖学 -化石頭蓋からの脳復元」第37回日本神経科学大会. 2014.9.11-13. 神奈川: パシフィコ横浜.
  • 河内山隆紀、田邊宏樹、荻原直道
    2014 「計算論的解剖学による復元頭蓋骨を用いた脳形態復元」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 定藤規弘
    2014 「社会脳:共感と光社会行動の神経基盤:脳機能画像法によるアプローチ」第11回日本うつ病学会総会. 2014.7.19. 広島国際会議場.(招待講演)
  • 定藤規弘
    2014 「「私たち」の脳科学に向けて:2個人同時計測MRI研究」日本発達心理学会第25回大会. 2014.3.22. 京都大学.
  • 定藤規弘、田邊宏樹
    2014 「現代人脳機能地図作成:向社会行動のベースとしての共同注意の神経基盤」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 杉浦元亮
    2014 「飽きに対する対処戦略の神経基盤と創造性・学習能力との関連の解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 田邊宏樹
    2014 「旧人ネアンデルタールと新人ホモサピエンスのエンドキャスト形態差から考える脳機能差」第68回日本人類学会大会. 2014.11.1-3. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 田邊宏樹
    2014 「ネアンデルタール人の脳の仮想復元結果から考える」『ネアンデルタール人の脳機能と学習行動を探る』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2014.9.28. 東京大学.
  • 田邊宏樹
    2014 「旧人と新人の頭蓋形態差から考える脳機能差」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 星野孝総、三谷慶太、三浦直樹、田邊宏樹、長井謙治
    2014 「ハノイの塔を用いた社会学習と個体学習差の検証実験」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 三浦直樹
    2014 「創造性の神経基盤:メタ解析による機能地図の描出」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 三谷慶太、星野孝総、三浦直樹、田邊宏樹
    2014 「学習方法の違いに関するfMRI解析」第30回ファジィシステムシンポジウム2014. 2014.9.1-3. 高知城ホール.
  • 水野 敬
    2014 「学習意欲・疲労の神経基盤と脳形態解析」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
2013
  • Koike, T., H.C. Tanabe, S. Okazaki, and N. Sadato
    2013 Cerebral and cerebellar involvement in joint attention. Society for Neuroscience 2013 Annual Meeting. 2013.11.9-13. San Diego, USA.
  • Makita, K., H. Oishi, T. Kinoshita, K. Shimada, H.C. Tanabe, and N. Sadato
    2013 The impact of second language proficiency on an automatic process of written words: an fMRI study. Society for Neuroscience 2013 Annual Meeting. 2013.11.9-13. San Diego, USA.
  • Mizuno, K.
    2013 Study strategy for the neural bases associated with motivation to learn and fatigue resistance. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Mizuno, K.
    2013 Investigations of neural and anatomical bases of motivation to learn and fatigue. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University.
  • Sadato, N.
    2013 "We-mode" neuroscience using dual fMRI. The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. 2013.6.22. Kyoto.
  • Sugiura, M.
    2013 Neural correlates of boredom and boredom-coping strategies; possible relationship with creativity and learning ability. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Sugiura, M.
    2013 Neural correlates of coping strategy for boredom and its relationship with creativity and learning ability. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University.
  • Tanabe, H.C.
    2013 Diversity of learning abilities in modern humans: Psychological and cognitive neuroscientific perspectives. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Tanabe, H.C.
    2013 Neural basis of metacognition. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University.
  • 川道拓東
    2013 「社会学習を支える社会能力の神経基盤」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 河内山隆紀、田邊宏樹、荻原直道
    2013 「計算論的解剖学を利用した化石脳頭蓋骨から脳実質の再構成」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 定藤規弘
    2013 「「私たち」の脳科学に向けて:2個人同時計測MRI研究」日本心理学会第77回大会. 2013.9.20北海道:札幌コンベンションセンター.
  • 杉浦元亮
    2013 「飽きに対する対処戦略の神経基盤と創造性・学習能力との関連の解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 杉浦元亮
    2013 「飽きに対する対処戦略の神経基盤と創造性・学習能力との関連の解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 田邊宏樹
    2013 「心理学・認知神経科学からみたヒトの学習能力・社会能力の多様性」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 田邊宏樹
    2013 「メタ認知の神経基盤」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 田邊宏樹
    2013 「二台のMRIを繋げて共同注意の神経メカニズムを探る:We-mode neuroscienceの第一歩」日本心理学会第77回大会. 2013.9.20. 北海道:札幌コンベンションセンター.
  • 田邊宏樹
    2013 「二台のMRIを使って目と目で見つめ合っている時の脳活動を調べる」東海若手実験心理学研究会. 2013.2.23. 愛知:名古屋大学.(招待講演)
  • 田邊宏樹
    2013 「知能のモジュール性と認知的流動性を脳機能イメージングから考える」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 田邊宏樹、定藤規弘
    2013 「現代人脳機能地図生成:二つのタイプの共同注意の神経基盤を探る」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 三浦直樹、田邊宏樹、定藤規弘
    2013 「ヒト特有の「遊び」と内発的報酬の神経基盤との関係性の解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 水野 敬
    2013 「学習意欲と抗疲労に関する神経基盤研究」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 水野 敬
    2013 「学習意欲と疲労耐性による強化学習の神経基盤研究政略」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 水野 敬
    2013 「学習意欲と疲労に関する神経基盤と脳形態についての検討」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
2012
  • Hoshino, Y., N. Miura, and K. Nagai
    2012 Motion Analysis for Stone-Knapping of the Skilled Levallois Technique. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kawamichi, H., K. Yoshihara, R. Kitada, M. Matsunaga, A. Sasaki, Y. Yoshida, H. Takahashi, and N. Sadato
    2012 Study Implication Related to Sense of Acceptance: Key Factor of Social Learning. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kochiyama, T., H.C. Tanabe, N. Ogihara
    2012 Reconstruction of the Brain from Skull Fossil Using Computational Anatomy. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kudo, D. and H.C. Tanabe
    2012 Cerebellar Size Estimation from Endocranial Measurements. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Miura, N., K. Nagai, M. Yamazaki, Y. Yoshida, H.C. Tanabe, T. Akazawa, and N. Sadato
    2012 Brain Activation Related to the Imitative Learning of Bodily Actions Observed during the Construction of a Mousterian Stone Tool: A Functional Magnetic Resonance Imaging Study. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Mizuno, K.
    2012 Neural Substrates of Motivation to Learn and Fatigue. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Sadato, N. and H.C. Tanabe
    2012 Neural substrates and inter-individual functional connectivity during mutual gaze and joint attention using dual functional MRI. ICME International Conference on Complex Medical Engineering. 2012.7.2. Kobe, Hyogo.
  • Sadato, N.
    2012 Inter-individual neural synchronization during eye-contact and joint attention. Social Cognition, Engagement and the Second-Person-Perspective International Conference. 2012.5.25-27. Koln, Germany. (招待講演)
  • Sadato, N.
    2012 Inter-individual neural synchronization eye-contact and joint attention. 42nd NIPS International Symposium. 2012.3.6. Okazaki, Aichi.
  • Sasaki, A.T., T. Kochiyama, M. Sugiura, H.C. Tanabe, and N. Sadato 2012 Brain networks for automatic mimicry: an fMRI and DCM study. Social Cognition, Engagement and the Second-Person-Perspective International Conference. 2012.5.25-27. Koln, Germany.
  • Tanabe, H.C.
    2012 Innovative Society and Social Brains. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Tanabe, HC, T. Koike, N. Sadato
    2012 Inter- and intra-brain functional connectivity during eye contact and joint attention: a hyper-scanning functional MRI study. Social Cognition, Engagement and the Second-Person-Perspective International Conference. 2012.5.25-27. Koln, Germany.
  • 川道拓東
    2012 「模倣行為と動機付けの連関における神経基盤の解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 河内山隆紀、田邊宏樹
    2012 「計算論的解剖学を利用した化石脳頭蓋骨から脳実質の再構成」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 定藤規弘
    2012 「脳機能画像法をもちいた社会能力発達過程へのアプローチ」第52回脳の医学・生物学研究会.2012.3.10. 愛知:名城大学名駅サテライト会議室. (招待講演)
  • 定藤規弘
    2012 「社会能力の神経基盤:脳機能画像法によるアプローチ」第7回日本統合失調症学会.2012.3.17. 愛知県産業労働センター. (招待講演)
  • 田邊宏樹
    2012 「旧人ネアンデルタールの脳を復元して新人サピエンスの脳と比べる」『旧人と新人のもの作りとその心』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講座第3回. 2012. 9.15. 東京:慶應義塾大学三田キャンパス.
  • 田邊宏樹、定藤規弘
    2012 「現代人脳機能地図生成:創造性をめぐる諸能力とその神経基盤」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 三浦直樹
    2012 「人の発達過程における脳の構造・認知機能の変化」第66回日本人類学会大会. シンポジウム15. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 三浦直樹、星野孝総、長井謙治
    2012 「問題解決のための創造的適応的行動の選択に関与する神経基盤の解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 水野 敬
    2012 「内発的報酬による強化学習の神経基盤解明に向けて」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
2011
  • Kawamichi, H., H.C. Tanabe, H.K. Takahashi, K. Shimada, and N. Sadato
    2011 Directed altruism induced by "warm-glow" through empathy: an fMRI study. 17th Annual Meeting of the Organization on Human Brain Mapping. 2011.6.27. Quebec, Canada.
  • Kawamichi, H., R. Kitada, K. Yoshihara, H.K. Takahashi, and N. Sadato
    2011 Activation of the reward system by joining hands with familiar person: an fMRI study. 2011.07.17. The 8th IBRO World Congress of Neuroscience. Florence, Italy.
  • Kawamichi, H., A.T. Sasaki, H.K. Takahashi, H.C. Tanabe, and N. Sadato
    2011 Empathy for social positive emotion activates cognitive empathy network. The 41th Annual Meeting of the Society for Neuroscience. 2011.11.16. Washington DC, USA.
  • Makita, K., H., Yokokawa, H.C. Tanabe, H. Yoshida, M. Murase, and N. Sadato
    2011 The role of the right cerebellum during foreign language vocabulary learning enhanced by the phonological loop: an fMRI study. The 41th Annual Meeting of the Society for Neuroscience. 2011.11.22. Washington DC, USA.
  • Miura, N., T. Akazawa, M. Yamazaki, K. Nagai, Y. Yoshida, H.C. Tanabe, and N. Sadato
    2011 Learning effect on cortical activity during implicit imitation of bimanual tool production and word speech. 17th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping. 2011.6.27. Quebec, Canada.
  • Miura, N., K. Nagai, M. Yamazaki, T. Akazawa, Y. Yoshida, H.C. Tanabe, and N. Sadato
    2011 Learning effect on cortical activity during implicit imitation of bimanual tool production and word speech. The 17th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping. June 26-30, 2011. The Centre des Congres de Quebec, Quebec City, Canada.
  • Mizuno, K., M. Tanaka, H.C. Tanabe, J. Kawatani, T. Jodoi, A. Tomoda, T. Miike, K. Imai-Matsumura, N. Sadato, and Y. Watanabe
    2011 Divided Attention and Childhood Chronic Fatigue Syndrome (CCFS). The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuroscience 2011). 2011.9.17. Pacifico Yokohama, Japan.
  • Sasaki, A.T., T. Kochiyama, M. Sugiura, H.C. Tanabe, and N. Sadato
    2011 Neural networks for action representation. The 15th annual meeting of the Association for the Scientific Study of Consciousness. 2011.6.11. Kyoto, Japan.
  • Sadato, N.
    2011 The Neural Basis of Social Reward and Decision-Making. The First International Society for Social Neuroscience Symposium. 2011.1. Shanghai, China.
  • 赤松美穂、菊池赳夫、荻原直道、近藤 修、田邊宏樹、深瀬 均、石田 肇、與儀 彰、村山貞之
    2011 「現代人における頭蓋骨と脳形態の対応関係の定量化」第65回日本人類学会大会.ポスター発表. 2011.11.4. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 岡本悠子、小坂浩隆、北田 亮、田邊宏樹、棟居俊夫、石飛 信、林正道、齋藤大輔、河内山隆紀、谷中久和、大森晶夫、和田有司、岡沢秀彦、定藤規弘
    2011 「自閉症スペクトラムにおけるEBAの機能低下 -相互模倣時の自他の動作の比較に関わる神経基盤」第13回日本ヒト脳機能マッピング学会. 2011.9.2. 京都国際会議場.
  • 岡本悠子、小坂浩隆、北田 亮、田邊宏樹、棟居俊夫、石飛 信、林 正道、齋藤大輔、谷中久和、河内山隆紀、大森昌夫、和田有司、岡沢秀彦、定藤規弘
    2011 自閉症スペクトラムにおけるExtrastriate body area (EBA) の機能低下―相互模倣時の自他の動作の比較にかかわる神経基盤. 第34回日本神経科学大会. 2011.9.16. 神奈川:パシフィコ横浜.
  • 川道拓東
    2011 「模倣行為と動機付けの連関における神経基盤の解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 川道拓東、田邊宏樹、高橋陽香、定藤規弘
    2011 「温情効果を介して向社会行動の動因となる共感に親密さが与える影響」第34回日本神経科学大会.2011.09.17. 神奈川:パシフィコ横浜.
  • 川道拓東、北田 亮、吉原一文、佐々木章宏、高橋陽香、定藤規弘
    2011 「fMRIを用いた手つなぎ時の脳活動計測」第16回認知神経科学会学術集会. 2011.10.22. 福岡:産業医科大学.
  • 河内山隆紀
    2011 「SPM による脳機能画像データ解析」第14回日本光脳機能イメージング研究会. 2011.7.23. 東京:星陵会館. (招待講演)
  • 河内山隆紀、田邊宏樹
    2011 「計算論的解剖学を利用した化石脳頭蓋骨から脳実質の再構成の試み」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 佐々木章宏、河内山隆紀、杉浦元亮、田邊宏樹、定藤規弘
    2011 「視覚運動的な動作表象を担う脳内ネットワーク」第13回日本ヒト脳機能マッピング学会.2011.9.2. 京都国際会議場.
  • 定藤規弘
    2011 「社会能力の発達過程:脳機能画像法によるアプローチ」第58回中部日本生理学会.2011.11.1. 福井県県民ホール. (招待講演)
  • 定藤規弘
    2011 「社会能力の発達過程:脳機能画像法によるアプローチ」第26回日本生体磁気学会. 2011.6.3. 福岡:九州大学百年講堂.
  • 定藤規弘
    2011 「意図理解の神経基盤」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 田邊宏樹、河内山隆紀
    2011 「現代人脳機能地図の化石脳への写像法への第一歩」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 田邊宏樹、定藤規弘
    2011 「現代人脳機能地図生成:共同注意の神経基盤と社会的文脈における学習の関係」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 田邊宏樹、定藤規弘
    2011 「二台の機能的MRI同時計測による見つめ合い(mutual gaze)および共同注意(joint attention)の神経基盤と二個体間の機能的結合」第二回名古屋大学・生理学研究所合同シンポジウム 2011.8.20. 名古屋大学医学部.
  • 田邊宏樹、定藤規弘
    2011 「社会的文脈における学習 -社会的認知能力と創造性-」2011.11.6. 第65回日本人類学会大会.シンポジウム6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 田邊宏樹、定藤規弘、川道拓東
    2011 「見て聞いて感じてみよう!心と体の不思議」生理学研究所一般公開. 2011.11.5. 愛知:生理学研究所.
  • 三浦直樹、長井謙治、星野孝総
    2011 「三次元動作計測を用いた熟練者の石器制作工程の身体動作解析」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 三浦直樹、星野孝総、長井謙治
    2011 「ルヴァロア剥片制作における熟練行動の運動的特徴抽出」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 水野 敬
    2011 「内発的報酬による意欲喚起の神経基盤」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 水野 敬
    2011 「内発的報酬による社会・個体学習強化の神経基盤解明のための研究戦略」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
2010
  • 定藤規弘
    2010 「ネアンデルタール人の脳、新人との違いを探る:イメージング手法による学習と創造性へのアプローチ」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 田邊宏樹
    2010 「現代人脳の学習機能地図作成と化石脳への写像法の確立へ向けて」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 田邊宏樹
    2010 「脳科学の最前線:教育学への可能性を探る -神経科学の立場から」佛教大学開学100周年記念事業総合研究所公開シンポジウム. 2010.10.20. 京都:佛教大学常照ホール. (招待講演)
  • 田邊宏樹、定藤規弘、赤澤 威
    2010 「旧人・新人の学習行動に関する脳機能マップの作成」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』第64回日本人類学会大会シンポジウム. 2010.10.2. 北海道:だて歴史の杜カルチャーセンター.
  • 三浦直樹
    2010 「三次元動作解析を用いた熟練者および初心者の石器製作工程の身体動作比較」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
2009
  • 定藤規弘:生理学研究所
    2009 「ネアンデルタール人の脳、新人との違いを探る」『沖縄にネアンデルタール人は来たか』2009.4.11. 科学研究費補助金基盤研究(S)公開シンポジウム. 沖縄県立博物館.
2008
  • Miura, N., M. Sugiura, M. Takahashi, Y. Sassa, T. Moridaira, A. Miyamoto, Y. Kuroki, and R. Kawashima
    2008 An advantage of bipedal humanoid robot on the empathy generation: a neuroimaging study. The 2008 IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems. 2465-2470.
  • 近藤 修、豊田浩士、定藤規弘

    2008 「現代人脳と頭蓋形態の左右アシンメトリー:正中矢状断面の推定」『日本解剖学会』ポスター発表. 2008.3. 大分.
2007
  • Sadato N. and H. Toyoda
    2006 Simultaneous measurement of hemoglobin concentration changes and BOLD signal response during visual stimulation by NIRS and fMRI. 2007.7. 第29回日本神経科学大会. Kyoto.
  • Tanabe, H.C. and N. Sadato
    2007 Dissociable contributions of ventro- and dorso-lateral prefrontal cortex to arbitrary paired-association learning through their roles in working memory: A functional MRI study. 13th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping. 2007.6. Chicago, USA.
  • 豊田浩士、定藤規弘
    2007 「機能的磁気共鳴画像と近赤外分光法の同時計測を用いたBOLD信号変化の生理学的構成成分の推定」『第9回日本ヒト脳機能マッピング学会』2007.3. 秋田.
2006
  • 赤澤 威、鈴木宏正、藤森智行、金井 崇、近藤 修、西秋良宏、S. Debruyne、青木健一、定藤規弘、豊田浩士
    2006 『化石脳・脳と知の共進化』科学研究費補助金基盤研究(S) 第4回全体会議. 2006.5.19. 東京大学山上会館.
  • 赤澤 威、定藤規弘、青木健一、近藤 修、西秋良宏、小林 靖、米田 穣、仲田大人、斎藤成也、石田 肇
    2006 『化石脳プロジェクト』科学研究費補助金基盤研究(S) 第3回全体会議. 2006.3.16. 愛知:生理学研究所
  • 赤澤 威、近藤 修、定藤規弘、豊田浩士、青木健一、奈良貴史、福本 敬、藤森智行、菱田寛之、鈴木宏正、M. Ponce de Leon、C.P.E. Zollikofer
    2006 『ネアンデルタールの脳とクロマニョンの脳』第60回日本人類学会大会シンポジウム. 2006.11.3. 高知工科大学.
  • 定藤規弘、豊田浩士
    2006 「化石ヒト化石からの3次元仮想脳復元」『ネアンデルタールの脳とクロマニョンの脳』第60回日本人類学会大会シンポジウム. 2006.11.3. 高知工科大学.

Research Project on Replacement of Neanderthals by Moderan Humans: Testing Evolutionary Models of Learning
Supported by the Ministry of Education, Culture, ports, Science & Technology Japan
Project Office: Kouchi University of Technology,CIC Tokyo 302/ 3-3-6 Shibaura, Minato-ku, Tokyo, Zip:108-0023;
TEL: +81-(0)3-5440-9039 FAX: +81-(0)3-5440-9119 Contact: koutaigeki@gmail.com;
Copyright all reserved by RNMH Project Group, 2012, 2013; Updated: 2016/12/09