交替劇 TOP  |   A01 TOP  |   リンク  |   研究班専用ページ  |  



2015
  • Akazawa, T. and Y. Nishiaki
    (in press) The Palaeolithic cultural sequence of Dederiyeh Cave. In Y. Enzel and O. Bar-Yosef (eds.) Quaternary Environments, Climate Change, and Humans in the Levant. Oxford: Oxford University Press.
  • 新井才二、O. Aripdjanov、仲田大人、三木健裕、大森貴之、R. Suleymanov、西秋良宏 2015 「ウズベキスタン、アンギラク洞窟出土の動物骨にみる中期旧石器時代人の動物利用」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 10: 38.
  • 小野 昭
    2015 「組み合わせ狩猟具が出現するまで:シェーニンゲンの木製槍と狩猟対象動物」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』31-34. A01班研究報告書No. 5.
  • 加藤真二、國木田大、髙倉 純、森川 実、芝康次郎、長沼正樹、尾田識好
    2015 「華北土器出現期に関する予察」佐藤宏之編『第16回北アジア調査研究報告会要旨集』31-34.
  • 加藤博文
    2015 「シベリア・北アジア旧石器文化研究と交替劇 -学史的観点からの整理と現状-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』23-30. A01班研究報告書No. 5.
  • 門脇誠二
    2015 「交替劇と学習仮説に関わるアフリカと西アジアの考古学研究:総括と展望」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』12-22. A01班研究報告書No. 5.
  • 門脇誠二
    2015 「ホモ・サピエンスの地理分布拡大に伴う考古文化の変化パターン:北アフリカ・西アジア・ヨーロッパの事例」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人3 -ヒトと文化の交替劇』3-19. 東京: 六一書房.
  • 門脇誠二、F. Guliyev、下釜和也、仲田大人、赤司千恵、新井才二、三木健裕、西秋良宏
    2015南コーカサス地方の新石器時代-日本・アゼルバイジャン調査団第7次発掘調査(2014年)」西アジア考古学会編『古代オリエント世界を掘る -第22回西アジア発掘調査報告会』40-46.
  • 門脇誠二
    2015 「イノベーションと人類史」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 10: 21.
  • 近藤康久
    2015 「交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースNeander DB構築のまとめ」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』72-79. A01班研究報告書No. 5.
  • 近藤康久、佐野勝宏、門脇誠二、長沼正樹、西秋良宏
    2015 「交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースNeander DB構築のまとめ」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 10: 40.
  • 佐野勝宏
    2015 「複合的狩猟技術の出現-新人のイノベーション」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人3-ヒトと文化の交替劇』127-139. 東京: 六一書房.
  • 佐野勝宏
    2015 「ヨーロッパにおける旧人・新人交替劇の真相理解に向けて」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』35-46. A01班研究報告書No. 5.
  • 佐野勝宏(編)
    2015 『ネアンデルタール人の絶滅の謎に迫る』公開講演会. 東京大学.
  • 佐野勝宏
    2015 「開催趣旨」佐野勝宏編『ネアンデルタール人の絶滅の謎に迫る』1. 公開講演会予稿集.
  • 佐野勝宏
    2015 「ネアンデルタール人の絶滅プロセスとその背景」佐野勝宏編『ネアンデルタール人の絶滅の謎に迫る』2-3. 公開講演会予稿集.
  • 佐野勝宏、大森貴之
    2015 「ヨーロッパにおける新人・旧人の交替劇プロセス」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人3 -ヒトと文化の交替劇』20-35. 東京: 六一書房.
  • 髙倉 純
    2015 「新大陸への新人の拡散 -新人の拡散過程に関する比較考古学的アプローチ」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人3 -ヒトと文化の交替劇』65-89. 東京: 六一書房.
  • 髙倉 純
    2015 「石核集中の形成過程をめぐる一考察 -学習行動という視点から-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』100-109. A01班研究報告書No. 5.
  • 髙倉 純
    2015 「旧石器時代遺跡にみる石器製作技術伝達のための学習行動の変異」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 10: 42.
  • 長井健二
    2015 「朝鮮半島における旧人・新人「交替劇」と実験考古学:これまでの歩み」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』47-54. A01班研究報告書No. 5.
  • 長井健二
    2015 「朝鮮半島からみた後期旧石器化の画期」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 10: 44.
  • 仲田大人
    2015 「東ユーラシアからみた日本列島の交替劇」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』80-89. A01班研究報告書No. 5.
  • 仲田大人
    2015 「日本旧石器時代の文化進化」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人3 -ヒトと文化の交替劇』81-93. 東京: 六一書房.
  • 仲田大人
    2015 「交替劇からみた日本列島の初期旧石器群」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 10: 46-47.
  • 長沼正樹
    2015 「交替劇とユーラシア大陸東部の考古遺跡情報」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』55-70. A01班研究報告書No. 5.
  • 長沼正樹
    2015 「新人拡散期の石器伝統の変化 -ユーラシア東部-」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人3 -ヒトと文化の交替劇』49-62. 東京: 六一書房.
  • 長沼正樹、加藤博文
    2015 「草原景観と旧石器時代における人類移住ルートの可能性」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 10: 49.
  • 中村雄紀、石井龍太
    2015 「カメルーン南東部、バカ・ピグミーにおける槍の製作と学習」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』100-120. A01班研究報告書No. 5.
  • 西秋良宏
    2014 「はじめに」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人3 -ヒトと文化の交替劇』i–ii. 東京: 六一書房.
  • 西秋良宏
    2015 「ヒトと文化の交替劇,その多様性 -あとがきにかえて」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人3 -ヒトと文化の交替劇』176-189. 東京: 六一書房.
  • 西秋良宏
    2015 「旧人・新人交替劇と両者の学習行動の違いに関わる考古学的研究 -2014年度の取り組み-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』1-11. A01班研究報告書No. 5.
  • 西秋良宏(編)
    2015 『ホモ・サピエンスと旧人3 -ヒトと文化の交替劇』東京: 六一書房.
  • 西秋良宏(編)
    2015 『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』A01班研究報告書No. 5. 東京大学総合博物館.
  • 西秋良宏、O. Aripdjanov、R. Suleymanov、長沼正樹、仲田大人、三木健裕 2015 「北ユーラシ アの旧人・新人交替劇 -第2次ウズベキスタン旧石器遺跡調査(2014年)」日本西アジア考古学会編『古代オリエント世界を掘る -第22回西アジア発掘調査報告会』14-19.
  • 西秋良宏
    2015 「考古学から見た交替劇」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 10: 15.
  • 日暮泰男
    2015 「投槍器の実験考古学的およびバイオメカニクス的研究」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5』90-99. A01班研究報告書No. 5.
  • 日暮泰男
    2015 「槍先端部の質量が槍の飛距離におよぼす影響」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 10: 50.
  • 松本直子
    2015 「縄文から弥生への文化変化」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人3 -ヒトと文化の交替劇』110-123. 東京: 六一書房.
  • 松本直子
    2015 「新人・旧人の認知能力をさぐる考古学」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人3 -ヒトと文化の交替劇』140-150. 東京: 六一書房
2014
  • Akazawa, T. and Y. Nishiaki (eds.)
    2014 RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003, Kochi University of Technology.
  • Guliyev, F. and Y. Nishiaki
    2014 Excavations at the Neolithic settlement of Göytepe, West Azerbaijan, 2010-2011. In P. Bieliński, M. Gawlikowski, R. Koliński, D. Ławecka, A. Sołtysiak, and Z. Wygnańska (eds) Proceedings of the 8th International Congress of the Archaeology of the Ancient Near East, Vol. 2: Fieldwork and Recent Research, pp. 3-16. Wiesbaden: Harrassowitz Verlag, Germany.
  • Henry, D., S. Kadowaki, and S. Bergin
    2014 Stratigraphic identification and spatial examination of house floors at Ayn Abū Nukhayla. In: The Sands of Time: The Desert Neolithic Settlement at Ayn Abū Nukayla, edited by D.O. Henry and J.E. Beaver, pp. 287-313. Berlin: ex oriente, Germany.
  • Higurashi, Y.
    2014 On the mechanics of the spear thrower. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 135-136.
  • Jöris, O.
    2014 Lives to learn? The biology and culture of Neanderthal and early Modern Human learning behaviours. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 80.
  • Kadowaki, S.
    2014 West Asia: Paleolithic. In C. Smith (ed.) Encyclopedia of Global Archaeology, pp. 7769-7786. New York: Springer, USA.
  • Kadowaki, S.
    2014 Groundstones and grinding technology. In D.O. Henry and J.E. Beaver (eds.) The Sands of Time: The Desert Neolithic Settlement at Ayn Abū Nukayla, pp. 259-285. Berlin: ex oriente, Germany.
  • Kadowaki, S.
    2014 Diffusion or progressive integration? Re-considering the widespread distributions of early UP/LSA bladelet technologies from west Asia to south Europe and from east Africa to south Asia. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 68-70.
  • Kaifu, Y., M. Izuho, T. Goebel, H. Sato, and A. Ono (eds.)
    2014 Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Paleolithic Asia. College Station: Texas A&M University Press, USA.
  • Kato, H.
    2014 The Hokkaido sequence and the archaeology of the Ainu people. In C. Smith (ed.) The Encyclopedia of Global Archaeology, pp. 3428-3435 New York: Springer, USA. DOI 10.1007/978-1-4419-0465-2.
  • Kobayashi, Y., S. Kadowaki, and M. Naganuma
    2014 A population-genetics based model for explaining apparent cultural continuity from the Middle to Upper Palaeolithic in Eurasia. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 154-155.
  • Kondo, Y.
    2014 Cost surface analysis based on ecological niche probability to estimate relative rapidity of the dispersals of early Modern Humans. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 61-63.
  • Nakata, H.
    2014 The emergence of the Upper Palaeolithic in the Japanese archipelago. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 133-134.
  • Nishiaki, Y.
    2014 Steppe exploitation by Bronze Age communities in the Middle Euphrates Valley, Syria. In D. Morandi Bonacossi (ed.) Settlement Dynamics and Human-Landscape Interaction in the Steppes and Deserts of Syria, pp. 111-124. Studia Chaburensia 4. Wiesbaden: Otto Harrassowitz, Germany.
  • Nishiaki, Y.
    2014 The Chalcolithic flaked stone artifacts from Tell Beydar III, the Upper Khabur, Syria. In: L. Milano and M. Lebeau (eds.) Tell Beydar -Environmental and Technical Studies, Vol. II, pp. 229-243. Subartu 33. Turnhout: Brepols, Belgium.
  • Nishiaki, Y.
    2014 The RNMH project: A summary. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 124.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjou, and T. Akazawa
    2014 The Neanderthal occupations at Dederiyeh Cave, Syria. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 131-132.
  • Nishiaki, Y., O. Aripdjanov, R. Suleymanov, H. Nakata, S. Arai, T. Miki, T. Omori, and J. Ismailova
    2014 New insight into the end of the Middle Palaeolithic in Central Asia. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 73-74.
  • Ono, A., M. D. Glascock, Y. V. Kuzmin, and Y. Suda
    2014 Introduction: Characterisation and provenance studies of obsidian in northeast Asia: The view from the early 2010s. In A. Ono, M. D. Glascock, Y. V. Kuzmin, and Y. Suda (eds.) Methodological Issues for Characterisation and Provenance Studies of Obsidian in Northeast Asia, pp. 1-10. BAR International Series 2620, Oxford: Archaeopress, UK.
  • Omori, T. and K. Sano
    2014 Spatiotemporal pattern of the Middle to Upper Paleolithic transitional lithic industries in Europe: A new approach for reliability assessment of radiocarbon data, In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 66.
  • Sano, K. and T. Omori
    2014 Replacement process of Neanderthals by Modern Humans in Europe. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 67.
  • Sano, K. and M. Oba
    2014 Projectile experimentation for identifying hunting methods with replicas of Upper Palaeolithic weaponry from Japan. In J. Marreiros, N. Binch and J. Giabja (eds.) International Conference on Use-Wear Analysis: Use-Wear 2012, pp. 474-486. Cambridge Scholars Publishing, UK.
  • Takakura, J.
    2014 Toward an understanding of learning strategy in the Upper Paleolithic: A case study in Hokkaido, Northern Japan. In T. Akazawa and Y. Nishiaki (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.003: 85-87.
  • Yamada, M. and A. Ono (eds.)
    2014 Lithic Raw Material Exploitation and Circulation in Prehistory: A Comparative Perspectives in Diverse Palaeoenvironments. ERAUL 138. Université de Liège, Belgium.
  • 石井龍太、中村雄紀、林 耕次
    2014 「現生狩猟採集民における居住空間構造に関する民族誌調査 -カメルーン南東部地域の事例から」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』78-84. A01班研究報告書No. 4.
  • 石井龍太
    2014 「民族考古学からみた狩猟具の製作と学習 -カメルーン南東部の槍調査結果から-」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』75-89. 東京: 六一書房.
  • 大森貴之
    2014 「ヨーロッパにおける新人拡散期の高精度年代」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 22.
  • 小野 昭
    2014 「考古学による人間・人類の定義」『考古学研究会60周年記念誌 -考古学研究60の論点』3-4.
  • 小野 昭
    2014 「石材獲得と地域差」『中・四国旧石器文化談話会30周年記念シンポジウム -石器石材と旧石器社会記録集』39-40.
  • O. Jöris
    2014 「ネアンデルタール人の利き腕と学習行動 -ドイツ、ブーレン遺跡出土中期旧石器時代削器の分析より-」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』28-43. 東京: 六一書房.
  • 加藤博文
    2014 「東シベリアの後期旧石器初頭の様相:交替劇の視点から見たその特徴と系統性」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』20-31. A01班研究報告書No. 4.
  • 加藤博文
    2014 「考古資料から民族はどう描けるか」『考古学研究会60周年記念誌 -考古学研究60の論点』93-94.
  • 加藤博文
    2014 「シベリアにおける後期旧石器初頭の石器群の多様性の検討」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 44.
  • 門脇誠二
    2014 『ホモ・サピエンスの起源とアフリカの石器時代 -ムトングウェ遺跡の再評価-』名古屋大学博物館.
  • 門脇誠二
    2014 「ホモ・サピエンス拡散期の東アフリカにおける石器文化」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』8-19. A01班研究報告書No. 4.
  • 門脇誠二(編) 2014 『石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相』A01班公開シンポジウム要旨集. 名古屋大学.
  • 門脇誠二
    2014 「新人拡散期の西アジアとアフリカの石器文化」門脇誠二編『石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相』1.
  • 門脇誠二
    2014 「初期ホモ・サピエンスの学習行動 -アフリカと西アジアの考古記録に基づく考察-」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』3-18. 東京: 六一書房.
  • 門脇誠二
    2014 「エミラン文化の再検討:多様性とその「旧人・新人交替劇」への示唆」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 98.
  • 門脇誠二
    2014 「「交替劇」問題を解く鍵 -新人拡散、社会・文化変化、多様性」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 28.
  • 門脇誠二
    2014 「新人拡散期の石器伝統の変化:アフリカ、西アジア、ヨーロッパ」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 30.
  • 近藤康久
    2014 「交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースNeander DBの今後」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』61-64. A01班研究報告書No. 4.
  • 近藤康久
    2014 「ヨーロッパにおける旧人と新人の生態ニッチモデル」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 25.
  • 近藤康久
    2014 「RNMH-iii: 交替劇プロジェクトにおける研究情報統合事業(第2報)」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 96.
  • 近藤康久、佐野勝宏、阿部彩子、大森貴之、大石龍太、門脇誠二、W. Chen、長沼正樹、小口 高、米田 穣、西秋良宏
    2014 「生態ニッチ確率の逆数を負荷係数とする移動コスト分析によって大陸スケールでの人類拡散速度を推定する」『第68回日本人類学会大会プログラム・抄録集』44.
  • 佐野勝宏
    2014 「国際ワークショップNeanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviorsに参加して」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』85-90. A01班研究報告書No. 4.
  • 佐野勝宏
    2014 「東北地方における後期旧石器時代狩猟具の投射方法に関する実験研究」『日本旧石器学会第12回講演・研究発表シンポジウム予稿集 石材の獲得・消費と遺跡群の形成』26-29.
  • 佐野勝宏
    2014 「ヨーロッパ旧人遺跡に見る学習の証拠」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学から見た学習』19-27. 東京: 六一書房.
  • 佐野勝宏
    2014 「ネアンデルタール人世界への新人進出 -考古文化、年代、気候、植生、生態」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 18.
  • 佐野勝宏
    2014 「ヨーロッパにおける交替劇プロセス」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 20.
  • 髙倉 純
    2014 「石器接合資料から割り手の交替を読み取る -北海道紋別郡遠軽町旧白滝5遺跡の出土資料を事例に-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』71-77. A01班研究報告書No. 4.
  • 髙倉 純
    2014 「石器製作技術にみる学習戦略の進化 -動作連鎖と階層性の視点から-」寺嶋秀明編『狩猟採集民の調査に基づくヒトの学習行動の実証的研究4』46-56. A02班研究報告書No. 4.
  • 髙倉 純
    2014 「北海道の石刃鏃石器群再考」大貫静夫、福田正宏編『環日本海北回廊における完新世初頭の様相解明』91-106.
  • 高倉 純
    2014 「新大陸への新人拡散:「交替劇」への示唆」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 38.
  • 高倉 純
    2014 「後期旧石器時代における石器製作者の学習戦略:北海道の遺跡を事例として」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 100.
  • 長井謙治
    2014 「朝鮮半島における後期旧石器化と「交替劇」」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』41-47. A01班研究報告書No. 4.
  • 仲田大人
    2014 「ナイフ形石器からみた文化進化 -本州中央部の例」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』48-60. A01班研究報告書No. 4.
  • 仲田大人
    2014 「日本列島における後期旧石器時代」門脇誠二編『石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相』3. A01班公開シンポジウム要旨集.
  • 仲田大人
    2014 「日本列島にいつヒトは住みはじめたか」『考古学研究会60周年記念誌 -考古学研究60の論点』9-10.
  • 仲田大人
    2014「新人拡散期の石器伝統の変化:日本列島」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 36.
  • 長沼正樹
    2014 「ウズベキスタンの旧石器時代研究」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』32-40. A01班研究報告書No. 4.
  • 長沼正樹
    2014 「新人拡散期の石器伝統の変化:ユーラシア東部」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 34.
  • 西秋良宏
    2014 「旧人・新人交替劇と両者の学習行動の違いに関わる考古学的研究 -2013年度の取り組み-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』1-7. A01班研究報告書No. 4.
  • 西秋良宏(編)
    2014 『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』A01班研究報告書No. 4. 東京大学総合博物館.
  • 西秋良宏(編)
    2014 『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』東京: 六一書房.
  • 西秋良宏
    2014 「はじめに」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』i–ii. 東京: 六一書房.
  • 西秋良宏
    2014 「弓矢学習の民族考古学 -パプア・ニューギニアにおける事例分析」西秋良宏編『ホモ・サピエ ンスと旧人2 -考古学からみた学習』59-74. 東京: 六一書房.
  • 西秋良宏
    2014 「ネアンデルタール人の成長と学習 -子供期仮説をめぐって」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』163-174. 東京: 六一書房.
  • 西秋良宏
    2014 「旧人・新人の学習行動をめぐる諸問題 -あとがきにかえて」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと 旧人2 -考古学からみた学習』175-185. 東京: 六一書房.
  • 西秋良宏
    2014 「シリアの歴史と日本人による考古 学遺跡調査」東京文化財研究所編『シリア復興と文化遺産』25-29. 東京:東京文化財研究所.
  • 西秋良宏
    2014 「旧人、新人の学習能力を比較する上での考古学的論点」『日本文化人類学会第48回研究大会発表要旨集』120.
  • 西秋良宏
    2014 「考古学的資料からネアンデルタール人と新人サピエンスの交替劇を考える」赤澤 威、荻原直道編『ネアンデルタール人の脳機能と学習行動を探る』6. 公開講演会予稿集.
  • 西秋良宏、O. Aripdjanov、R. Suleymanov、長沼正樹、仲田大人、三木健裕
    2014 「北ユーラシアの旧人・新人交替劇 -ウズベキスタン旧石器遺跡調査(2013年)」日本西アジア考古学会編『古代オリエント世界を掘る -第20回西アジア発掘調査報告会』16-21.
  • 西秋良宏、F. Guliyev、門脇誠二、下釜和也、仲田大人、赤司千恵、新井才二、三木健裕、大西敬子
    2014 「南コーカサス地方の新石器時代 -日本・アゼルバイジャン調査団第6次発掘調査(2013年)」日本西アジア考古学会編『古代オリエント世界を掘る-第20回西アジア発掘調査報告会』40-46.
  • 西秋良宏
    2014 「旧人と新人の文化的交替とインタラクション」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 42.
  • 日暮泰男
    2014 「投槍器を用いた槍投げとヒトの形態的特徴」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4』65-70. A01班研究報告書No. 4.
  • 日暮泰男
    2014 「ネアンデルタール人の運動能力は推定できるか?」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』135-149. 東京: 六一書房.
  • 日暮泰男
    2014 「槍先端部の質量による投擲された槍の運動の変化:2014年度の研究計画と 予備的結果」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 9: 102.
  • 松本直子
    2014 「縄文から弥生への文化変化」門脇誠二編『石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相』5. A01班公開シンポジウム要旨集.
  • 松本直子
    2014 「「芸術」はどのような状況で生まれるのか -考古学的検討-」寺嶋秀明編『狩猟採集民の調査に基づくヒトの学習行動の実証的研究4』13-16. A02班研究報告書No. 4.
  • 松本直子
    2014 「認知考古学からみた新人・旧人の学習」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』123-134. 東京: 六一書房.
2013
  • Akazawa, T., Y. Nishiaki, and K. Aoki (eds.)
    2013 Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans, Vol. 1: Cultural Perspectives. New York: Springer, USA.
  • Azizi Kharanaghi, M.H., H. Fazeli Nashli, and Y. Nishiaki
    2013 Tepe Rahmatabad: A Pre-Pottery and Pottery Neolithic site in Fars Province. In: Neolithisation of Iran -The Formation of New Societies, edited by R. Matthews and H. Fazeli Nashli, pp. 108-123. Oxford: Oxbow Books, UK.
  • Higurashi, Y.
    2013 Reconstruction of hunting behavior with projectile weapons in Neanderthals and early modern humans based on differences in skeletal morphology: annual research plan 2013-14. In K. Aoki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 7: 42. Proceedings of the 7th Conference on RNMH.
  • Higurashi, Y.
    2013 The release angle and kinetic energy transfer in spear throwing with a spear thrower. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 8: 57. Proceedings of the 8th Conference on RNMH.
  • Jöris, O.
    2013 The Lower to Middle Paleolithic transition: from imitation to the origins of tradition. In Y. Nishiaki (ed.) Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors, pp. 16-17. Tokyo: International Workshop, RNMH Project.
  • Jöris, O.
    2013 The origins of settlement and society: the Upper Paleolithic roots of modern human spatial behavior. In Y. Nishiaki (ed.) Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors, p. 28. Tokyo: International Workshop, RNMH Project.
  • Kadowaki, S.
    2013 Dispersals of early Homo sapiens into Europe: A view from the Levantine Upper Palaeolithic. In K. Aoki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 7: 26. Proceedings of the 7th Conference on RNMH.
  • Kadowaki, S.
    2013 Approaching learning behaviors in the replacement of Neanderthals by modern humans: a view from African and Levantine archaeological records. In Y. Nishiaki (ed.) Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors, pp. 6-9. Tokyo: International Workshop, RNMH Project.
  • Kadowaki, S.
    2013 Re-examination of archaeological records during the terminal Middle Palaeolithic and the early Upper Palaeolithic in west Asia: A view of lithic technological variability. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 8: 53. Proceedings of the 8th Conference on RNMH.
  • Kadowaki, S.
    2013 Issues of Chronological and Geographical Distributions of Middle and Upper Palaeolithic Cultural Variability in the Levant and Implications for the Learning Behavior of Neanderthals and Homo sapiens. In T. Akazawa, Y. Nishiaki, and K. Aoki (eds.) Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 1: Cultural Perspectives, pp. 59-91. Tokyo: Springer Japan.
  • Kadowaki, S., K. Nagai, and Y. Nishiaki
    2013 Technology and space-use in the production of obsidian bladelets at Tell Seker al-Aheimar. In O. Nieuwenhuyse, P.M.M.G. Akkermans, R. Bernbeck, and J. Rogasch (eds.) Interpreting the Late Neolithic of Upper Mesopotamia, pp. 147-159. Turnhout: Brepols, Belgium.
  • Kadowaki, S. and K. Sano
    2013 Towards a clarification of the process of Homo sapiens dispersals into Europe. In K. Aoki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 7: 23. Proceedings of the 7th Conference on RNMH.
  • Kato, H.
    2013 Indigenous archaeology of the Ainu: Shifting from archaeological site to native property. Proceedings of "Science in Japan Forum JSPS -Routes of Indigenous Research", JSPS Washington Office, Washington DC, USA.
  • Kato, H.
    2013 The Sibiryachikha industry and Neanderthals in Altai. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 8: 51. Proceedings of the 8th Conference on RNMH.
  • Kato, H.
    2013 The Middle to Upper Paleolithic Transition in Siberia: Three Regional Sketches for Replacement. In T. Akazawa, Y. Nishiaki, and K. Aoki (eds.) Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 1: Cultural Perspectives, pp. 93-103. Tokyo: Springer Japan.
  • Kato, H. and M. Naganuma
    2013 The spatial and temporal patterns of Paleolithic sites in the Russian plain and surrounding areas. In K. Aoki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 7: 38. Proceedings of the 7th Conference on RNMH.
  • Kondo, Y.
    2013 Future development of the RNMH lithic industry database. In K. Aoki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 7: 39-40. Proceedings of the 7th Conference on RNMH.
  • Kondo, Y., K. Sano, S. Kadowaki, M. Naganuma, T. Omori, M. Yoneda, and Y. Nishiaki
    2013 Eco-cultural niche modelling for the replacement of Neanderthals by modern humans based on a collaboration of the archaeology and palaeoenvironment teams. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 8: 124. Proceedings of the 8th Conference on RNMH.
  • Matsumoto, N.
    2013 How art was born: An archaeological examination. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 8: 15. Proceedings of the 8th Conference on RNMH.
  • Naganuma, M.
    2013 The emergence of modern behaviors in North, Central, and Eastern Asia: issues of the non-European archaeological record. In Y. Nishiaki (ed.) Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors, pp. 13-14. Tokyo: International Workshop. RNMH Project.
  • Nakata, H.
    2013 The cultural evolution of Homo sapiens in the Japanese archipelago. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 8: 55. Proceedings of the 8th Conference on RNMH.
  • Nakata, H.
    2013 The Aira caldera eruption and cultural evolution in the palaeolithic of central Japan. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 8: 127. Proceedings of the 8th Conference on RNMH.
  • Nishiaki, Y.
    2013 A reappraisal of the Pottery Neolithic flaked stone assemblages of Tall-i Jari B, the Fars, Southwest Iran. In F. Borrell, J. Ibáñez and M. Molist (eds.) Stone Tools in Transition: From Hunter-Gatherers to Farming Societies in the Near East, pp. 349–364. Barcelona Autonomy University Press, Spain.
  • Nishiaki, Y. (ed.)
    2013 Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors. The University of Museum, The University of Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2013 Introduction. In Y. Nishiaki, K. Kashima, and M. Verhoeven (eds.) Neolithic Archaeology in the Khabur Valley, Upper Mesopotamia and Beyond, pp. 8-14. ex oriente, Berlin.
  • Nishiaki, Y.
    2013 PPNB flint blade production at Tell Seker al-Aheimar, the Upper Khabur, Syria. In Y. Nishiaki, K. Kashima, and M. Verhoeven (eds.), Neolithic Archaeology in the Khabur Valley, Upper Mesopotamia and Beyond, pp. 64-79. ex oriente, Berlin, Germany.
  • Nishiaki, Y.
    2013 Diachronic variability of the Middle Palaeolithic lithic industries. In K. Aoki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 7: 36. Proceedings of the 7th Conference on RNMH.
  • Nishiaki, Y.
    2013 An archaeological study of the learning behaviors of Neanderthals and modern humans: Report on fiscal year 2013. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 8: 49. Proceedings of the 8th Conference on RNMH.
  • Nishiaki, Y., K. Kashima, and M. Verhoeven (eds.)
    2013 Neolithic Archaeology in the Khabur Valley, Upper Mesopotamia and Beyond. ex oriente, Berlin, Germany.
  • Nishiaki, Y., K. Aoki, and T. Akazawa
    2013 Introduction. In T. Akazawa, Y. Nishiaki, and K. Aoki (eds.) Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 1: Cultural Perspectives, pp. 7-20. Tokyo: Springer Japan.
  • Nishiaki, Y.
    2013 “Gifting” As a Means of Cultural Transmission: The Archaeological Implications of Bow-and-Arrow Technology in Papua New Guinea. In T. Akazawa, Y. Nishiaki, and K. Aoki (eds.) Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 1: Cultural Perspectives, pp. 173-185. Tokyo: Springer Japan.
  • Omori, T. and K. Sano
    2013 Reconsidering radiometric chronology of the European Paleolithic industries. In K. Aoki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 7: 31. Proceedings of the 7th Conference on RNMH.
  • Sano, K.
    2013 Dispersal of modern humans and demise of Neanderthals: a view from spatiotemporal patterns of the European transitional industries. In Y. Nishiaki (ed.) Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors, pp. 10-12. Tokyo: International Workshop, RNMH Project.
  • Sano, K.
    2013 Problems and prospects the studies on RNMH in Europe. In K. Aoki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 7: 25. Proceedings of the 7th Conference on RNMH.
  • Takakura, J.
    2013 Testing and skill learning: a case study of the Upper Paleolithic assemblages at the Shirataki sites in Hokkaido, Northern Japan. In Y. Nishiaki (ed.) Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors, pp. 29-30. Tokyo: International Workshop, RNMH Project.
  • Takakura, J.
    2013 Metalearning process: An archaeological perspective. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 8: 27. Proceedings of the 8th Conference on RNMH.
  • Takakura, J.
    2013 Using Lithic Refitting to Investigate the Skill Learning Process: Lessons from Upper Paleolithic Assemblages at the Shirataki Sites in Hokkaido, Northern Japan. In T. Akazawa, Y. Nishiaki, and K. Aoki (eds.) Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 1: Cultural Perspectives, pp. 151-171. Tokyo: Springer Japan.
  • Tanno, K., G. Willcox, S. Muhesen, Y. Nishiaki, Y. Kanjo, and T. Akazawa
    2013 Preliminary results from analyses of charred plant remains from a burnt Natufian building at Dederiyeh Cave in Northwest Syria. In O. Bar-Yosef and F. Valla (eds.) Natufian Foragers in the Levant: Terminal Pleistocene Social Changes in Western Asia, pp. 83-87. Ann Arbor: International Monographs in Prehistory.
  • 大森貴之、佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパ後期旧石器インダストリーにおける理化学年代の再整理」青木健一編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 7: 30-31.
  • 小野 昭
    2013 「石器の接合 -さまざまな発見」堤 隆編『日本列島における細石刃石器群の起源』3-6. 八ケ岳旧石器研究グループ.
  • 小野 昭
    2013 「組み合わせ狩猟具が出現するまで:シェーニンゲンの木製槍とその対象獣」佐野勝宏編『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』4.
  • 加藤博文
    2013 「狩猟対象から儀礼対象へ -シベリアにおける食儀礼の起源」『食と儀礼をめぐる地球の旅:先住民文化からみたシベリアとアメリカ』東北大学学術読本.
  • 加藤博文
    2013 「シベリアの旧石器編年と交替劇」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人-旧石器考古学からみた交替劇』57-72. 東京: 六一書房.
  • 加藤博文
    2013 「ユーラシア極地への人類集団の進出と交替劇」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』25-31. A01班研究報告書No. 2.
  • 加藤博文
    2013 「考古学的資料から見た北極圏への人類集団の進出」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 52-53.
  • 加藤博文
    2013 「シベリアにおけるシベリャチーハ・インダストリーの設定と旧人集団」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 8: 50.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2013 「北ユーラシアにおける現代人的行動の時空分布とその特徴」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 74-75.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2013 「ロシア平原およびその周辺地域における旧石器遺跡の時空間分布」青木健一編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 7: 37-38.
  • 門脇誠二
    2013 「アフリカと西アジアの旧石器文化編年からみた現代人的行動の出現パターン」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学からみた交替劇』21-37. 東京: 六一書房.
  • 門脇誠二
    2013 「西アジアにおける中部旧石器時代末から上部旧石器時代前半への考古文化の変遷の再検討」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 8: 52.
  • 門脇誠二
    2013 「アフリカにおける初期ホモ・サピエンスの文化多様性と「交替劇」への新たな展望」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 31-32.
  • 門脇誠二
    2013 「グローバルでより正確な「新人・旧人交替劇」の理解に向けて: アフリカ、西アジア、ヨーロッパ、の考古記録の統合」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 68-71.
  • 門脇誠二
    2013 「レヴァントの旧石器文化からさぐるヨーロッパへの新人拡散」青木健一編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 7: 26-28.
  • 門脇誠二
    2013 「初期ホモ・サピエンスの文化進化」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』19-10. A01班公開シンポジウム要旨集.
  • 門脇誠二、佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパにおける交替劇の解明に向けて」青木健一編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 7: 22.
  • 近藤康久
    2013 「交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースの改良」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 80-81.
  • 近藤康久
    2013 「交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースの今後」青木健一編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 7: 39-40.
  • 近藤康久、佐野勝宏、門脇誠二、長沼正樹、大森貴之、米田 穣、西秋良宏
    2013 「A01班とB02班の共同研究による「交替劇」進行期の生態文化のニッチモデリング」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 8: 122-123.
  • 佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパにおける旧石器文化編年と旧人・新人交替劇」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学からみた交替劇』38-56. 東京: 六一書房.
  • 佐野勝宏
    2013 「旧人・新人の移動パタン」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 21.
  • 佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパにおける旧人インダストリーの時空間変遷」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 72-73.
  • 佐野勝宏
    2013 「複合的狩猟技術が出現するまで:新人のイノベーション」佐野勝宏編『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』5.
  • 佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパにおける交替劇研究の課題と展望」青木健一編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 7: 24-25.
  • 佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパ旧人遺跡に見る学習の証拠」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』24. A01班公開シンポジウム要旨集.
  • 佐野勝宏(編)
    2013 『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会予稿集. 東北大学.
  • 高倉 純
    2013 「北海道白滝遺跡群の石器接合資料における技量差の判定と学習行動」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 82-83.
  • 高倉 純
    2013 「北海道における押圧細石刃剥離技術の出現」堤 隆編『日本列島における細石刃石器群の起源』47-56. 八ケ岳旧石器研究グループ.
  • 高倉 純
    2013 「考古資料科から見たメタ学習」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 8: 26.
  • 長井謙治
    2013 「実験考古学からみた石器製作の学習」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』28. A01班公開シンポジウム要旨集.
  • 仲田大人
    2013 「日本列島で交替劇は起きたか?」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学からみた交替劇』161-180. 東京: 六一書房.
  • 仲田大人
    2013 「日本列島における現代人的行動とその背景」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 78-79.
  • 仲田大人
    2013 「細石刃石器群と文化伝達、人口』西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』23. A01班公開シンポジウム要旨集.
  • 仲田大人
    2013 「シンポジウム ナイフ形石器からみた新人の文化進化』57-61. 八ケ岳旧石器研究グループ.
  • 仲田大人
    2013 「日本列島ホモ・サピエンスの文化進化」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 8: 54.
  • 仲田大人
    2013 「姶良火山の噴火と文化進化:日本列島中央部の例」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 8: 126.
  • 西秋良宏(編)
    2013 『ホモ・サピエンスと旧人 -考古学からみた交替劇』東京: 六一書房.
  • 西秋良宏
    2013 「はじめに」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人 -考古学からみた交替劇』i-ii. 東京: 六一書房.
  • 西秋良宏(編)
    2013 『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究3』A01班研究報告書No. 3. 東京大学総合博物館.
  • 西秋良宏
    2013 「交替劇をめぐる諸問題 -あとがきに代えて」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人 -考古学からみた交替劇』197-203. 東京: 六一書房.
  • 西秋良宏
    2013 「パプアニューギニア狩猟採集民にみる弓矢製作の学習スケジュール」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 11-12.
  • 西秋良宏
    2013 「交替劇への認知考古学的アプローチ」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 36-37.
  • 西秋良宏
    2013 「考古学資料にもとづく旧人・新人学習行動の実証的研究(2012年度)」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 66-67.
  • 西秋良宏
    2013 「ネアンデルタール人石器群の技術的型式的変異」青木健一編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 7: 36.
  • 西秋良宏(編)
    2013 『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』A01班公開シンポジウム要旨集.
  • 西秋良宏
    2013 「ネアンデルタール人の石器文化」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』1. A01班公開シンポジウム要旨集.
  • 西秋良宏
    2013 「考古学資料にもとづく旧人・新人学習行動の実証的研究」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 8: 48.
  • 日暮泰男
    2013 「投槍器を用いた槍投げにおける上肢の動き -生体力学的知見から過去の人類における投槍器の習得について考える-」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 84-85.
  • 日暮泰男
    2013 「旧人・新人の投擲運動:生体力学的検討」佐野勝宏編『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』8.
  • 日暮泰男
    2013 「ネアンデルタールとサピエンスの骨格の形態差から探る飛び道具使用行動の差異:2013年度の研究計画」青木健一編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 7: 41-42.
  • 日暮泰男
    2013 「投槍器を用いた槍投げにおける投射角と運動エネルギーの伝達」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 8: 56.
  • 松本直子
    2013 「交替劇研究への認知考古学の貢献と論点」米田 穣編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 6: 37-39.
  • 松本直子
    2013 「考古学で探る心の進化」五百部裕、小田 亮編『心と行動の進化を探る -人間行動進化学入門-』131-161. 東京: 朝倉書店.
  • 松本直子
    2013 「認知考古学からみた学習」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学からみた学習』27. A01班公開シンポジウム要旨集.
  • 松本直子
    2013 「「芸術」はどのような状況で生まれるのか -考古学的検証-」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 8: 14.
2012
  • Akazawa, T. and Y. Nishiaki
    2012 RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002. Kochi University of Technology.
  • Guliyev, F. and Y. Nishiaki
    2012 Excavations at the Neolithic settlement of Göytepe, the middle Kura Valley, Azerbaijan, 2008-2009. In Matthews, R. and J. Curtis (eds.), Proceedings of the 7th International Congress of the Archaeology of the Ancient Near East, Vol. 3: Fieldwork and recent research, pp. 71-84. Harrassowitz Verlag, Wiesbaden, Germany.
  • Hayashi, K., R. Ishii, Y. Nakamura, H. Terashima, and Y. Nishiaki
    2012 Technical transmission of hunting tool manufacture: A case of spear hunting among modern hunter-gatherers in Southeast Cameroon. In Akazawa, T. and Y. Nishiaki (eds.), RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002: 103-104.
  • Higurashi, Y.
    2012 Biomechanics of Hunting-Spear Throwing in Modern Humans. In T. Akazawa (ed.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.001: 59.
  • Higurashi, Y.
    2012 Aimed Spear-Throwing in Modern Humans : A Preliminary Study of Upper Limb kinematics. In T. Akazawa and Y. Nishiaki. (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002: 86-87.
  • Iovita, R. and Sano, K. (eds.)
    2012 Multidisciplinary Approaches to the Study of Stone Age Weaponry, Springer, Dordrecht, Heidelberg, London, New York.
  • Kadowaki, S.
    2012 A household perspective towards the Pre-Pottery Neolithic to Late Neolithic cultural transformation in the southern Levant. Orient 47: 3-28.
  • Kadowaki, S. and K. Sano
    2012 From the Beginning: Tracing the Patterns of Cultural Changes of Early Homo Sapiens in Africa, West Asia, and Europe. In T. Akazawa and Y. Nishiaki. (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002: 38-39.
  • Kato, H. and M. Naganuma
    2012 Thinking the Beginning of Early Upper Paleolithic in Siberia and Central Asia. In T. Akazawa and Y. Nishiaki. (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002: 40-41.
  • Kondo, Y.
    2012 Neander DB 2.0 : Improvement of the "Replacement of Neanderthals by Modern Humans" Lithic Industry Database. In T. Akazawa and Y. Nishiaki. (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002: 88-89.
  • Kondo, Y., S. Kadowaki, H. Kato, M. Naganuma, A. Ono, K. Sano, and Y. Nishiaki
    2012 Network computing for archaeology: a case study from the 'Replacement of Neanderthals by Modern Humans' database project. In Zhou Minquan, I. Romanowska, Wu Zhongke, Xu Pengfei and P. Verhagen (ed.) Revive the Past. Proceedings of the 39th International Conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, Beijing, China, April 12-16, 2011. pp. 217-226. Amsterdam University Press, Netherlands. http://dare.uva.nl/aup/nl/record/412958.
  • Kondo, Y., G. Matsumoto, Y. Seino, T. Ako, W. Fukui, M. Sugiura, T. Uozu, and H. Yamaguchi
    2012 A union of dispersed knowledge and people: achievements of Archaeo-GIS Workshop 2007-2010. In Zhou Minquan, I. Romanowska, Wu Zhongke, Xu Pengfei and P. Verhagen (ed.) Revive the Past. Proceedings of the 39th International Conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, Beijing, China, April 12-16, 2011. pp. 334-342. Amsterdam University Press, Netherlands. http://dare.uva.nl/aup/nl/record/412958.
  • Kondo, Y., A. Kaneda, Y. Fujimoto, Y. Seino, H. Yamaguchi, and T. Uozu
    2012 The CEDACH DMT: a volunteer-based data management team for the documentation of the earthquake-damaged cultural heritage in Japan. In Zhou Minquan, I. Romanowska, Wu Zhongke, Xu Pengfei and P. Verhagen (ed.) Revive the Past. Proceedings of the 39th International Conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, Beijing, China, April 12-16, 2011. pp. 326-333. Amsterdam University Press, Netherlands. http://dare.uva.nl/aup/nl/record/412958.
  • Nakata, H.
    2012 The Initial and Early Upper Paleolithic of the Japanese Archipelago. In T. Akazawa and Y. Nishiaki. (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002: 90-91.
  • Nishiaki, Y.
    2012 Notes on the third millennium blades from Tell Abu Hujeira. In A. Suleiman and P. Quenet(eds.) Trois Campagnes de Fouilles Syriennes à Tell Abu Hujeira, Hasseke (1988-1990): Cinquieme et Sixieme Parties, pp. 63-70. Documents d’Archéologie Syrienne XVII. Damascus: Directorate-General of Antiquities and Museums.
  • Nishiaki, Y.
    2012 Archaeological Research of the Learning Behaviors of the Neanderthals and Early Modern Humans. In Akazawa, T. (ed.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 001: 32-36.
  • Nishiaki, Y.
    2012 "Gift" as a means of cultural transmission : An archaeologicalimplication of bow and arrow technology in Papua New Guinea. In Akazawa, T. and Y. Nishiaki (eds.), RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002: 50-52.
  • Nishiaki, Y.
    2012 The archaeological database for the RNMH Project. In Akazawa, T. and Y. Nishiaki (eds.), RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002: 92-93.
  • Nishiaki, Y., S. Kadowaki, S. Kume, and K. Shimogama
    2012 Archaeological survey around Tell Gahnem Al-'Ali (V). Al-Rafidan 33: 1-6.
  • Ohnuma, K.
    2012 Lithic artifacts and their significance in the region. In A. Tsuneki and A. Mirzaye (eds.), The Arsanjan Project, 2011, pp. 182-185. University of Tsukuba.
  • Sano, K.
    2012 Functional Variability in the Late Upper Palaeolithic of North-Western Europe: A Traceological Approach. Universitätsforschungen zur Prähistorischen Archäologie. Habelt, Bonn, Germany.
  • Sano, K.
    2012 Funktionsanalyse an steinartefakten von rietberg und Salzkotten-Thüle. In Richter, J. (ed.), Rietberg und Salzkotten-Thüle. Anfang und Ende der Federmessergruppen in Westfalen. Kölner Studein zur Prähistorischen Archäologie Band 2, pp. 283-294, Rahden/Westf, Leidorf, Gemany.
  • Sano, K., Y. Denda, and M. Oba
    2012 Experiments in fracture patterns and impact velocity with replica projectile points from Japan. In R. Iovita and K. Sano (eds.), Multidisciplinary Approaches to the Study of Stone Age Weaponry, Springer, Dordrecht, Heidelberg, London, New York.
  • Takakura, J.
    2012 Emergence and development of the pressure microblade production: A view from the Upper Paleolithic of Northern Japan. In Desrosiers, P.M. (ed.), The Emergence of Pressure Blade Knapping: From Origin to Modern Experimentation, pp. 285-306. New York: Springer, USA.
  • Takakura, J.
    2012 Emergence and developemnt of the pressure microblade production: a view from the Upper Paleolithic of Northern Japan. In P.M. Desrosiers. (ed.) The Emergence of Pressure Blade Making: From Origin to Modern Experimentation. pp. 285-306. New York: Springer, USA.
  • Takakura, J.
    2012 Reconstructing the Learning Behaviors Through the Analysis of Lithic Refitted Materials of the Upper Paleolithic Assemblages in Hokkaido. In T. Akazawa (ed.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No.001: 58.
  • Takakura, J.
    2012 New Insights into the Skill Learning Processes in the lithic Production : An Analysis of the Refitted Material from the Kyushirataki 15 Site in Hokkaido, Northern Japan. In Akazawa, T. and Y. Nishiaki (eds.), RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002: 48-49.
  • Takakura, J.
    2012 Lithic Refitted Materials and Identification of Technical Skill Level : Lessons from the Upper Paleolithic Assemblages of the Shirataki Sites in Hokkaido, Northern Japan. In T. Akazawa and Y. Nishiaki. (eds.) RNMH PROJECT 2010-2014 RNMH PROJECT SERIES No. 002: 94-96.
  • Teramura, H., Y. Kondo, and U. Takao
    2012 Archaeology with GIS in the Indus Project. In J. S. Kharakwal, Y. S. Rawat and T. Osada (ed.) Excavation at Kanmer: 2005-06 - 2008-09. Kanmer Archaeological Research Project an Indo-Japanese Collaboration, pp. 165-196. Indus Project, Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto.
  • 加藤博文
    2012 「シベリアにおける中期旧石器の系統をめぐって -デレヴャンコ仮説の検討-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』25-31. A01班研究報告書No.2.
  • 加藤博文
    2012 「パブリック考古学の課題と展望:研究は誰のためのものか」荻原直道編『第66回日本人類学会大会プログラム・抄録集』110-112.
  • 加藤博文
    2012 「北海道の先史文化のダイナミズムと環境」『新学術領域研究 環太平洋の環境文明史シンポジウム 環太平洋の環境と文明を考える』: 札幌大学.
  • 加藤博文
    2012 「人類史からみたバイカルシベリアと日本列島」吉田邦夫編『アルケオメトリア』59-70. 東京大学総合研究博物館.
  • 加藤博文
    2012 「シベリアにおける旧人・新人「移行期仮説」の検証」」萩原直道編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 5:13-14.
  • 加藤博文
    2012 「環境変動と北方狩猟民文化の形成」『第26回北方民族文化シンポジウム環境変化と先住民の生業文化:陸域生態系における適応』41-47. 北海道道立北方民族博物館.
  • 門脇誠二
    2012 「人類進化と技術進化 -石器文化史から石器文化誌へ」『Hands On 2:進化にふれるハンズオン・ギャラリー 活動報告』18-20. 東京大学総合研究博物館.
  • 門脇誠二
    2012 「アフリカの中期石器時代における現代人的行動の時空分布」荻原直道編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 5: 8.
  • 門脇誠二
    2012 「アフリカの中期・後期石器時代の編年と初期ホモ・サピエンスの文化変化に関する予備的考察」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』7-151. A01班研究報告書No.2.
  • 門脇誠二、久米正吾、下釜和也、西秋良宏
    2012 「ユーフラテス河中流域の先史時代 -第5次調査(2011)」『第19回西アジア発掘調査報告会報告集』16-21.
  • 近藤康久
    2012 「交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースNeander -DBの運用-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』57-611. A01班研究報告書No.2.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける中期・後期旧石器時代インダストリーの編年的・地理的分布パターン」荻原直道編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 5: 10.
  • 佐野勝宏
    2012 「考古学的証拠に見る旧人・新人の創造性」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』16-24. A01班研究報告書No.2.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける中期・後期旧石器時代遺跡の時空間分布」『日本旧石器学会第10回講演・研究発表シンポジウム予稿集 旧石器時代遺跡・立地・分布研究の新展開』63-66.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける旧石器文化編年と旧人・新人交替劇」西秋良宏編『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学からみた交替劇』38-56. 東京: 六一書房.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける中期・後期旧石器時代インダストリーの編年的・地理的分布パターン」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No.5:10-11.
  • 佐野勝宏、傳田惠隆
    2012 「J15出土旧石器資料の機能分析」『山形県埋蔵文化財センター調査報告書第200集 高瀬山(HO)3期発掘調査報告書』120-124.
  • 佐野勝宏、傳田惠隆、大場正善
    2012 「狩猟法同定のための投射実験研究(1)-台形様石器-」『旧石器研究』8: 45-63.
  • 下釜和也
    2012 「グルジアの洞窟遺跡を訪ねて -南コーカサス地域における旧石器研究の今-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』86-93. A01班研究報告書No.2.
  • 高倉 純
    2012 「分節された剥離過程の単位と技量レヴェルの同定」荻原直道編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 5: 16.
  • 高倉 純
    2012 「石器接合資料の分析と学習過程の復元 -事例分析のための現状把握-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』45-50. A01班研究報告書No.2.
  • 高倉 純
    2012 「北海道の旧石器時代石器群における石器接合資料分析をもとにした学習行動の復元」赤澤 威編『RNMHプロジェクト2010-2014』RNMH PROJECT SERIES No.1: 98.
  • 高倉 純
    2012 「石器接合資料の分析と学習過程の復元」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』45-50. A01班研究報告書No.2.
  • 高倉 純
    2012 「旧石器資料に関する剥離方法の同定」佐藤宏之編『黒曜石の流通と消費からみた環日本海北部地域における更新世人類社会の形成と変(Ⅰ)』142-151. 東京大学大学院人文社会系研究科附属北海文化研究常呂実習施設.
  • 高倉 純
    2012「縄文時代のはじまりと北東アジア」『縄文人はどこからきたか?』インテリジェント・リンク:106-119
  • 高倉 純
    2012「フラクチャー・ウィングの分析による剥離方法の同定」直江康雄編『白滝遺跡群XII』547-566. 財団法人北海道埋蔵文化財センター
  • 長井謙治
    2012 「韓国旧石器データベースへの取り組み:その方法と見通し」荻原直道編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 5: 14.
  • 長井謙治
    2012 「石器の民族誌研究への期待 -非言語的「技術」へのアプローチに向けて-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』51-56. A01班研究報告書No.2.
  • 長井謙治
    2012 「韓国旧石器データベースへの取り組み」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』82-85. A01班研究報告書No.2.
  • 長井謙治
    2012 「韓国済州島新石器文化初頭石器群の諸問題」『関西縄文時代研究の新展開: 松尾洋次郎さん追悼論集』関西縄文論集3: 107-110.
  • 仲田大人
    2012 「日本旧石器時代の装飾品 -集成と予備的検討-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』62-71. A01班研究報告書No.2.
  • 仲田大人
    2012 「ネアンデルタール人の学習行動を探る -A01/A02班合同座談会参加記録-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』94-99. A01班研究報告書No.2.
  • 長沼正樹
    2012 「交替劇とモンゴルの旧石器資料」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』72-81. A01班研究報告書No.2.
  • 西秋良宏
    2012 「新人にみる移動と現代的行動」印東道子編『人類大移動』161-178. 東京: 朝日選書.
  • 西秋良宏(編)
    2012 『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』A01班研究報告書No.2. 東京大学総合博物館.
  • 西秋良宏 2012 「ネアンデルタールDBと旧石器インダストリーの時空分布再構築」荻原直道編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 5: 6.
  • 西秋良宏
    2012 「旧人・新人交替劇と両者の学習行動の違いに関わる考古学的研究 -2011年度の取り組み-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』1-6. A01班研究報告書No.2.
  • 西秋良宏
    2012 「考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究」赤澤 威編『RNMHプロジェクト2010-2014』RNMH PROJECT SERIES No.1: 76-77.
  • 西秋良宏
    2012 「考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究」赤澤 威編『RNMHプロジェクト2010-2014』RNMH PROJECT SERIES No.1: 85-86.
  • 西秋良宏
    2012 「ネアンデルタール人の成長と石器製作技術の習得」荻原直道編『第66回日本人類学会大会プログラム・抄録集』119.
  • 西秋良宏(編訳)
    2012 『古代の科学と技術 -世界を創った70の大発明-』(ブライアン・M・フェイガン編著)東京: 朝倉書店.
  • 西秋良宏
    2012 「新人にみる移動と現代的行動」印東道子編『人類大移動』161-178. 東京: 朝日選書.
  • 西秋良宏
    2012 「考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究」赤澤 威編『RNMHプロジェクト2010-2014』RNMH PROJECT SERIES No. 1: 76-77.
  • 西秋良宏
    2012 「考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究」赤澤 威編『RNMHプロジェクト2010-2014』RNMH PROJECT SERIES No. 1: 85-86.
  • 西秋良宏
    2012 「旧人・新人交替劇と両者の学習行動の違いに関わる考古学的研究 -2011年度の取り組み-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』1-6. A01班研究報告書No.2.
  • 西秋良宏
    2012 「ネアンデルタールDBと旧石器インダストリーの時空分布再構築」荻原直道編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 5: 6.
  • 西秋良宏
    2012 「中東ネアンデルタール人の文化進化」『日本西アジア考古学会第17回総会・大会要旨集』1-2.
  • 西秋良宏
    2012 「ネアンデルタール人の成長と石器製作技術の習得」荻原直道編『第66回日本人類学会大会プログラム・抄録集』119.
  • 西秋良宏、F. Guliyev、門脇誠二、下釜和也、小高敬寛、有松唯、赤司千恵
    2012 「南コーカサス地方の新石器時代 -ギョイテペ遺跡の第4次発掘調査」『第19回西アジア発掘調査報告会報告集』72-78.
  • 日暮泰男
    2012 「投擲運動の学習プロセスの解明:2012年度の研究計画」荻原直道編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 5: 18.
  • 日暮泰男
    2012 「投擲運動の学習プロセスの解明 -予備的分析の報告-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』39-44. A01班研究報告書No.2.
  • 日暮泰男
    2012 「投擲運動の学習プロセスの解明」赤澤 威編『RNMHプロジェクト2010-2014』RNMH PROJECT SERIES No.1:99.
  • 日暮泰男、熊倉博雄
    2012 「投擲運動のキネマティクス」荻原直道編『第66回日本人類学会大会プログラム・抄録集』81-82.
  • 松本直子
    2012 「認知考古学からみた新人・旧人の創造性」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2』32-38. A01班研究報告書No.2.
2011
  • Banning, E. B., K. Gibbs, and S. Kadowaki
    2011 Changes in Material Culture at Late Neolithic Tabaqat al-Buma, in Wadi Ziqlab, Northern Jordan. In Lovell J. L. and Y. Rowan (eds.) Culture, Chronology and the Chalcolithic: Theory and Transition 36-60. Oxbow Books, Oxford, UK.
  • Henry, D.O., S. Bergin, and S. Kadowaki
    2011 Tracing Floors and Fills in Early Neolithic Pithouses: An Example from the Excavation of Ayn Abū Nukhayla, Southern Jordan. In Conard, N. J., R. H. Meadow, A. Morales, and P. Drechsler (eds.) Between Sand and Sea. The Archaeology and Human Ecology of Southwestern Asia. Kerns Verlag: Tubingen, Germany.
  • Higurashi, Y.
    2011 Preliminary kinematic analysis of hunting-spear throwing in modern humans. In H. Tanabe (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 4:57. Proceedings of the 4th Conference on RNMH.
  • Higurashi, Y.
    2011 Biomechanics of hunting-spear throwing in modern humans. In Y. Nishiaki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 3: 58. Proceedings of the 3rd Conference on RNMH.
  • Kadowaki, S.
    2011 Lithic industries of early Homo sapiens in Africa: Current view of their space-time distributions. In H. Tanabe (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 4:47. Proceedings of the 4th Conference on RNMH.
  • Kadowaki, S.
    2011 Replacement of Neanderthals by modern humans in Zagros and the Arabian Peninsula: A perspective from lithic industries. In Y. Nishiaki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 3: 20. Proceedings of the 3rd Conference on RNMH.
  • Kadowaki, S. and Y. Kondo
    2011 Spatio-temporal patterns of Levantine middle and upper Palaeolithic industries. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 2: 10. Proceedings of the 2nd Conference on RNMH.
  • Kadowaki, S., K. Nagai, and Y. Nishiaki
    2011 Technology and Space-use in the Production of Obsidian Bladelets at Tell Seker al-Aheimar. In Bernbeck, R. (ed.) Interpreting the Late Neolithic of Upper Mesopotamia. Brepols Publishers, Belgium.
  • Kato, H. and M. Naganuma
    2011 Aspects of the Replacement of Lithic industries in Northern Eurasia: Current situations and issues. In H. Tanabe (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 4:53. Proceedings of the 4th Conference on RNMH.
  • Kato, H. and M. Naganuma
    2011 Temporal and spatial distribution of Middle and Upper Paleolithic sites in Northern Eurasia. In Y. Nishiaki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 3: 23. Proceedings of the 3rd Conference on RNMH.
  • Kato, H. and M. Naganuma
    2011 Innovation of organic artifacts and the peopling of high latitudes in Northern Eurasia. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning
  • . No. 2: 12. Proceedings of the 2nd Conference on RNMH.
  • Kondo, Y., T. Ako, I. Heshiki, G. Matsumoto, Y. Seino, Y. Takeda, and H. Yamaguchi
    2011 FIELDWALK@KOZU: a preliminary report of the GPS/GIS-aided walking experiments for re-modeling prehistoric pathways at Kozushima Island (East Japan). In: E. Jerem, R. Red and V. Szeverenyi (eds.) On the Road to Reconstructing the Past. April 2-6 2008. Proceedings of the 36th International Conference on Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology (CAA), pp. 226-232. Budapest: Archaeolingua, Hungary.
  • Miura, N., Y. Hoshino, and K. Nagai
    2011 Extracting kinematic features of skilled behavior on Levallois flake production. In Y. Nishiaki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 3: 53. Proceedings of the 3rd Conference on RNMH.
  • Miura, N., K. Nagai, and Y. Hoshino
    2011 3D body motion analysis of stone tool making by a skilled subject. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 2: 62. Proceedings of the 2nd Conference on RNMH.
  • Nagai, K.
    2011 Traits in Stone Flaking Technology at Kanedori, Iwate, Japan. In the 2nd International Symposium of Bifaces of the Lower and Middle Pleistocene of the World, In celebration for the opening of Jeongok (Chongok) Prehistory Museum, p. 104. Jeongok(Chongok) Prehistory Museum, Gyeonggi, Korea.
  • Nagai, K.
    2011 Flintknapping for Public Archaeology. In Field Museum and Heritage Education, The 3rd International Workshop of Heritage Education and Site Preservation for Commemorating the 19th Chongokni Paleolithic Culture Festival, p. 11. Institute of East Asian Archaeology.
  • Nakata, H.
    2011 Initial upper Paleolithic assemblages in the Central Japan: New evidence from the foot of Mt. Ashitaka and the western part of Mt. Hakone area. In H. Tanabe (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 4:60-61. Proceedings of the 4th Conference on RNMH.
  • Nishiaki, Y.
    2011 An ethno-archaeological approach to the study on prehistoric learning. In H. Tanabe (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 4:45. Proceedings of the 4th Conference on RNMH.
  • Nishiaki, Y.
    2011 Intrasite spatial organization of the Neanderthal camps. In Y. Nishiaki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 3: 19. Proceedings of the 3rd Conference on RNMH.
  • Nishiaki, Y.
    2011 Techno-typological notes on the flaked stone industry of the early Neolithic settlement of Ganj Dareh, Iran. In M. Mashkour, K. Roustai and F. Biglari (eds.) The Neolithic of the Iranian Plateau. Recent Research and Prospects. Berlin: ex oriente.
  • Nishiaki, Y.
    2011 Preliminary notes on the Pre-Pottery and Pottery Neolithic lithics from Tell Seker al-Aheimar, the upper Khabur, Syria: the 2000-2001 seasons. In E. Healey, S. Campbell, and O. Maeda (eds.) Proceedings of the 3rd Workshops on PPN Chipped Lithic Industries. University of Manchester, UK.
  • Nishiaki, Y., and K. Nagai
    2011 Knapping skill and Levallois flake production: Insights from experimental replication. In H. Terashima (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 2: 7. Proceedings of the 2nd Conference on RNMH.
  • Nishiaki. Y., Y. Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2011 Newly discovered Late Epipalaeolithic lithic assemblages from Dederiyeh Cave, the northern Levant. In Elizabeth Healey, Stuart Campbell and Osamu Maeda (eds.) The State of the Stone Terminologies, Continuities and Contexts in Near Eastern Lithics. pp. 79-87. Proceedings of the Sixth PPN Conference on Chipped and Ground Stone Artefacts in the Near East. 3rd-5th March 2008. Manchester, UK.
  • Nishiaki, Y., S. Muhesen, and T. Akazawa
    2011 Newly discovered Late Epipalaeolithic lithic assemblages from Dederiyeh Cave, the northern Levant. In E. Healey, S. Campbell, and O. Maeda (eds.) Proceedings of the 6th Workshops on PPN Chipped Lithic Industries. University of Manchester, UK.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2011 Recent progress in Lower and Middle Palaeolithic research at Dederiyeh Cave, Northwest Syria. J.-M. Le Tensorer., R. Jagher, and M. Otte. (eds.) The Lower and Middle Palaeolithic in the Middle East and Neighbouring Regions. Etudes et Recherches Archeologiques de l'Universite de Liege (ERAUL). Université de Liège, Belgium.
  • Ohnuma, K.
    2011 Replicating the Neanderthal technology (Flint knapping demonstration). In Y. Nishiaki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 3: 24. Proceedings of the 3rd Conference on RNMH.
  • Sano, K.
    2011 Lithic industries from late Middle Palaeolithic to early Upper Palaeolithic and its associated human remains in Europe. In H. Tanabe (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 4:50-51. Proceedings of the 4th Conference on RNMH.
  • Sano, K.
    2011 New aspects of the Middle-Upper Palaeolithic transition in Europe. In Y. Nishiaki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 3: 22. Proceedings of the 3rd Conference on RNMH.
  • Takakura, J.
    2011 A re-examination of the lithic refitted materials from the Shirataki sites, Hokkaido, northern Japan in light of reconstruction of the skill learning process. In H. Tanabe (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 4:55. Proceedings of the 4th Conference on RNMH.
  • Takakura, J.
    2011 Reconstruction of the learning behavior and analysis of the lithic refitted materials: A view from the Upper Paleolithic assemblages in Hokkaido. In Y. Nishiaki (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 3: 57. Proceedings of the 3rd Conference on RNMH.
  • Takakura, J.
    2011 Emergence and development of the pressure microblade production: a view from the Upper Paleolithic of northern Japan. In P. M. Desrosiers. (ed.) The Emergence of Pressure Knapping: from Origin to Modern Experimentation. New York: Springer, USA.
  • 小口 高、近藤康久
    2011 「インターネットGISを用いた考古・古環境情報の発信」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 2: 39.
  • 大沼克彦
    2011 「ネアンデルタール人石器の製作実演」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 3: 24.
  • 加藤博文
    2011 「環境変動と北方狩猟民文化の形成」『第 26回北方民族文化シンポジウム:環境変化と先住民の生業文化 -陸域生態系における適応』41-47. 北海道道立北方民族博物館.
  • 加藤博文
    2011 「シベリアにおける旧人・新人遺跡」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究1』51-54. A01班研究報告書No.1.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「北ユーラシアにおける石器製作伝統から見た交替劇の様相:現状と課題」田邊宏樹編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 4: 52.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「北ユーラシアにおける中期・後期旧石器時代の時空間分布とその傾向」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 3: 23.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「北ユーラシアの骨角器使用と人類の高緯度進出」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 2: 11.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「高緯度寒冷地への植民行動 -その進化的・学習的意義-」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5: 166-167.
  • 門脇誠二
    2011 「ヨーロッパにおける中期旧石器時代後葉から後期旧石器時代前葉の石器群とそれに共伴する人骨」田邊宏樹編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 4: 48.
  • 門脇誠二
    2011 「アフリカにおける初期ホモ・サピエンスの石器製作伝統:その時空分布の研究動向」田邊宏樹編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 4: 46.
  • 門脇誠二
    2011 「交替劇の舞台としてのザクロス地方とアラビア半島:石器製作伝統の視点から」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 3: 20.
  • 門脇誠二
    2011 「旧石器人の学習と石器制作伝統 -レヴァント地方の事例研究に向けて-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究1』41-46. A01班研究報告書No.1.
  • 門脇誠二、近藤康久
    2011 「レヴァント地方における中期・後期旧石器インダストリーの消長パターン」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 2: 9.
  • 門脇誠二、近藤康久
    2011 「石器製作伝統の消長パターンからさぐる旧石器人の学習行動」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5: 164-165.
  • 門脇誠二、F. Guliev、久米正吾、下釜和也、赤司千恵、西秋良宏
    2011 「南コーカサス地方の新石器時代 -ギョイテペ遺跡の第3次発掘調査(2010年)」西アジア考古学会編『第18回西アジア発掘調査報告会報告集』53-59.
  • 近藤康久
    2011 「オマーン・バート遺跡群カスル・アル・スレメ地点の岩面陰刻について」『日本西アジア考古学会第16回総会・大会要旨集』9-14.
  • 近藤康久
    2011 「人文フィールドGISの現在・未来:考古学の視点から」『地理情報システム学会講演論文集』20(CD-ROM).
  • 近藤康久
    2011 「交替劇関連移籍・石器制作伝統データベースNeander DBの設計」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究1』55-60. A01班研究報告書No.1.
  • 近藤康久
    2011 「地理情報システムと高精度センシング技術の活用によるオマーン青銅器時代墳墓群の空間構造の解明」財団法人高梨学術奨励基金編『平成22年度研究成果概要報告』93-100.
  • 近藤康久、小口 高
    2011 「生態学的予測モデルの考古学への応用に関する研究」『CSIS DAYS 2011 研究アブストラクト集』12.
  • 近藤康久、藤本 悠、清野陽一、山口欧志
    2011 「CEDACH GIS:ボランティアによる被災文化遺産の復興支援に向けた空間情報コンテンツ整備の取り組み」『地理情報システム学会講演論文』20(CD-ROM).
  • 佐野勝宏
    2011 「考古学的証拠にみる旧人・新人の創造性」田邊宏樹編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 4: 28.
  • 佐野勝宏
    2011 「ヨーロッパにおける中期 -後期旧石器時代移行期の新局面」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 3: 22.
  • 佐野勝宏
    2011 「ステージ3 プロジェクトの到達点」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究1』47-50. A01班研究報告書No.1.
  • 佐野勝宏、小野 昭
    2011 「ヨーロッパにおける旧人石器群と新人石器群の消長と拡散」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5: 168-169.
  • 佐野勝宏、鹿又喜隆、阿子島香、傳田惠隆、柳田俊雄
    2011 「山形県舟形町高倉山遺跡第2次発掘調査」『第25回東北日本の旧石器文化を語る会予稿集』74-82.
  • 椎野若菜、石森大知、大西健夫、梶丸 岳、小西公大、駒澤大佐、近藤康久、佐藤靖明、澤柿教伸、庄山紀久子、福井幸太郎、的場澄人、古澤拓郎
    2011 「フィールドワーカーの知と知をつなぐFieldnetの取り組みと地理情報システム」 『地理情報システム学会講演論文集』20(CD-ROM).
  • 高倉 純
    2011 「北海道の白滝遺跡群における旧石器接合資料の再検討:技量の習得過程復元の観点から」田邊宏樹編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 4: 54.
  • 高倉 純
    2011 「学習行動の復元と石器接合資料の分析:北海道の後期旧石器時代石器群の事例から」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 3: 57.
  • 長井謙治
    2011 「石鏃製作実験から見た学習」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5: 174-175.
  • 長井謙治
    2011 「石鏃製作実験を通して考える学習のプロセス」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究1』61-64. A01班研究報告書No.1.
  • 仲田大人
    2011 「中央日本の後期旧石器時代開始期石器群:愛鷹・箱根西麓の事例」田邊宏樹編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 4: 58.
  • 仲田大人
    2011 「日本の石器研究と学習」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究1』65-69. A01班研究報告書No.1.
  • 長沼正樹
    2011 「交替劇とバイカル・シベリアの旧石器資料」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究1』70-74. A01班研究報告書No.1.
  • 西秋良宏
    2011 「先史時代学習行動研究への民族考古学的アプローチ」田邊宏樹編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 4: 44.
  • 西秋良宏
    2011 「遺跡分布調査から見たユーフラテス河中流域青銅器時代の社会」『日本西アジア考古学会第16回総会・大会要旨集』50-53.
  • 西秋良宏
    2011 「ネアンデルタール人遺跡にみる空間構造」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 3: 19.
  • 西秋良宏
    2011 「趣旨説明 -旧人・新人交替劇と学習」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5: 162-163.
  • 西秋良宏
    2011 「ネアンデルタール人を語る -考古学と脳科学の対話-」西秋良宏編『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究1』1-38. A01班研究報告書No.1.
  • 西秋良宏
    2011 「北メソポタミア初期農耕村落の起源 -シリア、テル・セクル・アル・アヘイマル遺跡第11次発掘調査(2010年)」日本西アジア考古学会編『考古学が語る古代オリエント -第18回西アジア発掘調査報告会』35-39.
  • 西秋良宏(編)
    2011 『考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究1』51-54. A01班研究報告書No.1. 東京大学総合博物館.
  • 西秋良宏、長井謙治
    2011 「複製実験からみたルヴァロワ剥片製作の習熟」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交
  • 西秋良宏、門脇誠二、下釜和也、仲田大人、早川祐一
    2011 「ユーフラテス河中流域の青銅器時代 -第4次調査(2010年)」日本西アジア考古学会編『考古学が語る古代オリエント-第18回西アジア発掘調査報告会』75-80.
  • 橋詰 潤、内田和典、I. Shevkomud、長沼正樹、M. Gorshkov、S. Kositena、E. Bochkaryova、小野 昭
    2011 「ロシア極東アムール川下流域における初期新石器時代の研究 -オシノヴァヤレーチカ12遺跡の調査から-」『日本考古学協会第77回総会研究発表要旨』86-87.
  • 濱口 皓、長沼正樹、出穂雅実、高倉 純、赤井文人
    2011 「北海道上川郡下川町高瀬遺跡の再検討」佐藤宏之編『環日本海北部地域における後期更新世の環境変動と人間の相互作用に関する総合的研究』146-192. 東京大学大学院人文社会系研究科附属北海文化研究所実習施設・人間文化研究機構・総合地球環境学研究所.
  • 日暮泰男
    2011 「投擲運動の学習プロセスの解明:予備的分析の報告」田邊宏樹編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 4: 56.
  • 日暮泰男
    2011 「投擲運動の学習プロセスの解明」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 3: 58.
  • 古澤拓郎、大西健夫、近藤康久(編)
    2011 『フィールドワーカーのためのGPS・GIS入門:フィールドにGPSを持って行こう GISで地図を作ろう』東京:古今書院.
  • 松本直子
    2011 「認知考古学からみた旧人・新人の創造性」田邊宏樹編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 4: 30.
  • 三浦直樹、星野孝総、長井謙治
    2011 「ルヴァロア剥片制作における熟練行動の運動的特徴抽出」西秋良宏編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 3: 53.
  • 三浦直樹、長井謙治、星野孝総
    2011 「三次元動作計測を用いた熟練者の石器製作工程の身体動作解析」寺嶋秀明編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 2: 62.
2010
  • Guliyev, F., Y. Nishiaki, F. Fuseinov, S. Kadowaki, K. Tanno, Y. Hayakawa, N. Hacizade, T. Babayeva, S. Kume, K. Shimogama, Y. Arimatsu, and C. Akashi
    2010 Excavations of a Neolithic settlement at Goytepe. Archaeological Researches in Azerbaijan 2009: 45-54.
  • Kadowaki, S. and Y. Kondo
    2010 A Database of Neanderthal and Modern Human Lithic Industries: Aims and Construction Methods. In T. Akazawa (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 1: 37. Proceedings of the 1st Conference on RNMH.
  • Kato, H.
    2010 Colonial Northward Behavior: Significance to Evolution and Learning. In T. Akazawa (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 1: 57-58. Proceedings of the 1st Conference on RNMH.
  • Nishiaki, Y.
    2010 Archaeological Evidence of Learning in the Palaeolothic Records. In T. Akazawa (ed.) Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. No. 1: 35. Proceedings of the 1st Conference on RNMH.
  • Portillo, M., R. M. Albert, S. Kadowaki, and Y. Nishiaki
    2010 Domestic activities at Early Neolithic Tell Seker al-Aheimar (Upper Khabur, Northeastern Syria) through phytoliths and spherulites studies. In C. Delhon, I. Thery-Parisot and S. Thiebault (eds.) People and Plants: landscape exploitation and vegetal resources management from Prehistoric times to present. pp. 19-30.
  • Sano, K.
    2010 Lithic functional analysis. In E. Rensink (ed.) Eyserheide: A Magdalenian Open-air Site in the Loess Area of the Netherlands and Its Archaeological Context, pp. 113-125. Analecta Praehistorica Leidensia 42. Leiden University, Netherlands.
  • 赤澤 威、西秋良宏、丹野研一、仲田大人、近藤 修、石井理子、佐々木智彦、米田 穣、L. Gourichon、Y. Kanjo、S. Muhesen
    2010 「旧人ネアンデルタールと新人サピエンスの交替劇を探る -シリア、デデリエ洞窟2009年度調査」日本西アジア考古学会編『考古学が語る古代オリエント -第17回西アジア発掘調査報告会』24-30.
  • 加藤博文
    2010 「第9日目 旅する人類の考古学 -草原とツンドラの彼方へ-」『北方を旅する』223-252. 北海道大学出版会.
  • 加藤博文
    2010 「出シベリアの人類史」菊池俊彦編『北東アジアの歴史と文化』31-55. 北海道大学出版会.
  • 加藤博文
    2010 「高緯度寒冷地域への植民行動:その進化的・学習的意義」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 1: 36.
  • 門脇誠二、近藤康久
    2010 「旧人・新人に関わる石器製作伝統のデータベース化:その目的と方法」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 1: 37.
  • 近藤康久、門脇誠二、西秋良宏
    2010 「考古学におけるネットワーク・コンピューティング -「旧人・新人交替劇」遺跡データベースの取り組み-」『日本情報処理学会・人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2010』173-180.
  • 長沼正樹
    2010 「後期更新世の狩猟採集社会」佐々木義則編『武田遺跡群総括・補遺編』1-32. 茨城県ひたちなか市教育委員会.
  • 長沼正樹
    2010 「アムール下流域のオシポフカ文化」菊池俊彦編『北東アジアの歴史と文化』55-69. 北海道大学出版会.
  • 西秋良宏
    2010 「旧石器人の学習に関わる考古学的証拠」赤澤 威編『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』No. 1: 35.
  • 西秋良宏
    2010 「考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究」『第64回日本人類学会大会抄録集』82.
  • 西秋良宏、仲田大人、Y. Kanjo、S. Muhesen、赤澤 威
    2010 「西アジア前期旧石器時代の剥片石器群 -シリア、デデリエ洞窟出土ヤブルディアン資料にふれて」『日本旧石器学会第8回講演・研究発表・シンポジウム予稿集』15-16.
2009
  • Nishiaki, Y., S. Muhesen, and T. Akazawa
    2009 Newly discovered Late Epipalaeolithic lithic assemblages from Dederiyeh Cave, the northern Levant. In E. Healey, S. Campbell, and O. Maeda (eds.) PPN Chipped Lithic Industries. University of Manchester, UK.
  • 西秋良宏
    2009 「ネアンデルタール人の生存戦略、新人との違いを探る」『沖縄にネアンデルタール人は来たか -科学研究費補助金基盤研究(S)公開シンポジウム要旨集』10-11.
  • 西秋良宏
    2009 「初期の人類史と鉄利用」宮本英昭・橘省吾編『鉄 -137億年の宇宙史』79-83. 東京大学総合研究博物館.
  • 西秋良宏、木内智康(編)
    2009 『農耕と都市の発生 -西アジア考古学最前線』東京:同成社.
  • 西秋良宏 他8名
    2009 「現生人類の起源を探る -シリア、デデリエ洞窟の2008年度調査」日本西アジア考古学会編『古代オリエント世界を掘る』22-27.
2008
  • Nishiaki, Y.
    2008 Naissance des Divinites: Figurine feminine "exceptionnelle" du neolithique. Ministere de la Culture, Direction Generale des Antiquites et des Musees. Damascus, Syria.
  • Nishiaki, Y., and M. Le Miere
    2008 Stratigraphic contexts of the early Pottery Neolithic at Tell Seker al-Aheimar, the Upper Khabur, Northeast Syria. In H. Kuehne, et al (eds.) Proceedings of the 4th International Congress of the Archaeology of the Ancient Near East. 2: 377-386. Wiesbaden, Harrassowitz Verlag, Germany.
  • 西秋良宏
    2008 「縄文時代開始期と同じ頃の西アジア -旧石器時代から新石器時代への移行」小林謙一編『縄文時代の始まり』20-39. 東京: 六一書房.
  • 西秋良宏(編)
    2008 『遺丘と女神 -メソポタミア原始農村の黎明』東京大学出版会.
2007
  • Nishiaki, Y.
    2007 Patterns in exploitation and use of flint at the Neolithic settlement of Tell Seker al-Aheimar, northeast Syria. In C. Delage. John and Erica Hedges (eds.) Chert Availability and Prehistoric Exploitation in the Near East, 72-99. Oxford, UK. 87-103.
2006
  • Kondo, O., H. Ishida, M. Yoneda, Y. Nishiaki, H. Nakata, M. Aoki, and T. Akazawa
    2006 Excavation of Dederiyeh cave in Syria: its contribution to paleoanthropology in West Asia. In Collected works for The 40th anniversary of Yuanmou Man discovery and the international conference on Palaeoanthropological studies, pp. 261-268. Yunnan Science & Technology Press, Kunming, China.
2005
  • 西秋良宏
    2005 「一日を想像する」赤澤 威編『ネアンデルタールの正体』283-310. 東京: 朝日撰書.
  • 西秋良宏
    2005 「初期人類の食料獲得戦略」佐藤宏之編『食糧獲得の考古学』238-258. 東京: 朝倉書店.
  • 西秋良宏
    2005 「石材消費の様相 -中期旧石器時代から後期旧石器時代を見る」千葉県史料研究財団編『千葉県の歴史: 資料編考古4』120-125.
2004
  • Nishiaki, Y.
    2004 Sickle manufacturing technologies at two Chalcolithic sites in the North Mesopotamia. In O. Aurenche, M. Le Miere and P. Sanlaville (eds.) From the River to the Sea, the Paleolithic and the Neolithic on the Euphrates and in the Northern Levant, pp. 383-394. Oxford: Lyon, Archaeopress, Maison de l'Orient, France.
  • 西秋良宏
    2004 「石器製作実験の可能性 -ハンマー操作習熟実験にふれて」石器技術研究会編『石器づくりの実験考古学』36-55. 東京: 学生社.

文部科学省科研費補助金「新学術領域研究」:ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく実証的研究
プロジェクト本部:高知工科大学・総合研究所/〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 CIC東京302 TEL:03-5440-9039 FAX: 03-5440-9119
お問い合わせ先:koutaigeki@gmail.com
文部科学省 | 日本学術振興会
Copyright all reserved by RNMH Project Group, 2012, 2013; 更新日:2016年12月09日