交替劇 TOP  |   A01 TOP  |   リンク  |   研究班専用ページ  |  



2015
  • 新井才二、O. Aripdjanov、仲田大人、三木健裕、大森貴之、R. Suleymanov、西秋良宏
    2015 「ウズベキスタン,アンギラク洞窟出土の動物骨にみる中期旧石器時代人の動物利用」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 加藤真二、國木田大、髙倉 純、森川 実、芝康次郎、長沼正樹、尾田識好
    2015 「華北土器出現期に関する予察」『第16回北アジア調査研究報告会』2015.2.22. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2015 考古学から見た学習仮説 -新人と旧人の文化格差はいつ生じたか」『なぜネアンデルタール人はいなくなったのか -学習仮説からの展望』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2015.7.5. 東京大学.
  • 近藤康久、佐野勝宏、大森貴之、阿部彩子、W. Chen、大石龍太、門脇誠二、長沼正樹、小口 高、西秋良宏、米田 穣
    2015 「旧人・新人の生態ニッチモデリング共同研究のまとめ」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 近藤康久、佐野勝宏、門脇誠二、長沼正樹、西秋良宏
    2015 「交替劇関連遺跡・石器製作伝統デー タベースNeander DB構築のまとめ」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 佐野勝宏
    2015 「ネアンデルタール人の絶滅プロセスとその背景」『ネアンデルタール人の絶滅の謎に迫る』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2015.2.7. 東京大学.
  • 長沼正樹
    2015 「考古学とアイヌ」『平成26年度第三期イオル伝承者(担い手)育成事業研修考古学講座』2015.3.23. 北海道:アイヌ民族博物館(白老).
  • 長沼正樹、加藤博文
    2015 「草原景観と旧石器時代における人類移住ルートの可能性」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 西秋良宏
    2015 「東京大学のシリア調査」『シリア内戦下の文化財危機シンポジウム』2015.2.22-23. 東京:サンシャインシティ文化会館.
  • 西秋良宏
    2015 「考古学からみた交替劇」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会. 2015.3.7-8. 高知会館.
  • 西秋良宏、O. Aripdjanov、R. Suleymanov、仲田大人、三木健裕、新井才二
    2015 「北ユーラシアの旧人・新人交替劇―ウズベキスタン旧石器遺跡調査(2014年)」『古代オリエント世界を掘る -第22回西アジア発掘調査報告会』2015.3.22-23. 東京:サンシャインシティ文化会館.
2014
  • Higurashi, Y.
    2014 On the mechanics of the spear thrower. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kadowaki, S.
    2014 Diffusion or progressive integration? : Re-considering the widespread distributions of early UP/LSA bladelet technologies from west Asia to south Europe and from east Africa to south Asia. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kadowaki, S. and Y. Nishiaki
    2014 Middle Epipalaeolithic technological variability in the northern Levant: New data from the middle Euphrates. The Society for American Archaeology 79th Annual Meeting. 2014.4.26. Austin, USA.
  • Kadowaki, S., Y. Nishiaki, and F. Guliyev
    2014 Tracing the origins of early agricultural settlements in the southern Caucasus: New evidence from Hacı Elamxanlı Tepe (Azerbaijan) in the 2012 and 2013 seasons. The 9th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East. 2014.6.13. Basel, Switzerland.
  • Kato, H., M. Naganuma, and T. Sato
    2014 Results of the archaeological excavation from Hamanaka-2 site 2011 and 2013 field years. Workshop May BaikalHokkaido Archaeology Project. 2014.5.5. Edmonton, Canada.
  • Kobayashi, Y., S. Kadowaki, and M. Naganuma
    2014 A population-genetics based model for explaining apparent cultural continuity from the Middle to Upper Palaeolithic in Eurasia. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Kondo, Y., K. Sano, S. Kadowaki, M. Naganuma, T. Omori, M. Yoneda, and Y. Nishiaki
    2014 Assessing environmental factors to the replacement of Neanderthals by Modern Humans in terms of ecocultural niche modelling. European Geosciences Union General Assembly 2014, SSP4.2 Always Look on the Bright Side -Environmental Constrains of Early Human Expansions. 2014.5.2. Vienna, Austria.
  • Lipnina, E., G. Medvedev, F. Khazykhenova, K. Yoshida, D. Kunikida, T. Sato, and H. Kato
    2014 The exploitation and adaptation in the Asian Arctic and Paleolithic in the Baikal Siberia. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nakata, H.
    2014 The Emergence of the Upper Palaeolithic in the Japanese Archipelago. RNMH 2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nishiaki, Y.
    2014 Recent progress in the archaeology of Palaeolithic caves in Japan. The 32nd National Geoscience Congress and the 1st International Speleology Congress, 2014.2.16-19. Geological Survey in Iran, Tehran and Hamedan.
  • Nishiaki, Y.
    2014 The RNMH project: A summary. RNMH 2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nishiaki, Y. and T. Akazawa
    2014 The Middle Palaeolithic of the Palmyra Basin, Syria -Intra-site spatial patterning at Douara Cave. The XVII UISPP World Congress. 2014.9.1-7. Burgos, Spain.
  • Nishiaki, Y., O. Aripdjanov and R. Suleimanov
    2014 The late Middle Palaeolithic occupations at Anghilak Cave, southern Uzbekistan. The 7th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association Conference. 2014.11.12-16. Gongju, Korea.
  • Nishiaki, Y., O. Aripdjanov, R. Suleymanov, H. Nakata, S. Arai, T. Miki, and J. Ismailova
    2014 New insight into the end of the Middle Palaeolithic in Central Asia. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjou, and T. Akazawa
    2014 The Neanderthal occupations at Dederiyeh Cave, Syria. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2014 The "Natufian" in northern Levant: The Late Epipalaeolithic of Dederiyeh Cave, Afrin Valley, northwest Syria. The XVII UISPP World Congress. 2014.9.1-7. Burgos, Spain.
  • Ono, A.
    2014 Two patterns of obsidian exploitation in the Upper Palaeolithic of the Japanese Islands. Mikulov Anthropology Meeting. 2014.8.27-29. Mikulov, Czech Republic.
  • Ono, A.
    2014 Natural resource environment and humans around obsidian exploitation in the Central Highland, Japan. The 7th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association Conference. 2014.11.12-16. Gongju, Korea.
  • Takakura, J.
    2014 The technological and behavioral transformation in the middle Upper Paleolithic in Hokkaido, Northern Japan: Interpreting the emergence of pressure microblade production and its significance. The XVII UISPP World Congress. 2014.9.1-7. Burgos, Spain.
  • Takakura, J.
    2014 Tanged points and the middle Upper Paleolithic assemblages in Hokkaido, Northern Japan. The 7th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association Conference. 2014.11.12-16. Gongju, Korea.
  • Takakura, J.
    2014 Identifying the pressure microblade production using the fracture wings: recent research from the Middle Upper Paleolithic Hokkaido, Northern Japan. International Workshop on Paleoecology and Human Behavioral Adaptation around the LGM in Eurasia. 2014.11.28. Tokyo.
  • Takakura, J.
    2014 Toward an understanding of learning strategy in the Upper Paleolithic: A case study in Hokkaido, Northern Japan. RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2014.11.30-12.6. Date, Hokkaido.
  • 小野 昭
    2014 「信州の黒曜石研究と世界の黒曜石」『信州の黒曜石研究のいま -明治大学・信州大学連携協定第1回講演会-』2014.12.7. 長野:諏訪市文化センター.
  • 門脇誠二
    2014 「新人拡散期の石器伝統の変化: アフリカ,西アジア,ヨーロッパ」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2014 「南コーカサスにおける新石器時代の打製石器技術:ハッジ・エラムハンル遺跡の事例」『日本西アジア考古学会第19回大会』2014.6.14-15. 神奈川:鎌倉女子大学.
  • 門脇誠二
    2014 「新人拡散期の西アジアとアフリカの石器文化」『石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相』2014.3.15. 愛知:名古屋大学.
  • 門脇誠二
    2014 「西アジアの旧石器時代」『西アジア考古学連続講義 -発掘現場からのメッセージ』2014.2.1. 京都:龍谷大学.
  • 近藤康久、佐野勝宏、阿部彩子、大森貴之、大石龍太、門脇誠二、W. Chen、長沼正樹、小口 高、米田 穣、西秋良宏
    2014 「生態ニッチ確率の逆数を負荷係数とする移動コスト分析によって大陸スケールでの人類拡散速度を推定する」『第68回日本人類学会大会:若手会員大会発表賞対象口演2(通常会員)』2014.11.1. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 髙倉 純
    2014 「後北B-C1期の遺跡形成と石器群」『北海道考古学会2013年度1月月例研究会』2014.1.25.北海道大学.
  • 髙倉 純
    2014 「北海道の石刃鏃石器群再考」『科学研究費助成事業『環日本海北回廊の考古学的研究』研究集会』2014.2.16. 東京大学.
  • 髙倉 純
    2014 「北海道中央部における続縄文時代の黒曜石利用」『第15回北アジア調査研究報告会』2014.3.2. 北海道:札幌学院大学.
  • 髙倉 純
    2014 「新大陸への新人拡散 -交替劇への示唆-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 仲田大人
    2014 「日本列島における後期旧石器時代」『石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相』2014.3.15. 愛知:名古屋大学.
  • 長沼正樹
    2014 「北海道考古学とアイヌ(1)」『北海道大学アイヌ・先住民研究センター無料公開連続セミナー「アイヌを学ぶ」(上級コース)』2014.10.7. 北海道大学アイヌ・先住民研究センター.
  • 長沼正樹
    2014 「新人拡散期の石器伝統の変化:ユーラシア東部」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2014 「中東ネアンデルタール社会の人口変化 -中期旧石器時代の文化進化をめぐって」『日本オリエント学会第56回大会』2014.10.25-26. 東京:上智大学.
  • 西秋良宏
    2014 「考古学資料からネアンデルタール人と新人サピエンスの交替劇を考える」『ネアンデルタール人の脳機能と学習行動を探る』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」公開講演会. 2014.9.28. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2014 「旧人と新人の学習能力を比較する上での考古学的論点」『2014年度人類学関連学会協議会合同シンポジウム』2014.5.17. 千葉:幕張メッセ.
  • 西秋良宏
    2014 「旧人と新人の文化的交替とインタラクション」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 西秋良宏、O. Aripdjanov、R. Suleymanov、仲田大人、三木健裕、新井才二
    2014 「ウズベキスタンのムステリアン遺跡,アンギラク洞窟の発掘」『日本西アジア考古学会第19回大会』2014.6.14-15. 神奈川:鎌倉女子大学.
  • 西秋良宏、O. Aripdjanov、R. Suleymanov、長沼正樹、仲田大人、三木健裕
    2014 「北ユーラシアの旧人・新人交替劇 -ウズベキスタン旧石器遺跡調査(2013年)」『古代オリエント世界を掘る -第21回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会. 2014.3.22-23. 東京:サンシャインシティ文化会館.
  • 日暮泰男
    2014 「槍先端部の質量による投擲された槍の運動の変化:2014年度の研究計画と予備的結果」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会. 2014.5.10-11. 東京大学.
  • 日暮泰男、藤原英大、熊倉博雄
    2014 「投槍器のしくみ:身体から投射体への動力伝達」『第68回日本人類学会大会』2014.10.31-11.3. 静岡:アクトシティ浜松.
  • 松本直子
    2014 「縄文から弥生への文化変化」『石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相』2014.3.15. 愛知:名古屋大学.
2013
  • Naganuma, M.
    2013 The emergence of modern behaviors in North, Central, and Eastern Asia: issues of the non-European archaeological record. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Nakata H.
    2013 The Aira caldera eruption and cultural evolution in the palaeolithic of central Japan. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Nishiaki, Y.
    2013 Introduction. Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2013 Neanderthals and their environments at Dederiyeh Cave, Syria. France-Japan Academic Forum: Interplay between Hominids and Environment over Geological Time, Muséum national d'Histoire naturelle. 2013.10.23-26 Paris, France.
  • Nishiaki, Y.
    2013 The Middle Palaeolithic of Iran as seen from the Levant. The International Conference on the Paleolithic of Iran. 2013.4.21. University of Tsukuba, Ibaraki.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2013 Variability in the core reduction and processing technology of the Levantine Mousterian industry at Dederiyeh Cave, Syria. The 5th Arheoinvest Symposium - 'Stories Written in Stone': International Symposium on Chert and Other Knappable Materials. 2013.8.20-24. Iasi University, Romania.
  • Higurashi, Y.
    2013 Reconstruction of hunting behavior with projectile weapons in Neanderthals and early modern humans based on differences in skeletal morphology: annual research plan 2013-14. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Jöris, O.
    2013 The Lower to Middle Paleolithic transition: from imitation to the origins of tradition. Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Jöris, O.
    2013 The origins of settlement and society: the Upper Paleolithic roots of modern human spatial behavior. Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Kadowaki, S.
    2013 Dispersals of early Homo sapiens into Europe: A view from the Levantine Upper Palaeolithic. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Kadowaki, S.
    2013 Approaching learning behaviors in the replacement of Neanderthals by modern humans: a view from African and Levantine archaeological records. Neanderthals and Modern Humans: Archaeological Approaches to Their Learning Behaviors. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Kadowaki, S.
    2013 Re-examination of archaeological records during the terminal Middle Palaeolithic and the early and the early Upper Palaeolithic in west Asia: A view of lithic technological variability. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Kadowaki, S. and K. Sano
    2013 Towards a clarification of the process of Homo sapiens dispersals into Europe. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Kato, H.
    2013 Mobile or settled: Cultural functional diversity of prehistoric pottery in Hokkaido Island. Circumpolar Ceramics: Hunter-Gatherer Pottery Technology and the 'Foraging Spectrum,' The 78th Annual meeting of Society of American Archaeology. 2013.4.6. Honolulu, USA.
  • Kato, H.
    2013 Ainu ethnohistory from the archaeological perspectives. Asian Archaeology, Art and Culture Seminar Series, School of Archaeology, 2013.2.20. University of Oxford, UK.
  • Kondo, Y., S. Kadowaki, K. Sano, M. Naganuma, K. Nagai, K. Shimogama, H. Kato, A. Ono, and Y. Nishiaki
    2013 Recent progress of the 'Replacement of Neanderthals by Modern Humans' lithic industry database. The 41st Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology: ACROSS SPACE AND TIME Conference, CAA 2013. March 25-28, 2013. The University Club of Western Australia, Perth.
  • Kondo, Y., S. Sano, M. Kadowaki, K. Naganuma, T. Omori M. Yoneda, and Y. Nishiaki
    2013 Eco-cultural niche modelling for the replacement of Neanderthals by modern humans based on a collaboration of the archaeology and palaeoenvironment teams. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12. 21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Omori, T. and K. Sano
    2013 Reconsidering radiometric chronology of the European Paleolithic industries. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Takakura, J.
    2013 Testing and skill learning: a case study of the Upper Paleolithic assemblages at the Shirataki sites in Hokkaido, Northern Japan. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Takakura, J.
    2013 Metalearning process: An archaeological perspective. The 8th Conference on the RNMH Project. 2013.12.21-23. Kyoto University, Kyoto.
  • Tanno, K., G. Willcox, Y. Nishiaki, and T. Akazawa
    2013 Preliminary results of analyses of charred plant remains from Late Natufian site of Dederiyeh, northwest Syria. The 16th Conference of the International Work Group for Palaeoethnobotany. 2013.6.17-21. Thessaloniki, Greece.
  • Sano, K., S. Kadowaki, M. Naganuma, Y. Kondo, K. Nagai, K. Shimogama, K. Nagai, H. Nakata, T. Omori, M. Yoneda, H. Kato, A. Ono, O. Jöris, and Y. Nishiaki
    2013 Dispersal processes of modern humans from Africa into western and eastern Eurasia: Preliminary results of RNHM project. The 3rd Annual Meeting of European Society for the Study of Human Evolution. 2013.9.19-21. Vienna, Austria.
  • Sano, K.
    2013 Problems and prospects the studies on RNMH in Europe. The 7th Conference on the RNMH Project. 2013.5.11-13. The University of Tokyo.
  • Sano, K.
    2013 Dispersal of modern humans and demise of Neanderthals: a view from spatiotemporal patterns of the European transitional industries. 2013.11.22-24. International Workshop. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Sano, K., S. Kadowaki, M. Naganuma, Y. Kondo, K. Shimogama, K. Nagai, H. Nakata, T.Omori, M. Yoneda, H. Kato, A. Ono, O. Jöris, and Y. Nishiaki
    2013 Modern Human Dispersal into Eurasia: Preliminary Results of the Multi-Disciplinary Project on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans. Abstracts of 3rd Annual Meeting of European Society for the study of Human Evolution (ESHE). 19-21 September, Vienna, Austria.
  • 大森貴之、佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパ後期旧石器インダストリーにおける理化学年代の再整理」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013. 5.11-13. 東京大学.
  • 小野 昭
    2013 「組み合わせ狩猟具が出現するまで:シェーニンゲンの木製槍とその対象獣」『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会. 2013.2.9-10. 宮城:東北大学.
  • 小野 昭
    2013 「石器の接合」『日本列島における細石刃石器群の起源』2013.9.14-15. 長野:浅間文明ミュージアム.
  • 加藤博文
    2013 「考古学的資料から見た北極圏への人類集団の進出」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2013「北ユーラシアにおける現代人的行動の時空分布とその特徴」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「西アジアの旧石器時代」『西アジア考古学連続講義 -発掘現場からのメッセージ』2013.11.9. 東京:早稲田大学.
  • 門脇誠二
    2013 「西アジアからヨーロッパへの現生人類拡散と移行期文化」『第67回日本人類学会大会』2013.11.2. 茨城:国立科学博物館.
  • 門脇誠二
    2013 「初期ホモ・サピエンスの文化進化:アフリカ、西アジア、ヨーロッパの旧石器文化編年からの展望」『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学から見た学習』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01公開シンポジウム. 2013.7.6-7. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「南コーカサスにおける新石器化:ハッジ・エラムハンル遺跡からの展望」『日本西アジア考古学会第18回大会』2013.6.1-2. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「シリア内陸部における上部旧石器時代前半の石器文化変遷」『日本西アジア考古学会第18回大会』2013.6.1-2. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「黒曜石を知るヒト、知らないヒト」『人間と黒曜石―ナイフになったマグマ』蒲郡市生命の海科学館市民講演会. 2013.1.14. 愛知: 蒲郡市生命の海科学館.
  • 門脇誠二
    2013 「アフリカにおける初期ホモ・サピエンスの文化多様性と「交替劇」への新たな展望」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「グローバルでより正確な「新人・旧人交替劇」の理解に向けて:アフリカ、西アジア、ヨーロッパ、の考古記録の統合」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2013 「レヴァントの旧石器文化からさぐるヨーロッパへの新人拡散」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013. 5.11-13. 東京大学.
  • 門脇誠二、赤司千恵、西秋良宏
    2013 「新石器時代農耕民による穀物貯蔵の地考古学的研究:ギョイテペ遺跡の事例(南コーカサス)」『日本オリエント学会第55回大会』2013.10.26-27. 京都外国語大学.
  • 門脇誠二、佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパにおける交替劇の解明に向けて」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. シンポジウム2. 2013. 5.11-13. 東京大学.
  • 近藤康久
    2013 「交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースの改良」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 近藤康久、丸川雄三、小口 高、赤澤 威
    2013 「RNMH-iii: 交替劇プロジェクトにおける研究情報統合事業」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 近藤康久、佐野勝宏、門脇誠二、長沼正樹、大森貴之、米田 穣、西秋良宏
    2013 「A01班とB02班の共同研究による「交替劇」進行期の生態文化のニッチモデリング」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 佐野勝宏
    2013 「旧人・新人の移動パタン」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 佐野勝宏
    2013 「複合的狩猟技術が出現するまで:新人のイノベーション」『旧人と新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会. 2013.2.9-10. 宮城:東北大学.
  • 佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパにおける旧人インダストリーの時空間変遷」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 佐野勝宏
    2013 「ヨーロッパにおける交替劇研究の課題と展望」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013. 5.11-13. 東京大学.
  • 高倉 純
    2013 「北海道白滝遺跡群の石器接合資料における技量差の判定と学習行動」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 高倉 純
    2013「北海道における押圧細石刃剥離技術の出現」『日本列島における細石刃石器群の起源』2013. 9.14-15. 長野:浅間文明ミュージアム.
  • 高倉 純
    2013 「考古資料科から見たメタ学習」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 仲田大人
    2013 「日本列島における現代人的行動とその背景」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 仲田大人
    2013 「細石刃石器群と文化伝達」『日本列島における細石刃石器群の起源』2013.9.14-15. 長野:浅間文明ミュージアム.
  • 仲田大人
    2013 「姶良火山の噴火と文化進化:日本列島中央部の例」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 長沼正樹
    2013 「北ユーラシアにおける現代人の拡散と細石刃の出現」研究会『東亜旧石器時代人類文化的交流』 2013.2.28. 香港:香港中文大学中国文化研究所.
  • 西秋良宏
    2013 「考古学資料にもとづく旧人・新人学習行動の実証的研究(2013年度)」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 西秋良宏
    2013 「ネアンデルタール人の石器文化」『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学から見た学習』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01公開シンポジウム. 2013.7.6-7. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「ナトゥーフィアンから新石器時代へ」『交替劇フォーラム』科学研究費補助金「新学術領域研究」2013.6.23. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「西アジア北縁の新石器化 -趣旨説明」『日本西アジア考古学会第18回大会』2013.6.1-2. 東京大学.
  • 西秋良宏、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2013 「レヴァント地方中期旧石器時代石器群の技術的変異に関する考察」『日本旧石器学会第11回大会』2013.6.15-16. 神奈川:東海大学.
  • 西秋良宏、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2013 「シリア、デデリエ洞窟出土の中期旧石器時代初頭石器群」『日本西アジア考古学会第18回大会』2013.6.1-2. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「ネアンデルタール人石器群の技術的型式的変異」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013. 5.11-13. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「はじめに」『交替劇データベースの現状と課題』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01研究会. 2013.5.10. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「交替劇への認知考古学的アプローチ」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「パプアニューギニア狩猟採集民にみる弓矢製作の学習スケジュール」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 西秋良宏
    2013 「考古学資料にもとづく旧人・新人学習行動の実証的研究(2012年度)」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 日暮泰男
    2013 「投槍器を用いた槍投げにおける上肢の動き-生体力学的知見から過去の人類における投槍器の習得について考える-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 日暮泰男
    2013 「旧人・新人の投擲運動:生体力学的検討」『旧人・新人の狩猟具と狩猟法』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A01/A02/B02班合同研究会. 2013.2.9-10. 宮城:東北大学.
  • 日暮泰男
    2013 「ネアンデルタールとサピエンスの骨格の形態差から探る飛び道具使用行動の差異:2013年度の研究計画」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会. 2013.5.11-13. 東京大学.
  • 日暮泰男
    2013 「投槍器を用いた槍投げにおける投射角と運動エネルギーの伝達」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
  • 松本直子
    2013 「交替劇研究への認知考古学の貢献と論点」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会. 2013.1.12-14. 東京大学.
  • 松本直子
    2013 「「芸術」はどのような状況で生まれるのか -考古学的検証-」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第8回研究大会. 2013.12.21-23. 京都大学.
2012
  • Hayashi, K., R. Ishii, Y. Nakamura, H. Terashima, and Y. Nishiaki
    2012 Technical Transmission of Hunting Tool Manufacture: A Case of Spear Hunting Among Modern Hunter-Gatherers in Southeast Cameroon. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Higurachi, Y.
    2012 Aimed Spear-Throwing in Modern Humans : A Preliminary Study of Upper Limb kinematics. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kadowaki, S. and K. Sano
    2012 From the Beginning: Tracing the Patterns of Cultural Changes of Early Homo Sapiens in Africa, West Asia, and Europe. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kadowaki, S. and Nishiaki, Y.
    2012 Does speed matter? Reexamining patterns of cultural changes in the Middle and Upper Palaeolithic of the Levant. Colloque UISPP, Modes de contacts et de déplacements au Paléolithique eurasiatique, 2012.5.29-31. Université de Liège, Belgium.
  • Kato, H.
    2012 Хирофуми "Социокультурные последствия Фукусимской катастрофы." Российско-Японский семинар «Фукусима: социокультурные последствия катастрофы», МИОН, ИГУ, 2012.12.15. Irkutsk, Russia.
  • Kato, H.
    2012 Ainu culture around sea and forest: Its origin and diversity. Seminar on Sami and Ainu, Sami & Ainu Culture Festival, 2012.10.1. University of Tromso, Norway.
  • Kato, H.
    2012 Indigenous archaeology of the Ainu. The 17th JSPS "Science in Japan Forum": Routes of Indigenous Research, 2012.6.12. Cosmos Club, Washington DC, USA.
  • Kato, H. and M. Naganuma
    2012 Thinking the Beginning of Early Upper Paleolithic in Siberia and Central Asia. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kondo, Y.
    2012 Neander DB 2.0 : Improvement of the "Replacement of Neanderthals by Modern Humans" Lithic Industry Database. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Kondo, Y.
    2012 Potential of geographical information sciences in prehistory: case studies from Paleolithic archaeology. Paper Presented at the 1st international conference of Asian Network of Historical GIS, 2012.12.1-2. Tokyo.
  • Kondo, Y. and T. Oguchi
    2012 Ecological niche modelling for archaeological prediction: Case studies from the Pleistocene Levant and Holocene East Japan. Paper presented at the 40th annual conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, 2012.3.26-30.
  • Southampton, UK.
  • Kondo, Y., T. Oguchi, T. Omori, W. Song, and M.Yoneda
    2012 Spatially bridging paleobotany and paleoanthropology: GIS-based data integration for the project "Replacement of Neanderthals by Modern Humans." Poster presented at IPC VIII /IOPC IX, 2012.8.23-30, Tokyo.
  • Naganuma, M.
    2012 The Osipovka Culture: One of the Earliest Emergence of Pottery in the North Eastern Asia -Russian Lower Amur Region-. 『蘭州大学西部環境与気候変化研究院先端学術報告2012-02期』2012.3.1. 蘭州大学祁連堂, China. (招待講演).
  • Nakata, H.
    2012 The Initial and Early Upper Paleolithic of the Japanese Archipelago. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2012 PPN-PN lithic changes in the Fars, Southwest Iran. The Seventh International Conference on the PPN Chipped Lithic Industries of the Near East, 2012.2.14-17. Barcelona: Autonoma University.
  • Nishiaki, Y.
    2012 "Gift" as a Means of Cultural Transmission : An Archaeological Implication of Bow and Arrow Technology in Papua New Guinea. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2012 The archaeological Database for the RNMH Project. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2012 Early-Middle Bronze Age steppe exploitation as seen from an archaeological survey of the Middle Euphrates, Syria. The Eighth International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East, 2012.4.30-5.4. Warsaw University, Poland.
  • Nishiaki, Y.
    2012 Introduction to the Neolithic sites of Fars and their chronology. International Workshop: The Late Prehistory of Southwest Iran, 2012.12.11. The University Museum, The University of Tokyo.
  • Nishiaki, Y.
    2012 The Neolithisation of the South Caucasus. Public Lecture, the Archaeological Society of Iran, 2012.1.3. Tehran University, Iran.
  • Oguchi, T., Y. Kondo, Y. Takaya, and M. Kawabata
    2012 WebGIS for mapping information from paleoenvironmental literature. Poster presented at the 32nd International Geographical Congress(IGC) 2012, 2012.8.26-30. Cologne, Germany.
  • Sano, K.
    2012 Projectile experimentation for identifying hunting methods with replicas of Upper Palaeolithic weaponry from Japan. International Conference on Use-Wear Analysis, 2012.10.10-12. Universidade do Algarve, Portugal.
  • Song, W., Y. Kondo, and T. Oguchi
    2012 PaleoGeo: A WebGIS for distributing information from paleoenvironmental literature. Poster presented at RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • akakura, J.
    2012 Upper Paleolithic in Hokkaido, Northern Japan: Recent Achievement. 『蘭州大学西部環境与気候変化研究院先端学術報告2012-02期』2012.3.1. 蘭州大学, China.
  • Takakura, J.
    2012 New Insights into the Skill Learning Processes in the lithic Production : An Analysis of the Refitted Material from the Kyushirataki 15 Site in Hokkaido, Northern Japan. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.
  • Takakura, J.
    2012 Lithic Refitted Materials and Identification of Technical Skill Level : Lessons from the Upper Paleolithic Assemblages of the Shirataki Sites in Hokkaido, Northern Japan. RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning, 2012.11.18-24. Tokyo.

  • 安倍雅史、M.H. Azizi Kharanaghi、西秋良宏 2012 「ザグロス南部ファールス地方ラハマタバード遺跡出土石器資料の研究」『日本オリエント学会第54回大会』2012.11.24-25. 神奈川:東海大学湘南キャンパス.
  • 加藤博文
    2012 「狩猟対象から儀礼対象へ」、『食と儀礼を巡る世界の旅:先住民文化からみたシベリアとアメリカ』日本文化人類学会公開シンポジウム. 2012.11.20. 宮城:東北大学.
  • 加藤博文
    2012 「パブリック考古学の課題と展望:研究は誰のためのものか」第66回日本人類学会大会. シンポジウム12. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 加藤博文
    2012 「環境適応行動はどのように推定できるのか:考古学からの視点」『新学術領域研究「交替劇」A01班・B01班合同シンポジウム』2012.8.29. 北海道大学遠友学舎.
  • 加藤博文
    2012 「シベリアに進出したデニソワ・ネアンデルタール人」『第2回交替劇プロジェクト公開講座』2012.6.30. 東京:キャンパス・イノベーションセンター東京国際会議室.
  • 加藤博文
    2012 「シベリアにおける旧石器編年と交替劇」『新学術領域研究「交替劇」公開シンポジウム ホモサピエンスと旧人 -旧石器考古学からみた交替劇』2012.6.16-17. 東京大学.
  • 加藤博文
    2012 「北海道の先史文化のダイナミズムと環境」『新学術領域研究 環太平洋の環境文明史シンポジウム 環太平洋の環境と文明を考える』2012.6.2. 北海道:札幌大学.
  • 加藤博文
    2012 「人類の起源と進化」『中小企業同友会第60回同友会大学』2012.5.22. 一般社団法人北海道中小企業家同友会.
  • 加藤博文
    2012 「シベリアにおける旧人・新人「移行期仮説」の検証」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 加藤博文
    2012 「シベリアにおける旧人・新人「移行期仮説」の検証」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二
    2012 「墓前儀礼としての石器づくり? ユーフラテス河中流域における青銅器時代墓地と石器散布の空間関係」『メソポタミア青銅器時代の葬制』日本西アジア考古学会2012年度ワークショップ. 2012.12.8. 東京:国士舘大学.
  • 門脇誠二
    2012 「石の観測知―岩石からみる石器文化」『Hands On 3:観測知にふれるハンズオン・ギャラリー(第4回)』2012.10.20. 愛知:名古屋大学博物館.
  • 門脇誠二
    2012 「レヴァント地方上部旧石器文化の多様性:ユーフラテス川中流域の新資料から」『日本オリエント学会第54回大会』2012.11.25. 神奈川:東海大学湘南キャンパス.
  • 門脇誠二
    2012 「石の観測知―岩石からみる石器文化」『Hands On 3:観測知にふれるハンズオン・ギャラリー(第1回)』2012.7.8. 東京大学総合研究博物館.
  • 門脇誠二
    2012 「アフリカの中・後期石器時代とレヴァントの中・後期旧石器時代の編年と現代人的行動の出現に関する予備的考察」『日本旧石器学会第10回大会』2012.6.23-24. 奈良文化財研究所.
  • 門脇誠二
    2012 「アフリカと西アジアの旧石器文化編年からみた現代人的行動の出現パターン」『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学から見た交替劇』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01公開シンポジウム. 2012.6.16-17. 東京大学.
  • 門脇誠二
    2012 「進化からみるヒトのからだ」『達人とはなそう -ヒトとからだ』名古屋市生涯学習推進センター連携講座. 2012.5.26. 愛知:名古屋大学博物館.
  • 門脇誠二
    2012 「アフリカの中期石器時代における現代人的行動の時空分布」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二、久米正吾、下釜和也、西秋良宏
    2012 「ユーフラテス河中流域の先史時代—第5次調査(2011)」『古代オリエント世界を掘る―第19回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会. 2012.3.24-25. 東京:サンシャインシティ文化会館.
  • 門脇誠二
    2012 「乾燥地における先史居住民の通時的検討:ユーフラテス川中流域の考古学調査から」『ユーラシア乾燥地域の農耕民と牧畜民:考古学、民族学、文献史学の視点から』2012.3.3-4. 東京:国士舘大学.
  • 近藤康久
    2012 「旧石器データベースHacks!」『日本旧石器学会第10回大会』シンポジウム「遺跡・立地・分布論の新たな展開 -『日本の旧石器時代遺跡』データベースの到達点と展望-」2012.6.23-24. 奈良文化財研究所平城宮跡資料館. (基調講演)
  • 近藤康久、阿児雄之
    2012 「ソーシャルメディアでつながる・はじまる・ひろがる新しい学際研究:考古学GISの事例から」『日本地球惑星科学連合2012年大会』セッションMTT-38「ソーシャルメディアと地球惑星科学」2012.5.20-25. 千葉:幕張メッセ.
  • 近藤康久、大森貴之、亀井宏行、小口 高
    2012 「生態文化ニッチモデルの改良:ヨーロッパの旧石器遺跡を例に」『第66回日本人類学会大会』セッション2「旧人・新人の交替劇における古気候変動の影響:地球物理学・空間情報科学・年代学からのアプローチ」2012.11.2-4. 神奈川:慶応義塾大学日吉キャンパス.
  • 近藤康久、門脇誠二、西秋良宏
    2012 「進化しつづける「交替劇」遺跡データベース」『日本地球惑星科学連合2012年大会』セッションBPT-24「人類進化と気候変動」2012.5.20-25. 千葉:幕張メッセ.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける中期・後期旧石器時代インダストリーの編年的・地理的分布パターン」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける中期・後期旧石器時代遺跡の時空間分布」『日本旧石器学会第10回講演・研究発表シンポジウム』2012.6.23-24. 奈良文化財研究所.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける旧石器文化編年からみた現代人的行動の出現パターン」『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学から見た交替劇』2012.6.16-17. 東京大学.
  • 佐野勝宏
    2012 「ヨーロッパにおける石器接合研究」『研究集会 石器接合資料研究の諸問題』2012.3.17. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2012 「石刃・細石刃剥離にかかわる接合資料分析」『研究集会 石器接合資料分析の諸問題』2012.3.17. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2012 「分節された剥離過程の単位と技量レヴェルの同定」『ネアンデルタールとホモ・サピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 高倉 純・金成太郎
    2012 「続縄文時代における石器石材の入手と選択」日本考古学協会弟78回総会・研究発表会、2012.5.27. 東京:立正大学.
  • 高倉 純・小杉 康
    2012 「北海道における旧石器遺跡の分布と立地」『第10回日本旧石器学会研究大会』2012.6.24. 奈良文化財研究所.
  • 高倉 純
    2012 「動作連鎖と技量習熟・伝達の民族誌考古学」科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」A02班2012年度第1回研究会. 2012.7.1. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2012 「石器作りの学習と文化伝達 -細石刃石器群を例に-」科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」B01班2012年度第1回研究会. 2012.8.27. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2012 「黒曜石製石器における剥離技術研究」2012信州黒曜石フォーラム. 2012.12.2. 長野:諏訪市博物館.
  • 長井謙治
    2012 「韓国旧石器データベースへの取り組み:その方法と見通し」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 長沼正樹
    2012 「ロシア語圏の旧石器資料 -データベース入力の作業経過-」交替劇B01班2012年班会議. 2012.8.28. 北海道大学遠友学舎.
  • 長沼正樹
    2012 「学習行動の物質化を検討する -遠い過去を実証的に研究するために-」交替劇A02班2012年第1回班会議・研究会. 2012.7.1. 北海道大学.
  • 長沼正樹
    2012 「中央アジアにおける旧石器編年と旧人・新人交替劇」『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学からみた交替劇』2012.6.16-17. 東京大学.
  • 長沼正樹
    2012 「両面石器の接合を考える -事例からみた可能性と限界-」研究集会「石器接合資料研究の諸問題」2012.3.17. 北海道大学.
  • 新美倫子、乾 茂年、大谷茂之、門脇誠二
    2012 「北海道オホーツク海沿岸の縄文時代貝塚の年代」『日本考古学協会第78回総会』2012.5.26-27. 東京:立正大学.
  • 西秋良宏
    2012 「海外学術調査の魅力」『文京学院大学生涯学習センター 東大博物館に学ぶ第2弾』2012.12.3. 東京大学総合研究博物館.
  • 西秋良宏
    2012 「ネアンデルタール人の成長と石器製作技術の習得」第66回日本人類学会大会. シンポジウム15. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
  • 西秋良宏
    2012 「中東ネアンデルタール人の文化進化」『日本西アジア考古学会第17回総会・大会』2012.6.9-10. 茨城:筑波大学.
  • 西秋良宏
    2012 「ネアンデルタールDBと旧石器インダストリーの時空分布再構築」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 西秋良宏
    2012 「文化からみた旧人・新人交替劇」『交替劇公開講座』2012.3.24. 東京:学術総合センター.
  • 西秋良宏
    2012 「ユーフラテス川中流域青銅器時代のステップ開発」『シンポジウム ユーラシア乾燥地域の農耕民と牧畜民:考古学、民族学、文献史学の視点から』2012.3.3-4. 東京:国士舘大学.
  • 西秋良宏、ファルハド・キリエフ、門脇誠二、下釜和也、小高敬寛、有松唯、赤司千恵
    2012 「南コーカサス地方の新石器時代―ギョイテペ遺跡の第4次発掘調査」『第19回西アジア発掘調査報告会』2012.3.24. 東京:池袋サンシャイン文化会館.
  • 日暮泰男
    2012 「投擲運動の学習プロセスの解明:2012年度の研究計画」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会. 2012.4.14-16. 東京:学術総合センター.
  • 日暮泰男、熊倉博雄
    2012 「投擲運動のキネマティクス」第66回日本人類学会大会. ポスター発表. 2012.11.4. 神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス.
2011
  • Guliyev, F. and Y. Nishiaki
    2011 New Research at Goytepe, Azerbaijan. International Conference: New Research on the Neolithic in the Circumcaspian Regions, 2011.11.27-30. Georgian National Museum, Tbilisi, Georgia.
  • Kadowaki, S.
    2011 Lithic Technology in the Wadi Rabah Period: A Perspective from Wadi Ziqlab. International Symposium on Perspectives from the Periphery: Galilee in the Cultural Changes through Ages. 2011.5.28. Rikkyo University, Tokyo
  • Kato, H.
    2011 The potential for Archaeology in Hokkaido Island: New Approach of Baikal-Hokkaido Archaeology Project. Special Lecture in Oxford Center for Asian Archaeology, Art and Culture, 2011.11.29. Institute of Archaeology, University of Oxford, Oxford, UK.
  • Kato, H.
    2011 Dispersal of ancient human groups and replacement from Neanderthal to Modern Human in Siberia. 2011 Seoul National University and Hokkaido University Joint Symposium, 2011.11.19. Seoul National University, Seoul, Korea.
  • Kondo, O.
    2011 An application of fourier and wavelet transforms to two-dimensional images: quantification of human vertebral tuberculosis. 2nd International Symposium on Biological Shape Analysis, 2011.9.7-9. Okinawa, Japan.
  • Kondo, Y., A. Kaneda, Y. Fujimoto, Y. Seino, H. Yamaguchi, and T. Uozu
    2011 Cultural resource management in the disaster zone: a report on a voluntary initiative for the information-gathering of the earthquake-damaged cultural heritage in Japan. The 39th annual conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology. 2011.4.12-16. Beijing, China.
  • Kondo, Y., S. Kadowaki, H. Kato, M. Naganuma, A. Ono, K. Sano, and Y. Nishiaki
    2011 Network computing in archaeology: a case study from the "Replacement of Neanderthals by Modern Humans" lithic industry database project. The 39th annual conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology. 2011. 4.12-16. Beijing, China.
  • Kondo, Y., G. Matsumoto, Y. Seino, T. Ako, W. Fukui, M. Sugiura, T. Uozu, and H. Yamaguchi
    2011 A Union of dispersed knowledge and people: achievements of Archaeo-GIS Workshop 2007-2010. The 39th annual conference of Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology. 2011.4.12-16. Beijing, China.
  • Nagai, K.
    2011 Similarities of Pressure Flaking Techniques during the Final Upper Paleolithic and Early Neolithic: Toward an Understanding of Cultural Relationships Between Jeju Island, South Korea and Southwestern Japan. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. 2011.11.27. National Museum of Nature and Science, Tokyo.
  • Nagai, K.
    2011 Flintknapping for Public Archaeology. The 3th International Workshop of Heritage Education and Site Preservation for Commemorating the 19th Chongokni Paleolithic Culture Festival. 2011. 5. 6-7. Institute of East Asian Archaeology. Prehistoric sites in Jeongok-ri, Yeoncheon County, Gyeonggi-do, Korea.
  • Nagai, K.
    2011 Traits in Stone Flaking Technology at Kanedori, Iwate, Japan. The 2nd International Symposium of Bifaces of the Lower and Middle Pleistocene of the World. 2011.4.30-5.5. Yeoncheon county, Gyeonggi-do, Korea.
  • Nishiaki, Y.
    2011 Discussion for Session 1: Neolithic Period and Early Bronze Age. International Symposium on Perspectives from the Periphery -Galilee in the Cultural Changes through Ages, 2011.5. 27-29. Rikkyo University, Tokyo.
  • Nishiaki, Y. and S. Kadowaki
    2011 Patterns of cultural change in the Middle and Upper Palaeolithic of the Levant. Workshop on the evolutionary theory of learning. 2011.11.28. Doshisha University, Kyoto, Japan.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjou, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2011 The Lower and Middle Paleolithic Assemblages of the Dederiyeh Cave, Syria. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association. 2011.11.27. National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
  • Oguchi, T. and Y. Kondo.
    2011 GIS applications for an interdisciplinary project: Replacement of Neanderthals by Modern Humans. UGI 2011. 2011.11.14-18. Santiago, Chile.
  • Portillo, M., S. Kadowaki, Y. Nishiaki and R. M. Albert
    2011 Early Neolithic husbandry practices at Tell Seker al-Aheimar (Upper Khabur, Syria): an ethnoarchaeological study of phytoliths and dung spherulites. The 8th International Meeting on Phytolith Research, 2011.9.14-18. Colorado, USA.
  • Sano, K.
    2011 Functional Variability in Magdalenian of North-Western Europe, XVIII. INQUA (International Union for Quaternary Research) Congress, 2011.7.22-27, Bern, Switzerland.
  • Sano, K., Y. Denda, and M. Ohba
    2011 Experiments in fracture patterns and impact velocity with replica projectile points from Japan, Multidisciplinary Scientific Approaches to the Study of Stone-Age Weaponry, 2011.9.19-22, Mainz, Germany.
  • Sano, K., Y. Denda, M. Ohba, and I. Radu
    2011 Projectile Experiments in Fracture Patterns and Impact Velocity: Towards Understanding to Hunting Evolution, The 4th Meeting of the Asian Palaeolithic Association, 2011.11.26-12.01, National Museum of Nature and Science. Tokyo.
  • Sano, K., Y. Denda, M. Ohba and R. Iovita
    2011 Projectile experiments in fracture patterns and impact velocity: towards understanding to hunting evolution. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association, 2011.12.26. National Museum of Nature and Science. Tokyo.
  • Sato, T., F. Khenzkhenova, A. Simakova, N. Martynovich, H. Kato, K. Suzuki, K. Yoshida, E. Lipnona, and G. Medvedev
    2011 Interdiscipnary Research of the BolÕ shoj Narin Site, East Siberia. Dual Symposia: Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association, 2011.11.26-12.1. National Museum of Nature and Science, Tokyo.
  • 阿児雄之、近藤康久
    2011 「芽生え始めたアカデミック・ソーシャルメディア:Archaeo-GIS WorkshopがおくるUSTREAM "友引Night!!"」『日本地球惑星科学連合2011年大会』2011.5.24. 千葉:幕張メッセ.
  • 大沼克彦
    2011 「ネアンデルタール人石器の製作実演」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 小口 高、近藤康久
    2011 「インターネットGISを用いた人類進化と気候変動に関する情報の発信」『日本地球惑星科学連合2011年大会』2011.5.26. 千葉:幕張メッセ.
  • 小口 高、近藤康久
    2011 「インターネットGISを用いた考古・古環境情報の発信」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 小口 高、近藤康久、早川裕弌
    2011 「地球惑星科学の社会への普及に対するツイッターの貢献事例」『日本地球惑星科学連合2011年大会』2011.5.24. 千葉:幕張メッセ.
  • 加藤博文
    2011 「人類の起源と進化」中小企業同友会経営者大学. 2011.10.19. 北海道:一般社団法人 北海道中小企業家同友会.
  • 加藤博文
    2011 「環境変動と北方狩猟民文化の形成」『第26回北方民族文化シンポジウム 環境変化と先住民の生業文化:陸域生態系における適応』2011.10.02. 北海道道立北方民族博物館.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「高緯度寒冷地への植民行動−その進化的・学習的意義−」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「北ユーラシアにおける石器製作伝統から見た交代劇の様相:現状と課題」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 加藤博文、長沼正樹
    2011 「北ユーラシアにおける中期・後期旧石器時代の時空間分布とその傾向」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二
    2011 「考古標本から暮らしの変化を探る」『Hands On 2:進化にふれるハンズオン・ギャラリー(第2回)』2011.12.17. 愛知:名古屋大学博物館.
  • 門脇誠二
    2011 「アフリカにおける初期ホモ・サピエンスの石器製作伝統:その時空分布の研究動向」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 門脇誠二
    2011 「ユーフラテス川中流域の先史遺跡:第五次踏査報告」『日本オリエント学会第53回大会』2011.11.20. 岡山:ノートルダム清心女子大学.
  • 門脇誠二
    2011「北レヴァント地方における終末期旧石器時代中葉の石器製作伝統」2011.11.20. 日本オリエント学会第53回大会. 岡山:ノートルダム清心女子大学.
  • 門脇誠二
    2011 「考古標本から暮らしの変化を探る」『Hands On 2:進化にふれるハンズオン・ギャラリー(第1回)』2011.7.18. 東京大学総合研究博物館.
  • • 門脇誠二、F. Guliyev、久米正吾、下釜和也、赤司知恵、西秋良宏 2011 「南コーカサス地方の新石器時代 -ギョイテペ遺跡の第3次発掘調査(2010年)」『日本西アジア考古学会第16回総会・大会』2011.6.4-5. 福岡:筑紫女学園大学.
  • 門脇誠二
    2011 「交替劇の舞台としてのザクロス地方とアラビア半島:石器製作伝統の視点から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二、近藤康久
    2011 「石器製作伝統の消長パターンからさぐる旧石器人の学習行動」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 門脇誠二、近藤康久
    2011 「レヴァント地方における中期・後期旧石器インダストリーの消長パターン」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 近藤 修、Y. Kanjou、石田 肇、石井理子、小口 高、西秋良宏、仲田大人、赤澤 威
    2011 「デデリエ洞窟出土の新幼児人骨資料」第65回日本人類学会大会. 2011.11.5. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 近藤康久
    2011 「人文フィールドGISの現在・未来:考古学の視点から」『地理情報システム学会第20回研究発表大会』2011.10.15-16. 鹿児島大学.
  • 近藤康久
    2011 「オマーン・バート遺跡群カスル・アル・スレメ地点の岩面陰刻について」『日本西アジア考古学会第16回大会』2011.6.5. 福岡:筑紫女学園大学.
  • 近藤康久
    2011 「考古学における生態文化ニッチモデリング」『日本地球惑星科学連合2011年大会』2011. 5. 26. 千葉:幕張メッセ.
  • 近藤康久、門脇誠二、西秋良宏
    2011 「『旧人・新人交替劇』関連遺跡・石器製作伝統データベースの構築」『日本西アジア考古学会第16回大会』2011.6.4-5. 福岡:筑紫女学園大学.
  • 近藤康久、門脇誠二、西秋良宏
    2011 「ネアンデルタールとサピエンス「交替劇」関連遺跡・石器製作伝統データベース」『日本西アジア考古学会第16回大会』2011.6.4-5. 福岡:筑紫女学園大学.
  • 近藤康久、小口 高
    2011 「生態学的予測モデルの考古学への応用に関する研究」『CSIS DAYS 2011』2011.11.10-11. 千葉:柏・東京大学空間情報科学研究センター.
  • 近藤康久、小口 高
    2011 「予測モデリングとWebGISによる考古・年代・古環境データの統合と解析」第65回日本人類学会大会. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 近藤康久、藤本 悠、清野陽一、山口欧志
    2011 「CEDACH GIS:ボランティアによる被災文化遺産の復興支援に向けた空間情報コンテンツ整備の取り組み」『地理情報システム学会第20回研究発表大会』2011.10.15-16. 鹿児島大学.
  • 近藤康久、藤本 悠、清野陽一、山口欧志
    2011 「被災文化遺産の復興支援に向けた空間情報整備の取り組み」『考古学研究会第57回研究集会』2011.8.27-28. 岡山大学.
  • 佐野勝宏
    2011 「考古学的証拠にみる旧人・新人の創造性」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 佐野勝宏
    2011 「ヨーロッパにおける中期-後期旧石器時代移行期の新局面」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 佐野勝宏、小野 昭
    2011 「ヨーロッパにおける旧人石器群と新人石器群の消長と拡散」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 佐野勝宏、鹿又喜隆、阿子島香、傳田惠隆、柳田俊雄
    2011 「山形県舟形町高倉山遺跡第2次発掘調査」『第25回東北日本の旧石器文化を語る会』2011.12.17-18. 青森:アピオ青森.
  • 椎野若菜、石森大知、大西健夫、梶丸 岳、小西公大、駒澤大佐、近藤康久、佐藤靖明、澤柿教伸、庄山紀久子、福井幸太郎、的場澄人、古澤拓郎
    2011 「フィールドワーカーの知と知をつなぐ Fieldnet の取り組みと地理情報システム」『地理情報システム学会第20回研究発表大会』2011.10.15-16. 鹿児島大学.
  • 下釜和也
    2011 「南コーカサス地域における中期・後期旧石器時代と旧人・新人の交替」『日本オリエント学会第53回大会』2011.11.20. 岡山:ノートルダム清心女子大学.
  • 高倉 純
    2011 「北海道の白滝遺跡群における旧石器接合資料の再検討:技量の習得過程復元の観点から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 高倉 純
    2011 「白滝遺跡群との比較:石狩低地帯」北海道旧石器文化研究会第29回研究会. 2011.11.19. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2011 「北海道・東北地方北部の5-6世紀における地域間関係」考古学研究会第57回研究集会. 2011.8.27-28. 岡山大学.
  • 高倉 純
    2011 「白滝遺跡群における石器接合資料分析の方向性」『北海道旧石器文化研究会第28回研究会』2011.6.11. 北海道大学.
  • 高倉 純
    2011 「学習行動の復元と石器接合資料の分析:北海道の後期旧石器時代石器群の事例から」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 高倉 純
    2011 「北東アジアの押圧細石刃剥離方法に関する先史人類学的意義」2011.11.6. 第65回日本人類学会大会. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 長井謙治
    2011 「新人の文化伝達に関する考古学的考察 -民族考古学の可能性-」『物質文化と精神文化(2011年度科研費合同研究会)』2011.11.18. 神戸: 神戸学院大学有瀬キャンパス.
  • 長井謙治
    2011「石鏃製作実験から見た学習」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 長井謙治
    2011 「石器製作実演」『第19回漣川全谷里旧石器祭り』2011.5.4-5.8. 韓国.
  • 長井謙治
    2011 「鈴木報告へのコメント」『ナイフ形石器・ナイフ形石器文化とは何か -概念と実態を問い直す-』石器文化研究会・設立25周年記念シンポジウム実行委員会. 2011.1.22. 東京:明治大学
  • 長沼正樹
    2011 「いわゆるナイフ形石器文化「後半」を考える -技術構造と両面石器リダクションに着目して-」『ナイフ形石器・ナイフ形石器文化とは何か -概念と実態を問い直す-』石器文化研究会シンポジウム. 2011.1.22. 東京:明治大学. (紙上報告)
  • 西秋良宏
    2011 「歴史を学ぶ意味 -中東考古学の現場から」『東大授業in彦根』2011.12.17. 彦根市市民会館.
  • 西秋良宏
    2011 「ヒトと弓矢の生活史」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 西秋良宏
    2011 「旧人・新人の創造性について考える」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 西秋良宏
    2011 「中東ネアンデルタール人の居住空間」『日本オリエント学会第53回大会』2011.11.19-20. 岡山:ノートルダム清心女子大学.
  • 西秋良宏
    2011 「ルヴァロワ技術と旧人の学習行動」第65回日本人類学会大会.シンポジウム6. 2011.11.6. 沖縄県立博物館・美術館.
  • 西秋良宏
    2011 「遺跡分布調査から見たユーフラテス河中流域青銅器時代の社会」『日本西アジア考古学会第16回総会・大会』2011.6.4-5. 福岡:筑紫女学園大学.
  • 西秋良宏
    2011 「趣旨説明 -旧人・新人交替劇と学習」『旧人・新人の石器製作学習行動を探る』日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 西秋良宏
    2011 「ネアンデルタール人遺跡にみる空間構造」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 西秋良宏
    2011 「日本の西アジア考古学の歴史と文化財」『アジア文化遺産国際会議:西アジアの文化遺産 -その保護と現状』2011.3.4-6. 東京:東京国立文化財研究所. (基調講演)
  • 西秋良宏、長井謙治
    2011 「複製実験からみたルヴァロワ剥片制作の習熟」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 神戸:神戸学院大学.
  • 橋詰 潤、内田和典、I. Shevkomud、長沼正樹、M. Gorshkov、S. Kositsena、E. Bochkaryova、小野 昭
    2011 「ロシア極東アムール川下流域における初期新石器時代の研究 -オシノヴァヤレーチカ12遺跡の調査から-」日本考古学協会第77回総会研究発表. 2011.5.29. 東京:國學院大學.
  • 日暮泰男
    2011 「投擲運動の学習プロセスの解明:予備的分析の報告」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 日暮泰男
    2011 「投擲運動の学習プロセスの解明」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会. 2011.4.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 松本直子
    2011 「認知考古学からみた旧人・新人の創造性」シンポジウム3「旧人・新人の創造性を考える」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会. 2011.12.10-11. 愛知:岡崎コンファレンスセンター.
  • 三浦直樹、長井謙治、星野孝総
    2011 「三次元動作計測を用いた熟練者の石器制作工程の身体動作解析」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会. 2011.2.19-20. 兵庫:神戸学院大学.
  • 村田弘之、柳田俊雄、阿子島香、鹿又喜隆、佐野勝宏
    2011 「山形県真室川町第3次発掘調査」『第24回東北日本の旧石器文化を語る会』2010.12.18-19. 秋田市中央公民館.
2010
  • Gourichon, L., Y. Nishiaki, and S. Kume
    2010 Curious animal teethed gypsum-made objects found at Tell Seker al Aheimar (Pottery Neolithic, North-eastern Syria). The 11th International Conference of Archaeozoology, Museum National d'Histoire Naturelle. 2010. 8.23-28. Paris, France.
  • Kadowaki, S. and Y. Nishiaki
    2010 Consumption and discard of obsidian chipped-stones at Neolithic settlements of Seker al-Aheimar, northeastern Syria. 7th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East. 2010.4.12-16. University College London and The British Museum, London, UK.
  • Nagai, K.
    2010 Pressure flaking technology. The 2nd International Workshop of Heritage Education and Site Preservation for Commemorating the 18th Chongokni Paleolithic Culture Festival. 2010.10. Institute of Esat Asian Archaeology, Prehistoric sites in Jeongok-ri, Yeoncheon County, Gyeonggi-do, Korea.
  • Nagai, K.
    2010 Obtuse-angled flaking in the Early and Middle Palaeolithic in Japan, The 3rd Asian Paleolithic Association International Symposium. 2010.10. Gongju, Korea.
  • Nishiaki, Y.
    2010 The 7th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East. 2010. 4. 12-16. London University, UK.
  • 赤澤 威、西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、丹野研一、L. Gourichon、Y. Kanjou、S. Muhesen
    2010 「旧人ネアンデルタールと新人クロマニョンの交替劇を探る -シリア・デデリエ洞窟の2009年度調査」『第17回西アジア発掘調査報告会』2010.3.27. 東京:池袋サンシャインシティ.
  • 小口 高、近藤康久、早川裕弌
    2010 「東京地形ブームの功罪」日本地形学連合2010年秋季大会. 2010.11. 東京:立正大学.
  • 加藤博文
    2010「北ユーラシアにおける石刃石器群の出現」『国際シンポジウム:後期旧石器時代のシベリアと日本:最終氷期における人類の適応行動』2010.11.27-28. 東京:慶應義塾大学.
  • 加藤博文
    2010 「高緯度寒冷地域への植民行動:その進化的・学習的意義」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 門脇誠二
    2010 「南レヴァント地方、後期新石器時代の石器インダストリーと石刃製作:アル=バサティン遺跡の接合資料から」『日本オリエント学会第52回大会』2010.11.7. 東京:国士舘大学
  • 門脇誠二、近藤康久
    2010 「旧人・新人に関わる石器製作伝統のデータベース化:その目的と方法」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター
  • 近藤康久
    2010 「オマーン青銅器時代の墳墓群の空間構造に関する一考察」2010.6. 日本西アジア考古学会第15回大会. 東京:国士舘大学
  • 近藤康久
    2010 「オマーン・バート青銅器時代遺跡群における地上写真測量調査」近江貝塚研究会第201回例会. 2010.7. 滋賀県埋蔵文化財センター.
  • 近藤康久
    2010 「GISと高精度センシング技術の活用によるオマーン青銅器時代遺跡群の空間構造の研究」『CSIS DAYS 2010』2010.11. 千葉:東京大学柏キャンパス.
  • 近藤康久
    2010 「2010年代の考古データベースはどう展開するか?」『第16回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」』人文系データベース協議会. 2010.11.27. 京都:花園大学.
  • 近藤康久、門脇誠二、西秋良宏
    2010 「考古学におけるネットワーク・コンピューティング:「旧人・新人交替劇」遺跡データベースの取り組み」『日本情報処理学会・人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2010」』2010.12.11-12. 東京工業大学.
  • 佐野勝宏、鹿又喜隆、村田弘之、阿子島香、柳田俊雄
    2010 「山形県舟形町高倉山遺跡第1次発掘調査」『第24回東北日本の旧石器文化を語る会』2010.12.18-19. 秋田市中央公民館.
  • 長井謙治
    2010 「石器製作実演」『第18回漣川全谷里旧石器祭り』2010.10.29-11.2. 韓国.
  • 長沼正樹
    2010 「いわゆるナイフ形石器文化「後半」を考える」石器文化研究会第246回例会. 2010.7.24. 東京:明治大学.
  • 西秋良宏
    2010 「旧石器人の学習に関わる考古学的証拠」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会. 2010.10.23-24. 東京:学術総合センター.
  • 西秋良宏
    2010 「考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究」『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』第64回日本人類学会大会シンポジウム. 2010.10.2. 北海道:だて歴史の杜カルチャーセンター.
  • 西秋良宏、門脇誠二、下釜和也
    2010 「ユーフラテス河中流域の先史時代 -第四次踏査報告」『日本オリエント学会第52回大会』2010.11.6-7. 東京:国士舘大学.
  • 西秋良宏、仲田大人、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2010 「西アジア前期旧石器時代の剥片石器群 -シリア、デデリエ洞窟のヤブルディアン資料にふれて」『日本旧石器学会第8回講演・研究発表・シンポジウム』2010.6.26-27. 東京:明治大学考古学博物館.
  • 村田弘之、柳田俊雄、阿子島香、鹿又喜隆、佐野勝宏
    2010 「山形県真室川町第3次発掘調査」『第24回東北日本の旧石器文化を語る会』2010.12.18-19. 秋田市中央公民館.
  • 山崎真治、藤田祐樹、大城逸朗、西秋良宏
    2010 「沖縄県南城市武芸洞遺跡における2009-2010年度の発掘調査」『日本人類学会第63回大会』2010.10.1-3. 北海道:伊達市噴火湾研究所.
2009
  • Kadowaki, S. and Y. Nishiaki
    2009 The organization of obsidian blade-tool production at Tell Seker al-Aheimar. International Symposium on Interpreting the Late Neolithic of Upper Mesopotamia. 2009.3.26-28. Leiden, Netherlands.
  • Nishiaki, Y.
    2009 Archaeological Surveys of Bronze Age and Earlier Settlements around Tell Ghanem al-Ali. International Symposium on Formation of Tribal Communities: Integrated Research in the Middle Euphrates, Syria. 2009.11.21-23. The Sunshine City, Tokyo. (招待講演)
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2009 The Natufian cultural remains at Dederiyeh Cave, Northwest Syria. International Symposium on The Natufian Culture in the Levant. 2009.9.7-11. Institut National de' Histoire de l'Art, Paris, France. (招待講演)
  • Tanno, K., G. Wilcox, M. Ishii, I. Fukumoto, H. Nakata, M. Yoneda, Y. Nishiaki, Y.Kanjo, S. Muhesen, and T. Akazawa
    2009 Abundant plant remains from a Natufian burnt building at Dederiyeh Cave, Northwest Syria. International Symposium on The Natufian Culture in the Levant II. 2009.9.7-11. Institut National de' Histoire de l'Art, Paris, France. (招待講演)
  • 西秋良宏
    2009 「縄文時代が始まった頃の西アジア」『考古学入門講座』2009.6.20. 青森:八戸市立縄文学習館.
  • 西秋良宏
    2009 「ネアンデルタール人の生存戦略:新人との違いを探る」『沖縄にネアンデルタール人は来たか』科学研究費補助金基盤研究(S)公開シンポジウム. 2009.4.11. 沖縄県立博物館.
  • 西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2009 「西アジア旧石器時代末期の住居 シリア、デデリエ洞窟のナトゥーフィアン建築を中心に」『日本旧石器学会第7回講演・研究発表・シンポジウム』2009.6.27-28. 鹿児島県立埋蔵文化財センター.
  • 西秋良宏、仲田大人、米田 穣、近藤 修、丹野研一、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2009 「現生人類の起源を探る -シリア・デデリエ洞窟の2008年調査」『第16回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会. 2009.3.14-15. 東京:池袋サンシャインシティ文化会館.
2008
  • Akazawa, T., Y. Nishiaki, Y. Kanjo, and S. Muhesen
    2008 New Discoveries of the Lower-Middle Paleolithic Sequence at the Dederiyeh Cave, Northern Syria. International symposium on The Lower and Middle Palaeolithic in the Middle East and Neighbouring Regions. 2008.5.8-10. Basel University, Switzerland. (招待講演)
  • Nishiaki, Y., S. Muhesen, and T. Akazawa
    2008 The Late Epi-Palaeolithic assemblages from Dederiyeh cave, Northwest Syria. The International Workshops on The PPN Chipped Lithic Industries of the Near East. 2008.3.3-5. Manchester University, UK. (招待講演)
  • 西秋良宏
    2008 「西アジアにおける旧人・新人交替劇」『西アジア死海地溝帯におけるネアンデルタールと現生人類交替劇の総合的解明』科学研究費補助金基盤研究(S)シンポジウム. 2008.10.4. 東京:学士会館分館.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、丹野研一、Y. Kanjou、S. Muhesen、赤澤 威
    2008 「現生人類の起源を探る -シリア、デデリエ洞窟の2003-2007年度調査」『第15回西アジア発掘調査報告会』西アジア考古学会. 2008.3.15-16. 東京:池袋サンシャインシティ.
2007
  • 西秋良宏
    2007 「縄文時代開始期と同じ頃の西アジア-旧石器時代から新石器時代への移行」『第58回歴博フォーラム:縄文時代の始まり』2007.1.20. 千葉:国立歴史民俗博物館.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、S. Muhesen、赤澤 威
    2007 「シリア、デデリエ洞窟にみられる後期ムステリアン石器群の年代的変化」『日本人類学会第61回大会』2007.10.6-8. 新潟:日本歯科大学新潟校.
  • 西秋良宏、仲田大人、近藤 修、米田 穣、S. Muhesen、赤澤 威
    2007 「シリア、デデリエ洞窟のムステリアン石器群」『日本旧石器学会第5回大会』2007.
  • 6.23-24.東京大学文学部.
2006
  • Nishiaki, Y.
    2006 The Jazireh Neolithic: New perspectives from Tell Seker al-Aheimar, the Upper Khabur. The Prehistoric Seminar. 2006.4.11. Damascus University, Syria.(招待講演)
  • Nishiaki, Y., S. Muhesen, and T. Akazawa
    2006 The Natufian occupations at the Dederiyeh cave, Afrin, Northwest Syria. The Fifth International Congress on The Archaeology of the Ancient Near East. 2006.4.3-7. Madrid, Spain.
  • 赤澤 威、定藤規弘、青木健一、近藤 修、西秋良宏、小林 靖、米田 穣、仲田大人、斎藤成也、石田 肇
    2006 『化石脳プロジェクト』科学研究費補助金基盤研究(S)第3回全体会議. 2006. 3.16. 愛知:生理学研究所.
  • 赤澤 威、鈴木宏正、藤森智行、金井 崇、近藤 修、西秋良宏、S. Debruyne, 青木健一、定藤規弘、豊田浩士
    2006 『化石脳・脳と知の共進化』科学研究費補助金基盤研究(S)第4回全体会議. 2006.5.19. 東京大学山上会館.
  • 西秋良宏
    2006 「シリア、デデリエ洞窟の考古学的証拠と化石脳研究への寄与」『第3回化石脳・脳と知の共進化シンポジウム』2006.5.19. 東京大学山上会館.
  • 西秋良宏
    2006 「アムッドとカフゼ:考古学的比較」『第1回化石脳プロジェクト研究会』2006.3.16. 愛知:自然科学研究機構生理学研究所.
  • 米田 穣、仲田大人、青木美千子、近藤 修、西秋良宏、赤澤 威
    2006 「シリア共和国デデリエ洞窟における年代推定:ナトウーフ文化遺構の放射性炭素年代」『第60回日本人類学会大会ポスター発表』2006.11.3-5. 高知工科大学.
2004
  • 赤澤 威、石田 肇、西秋良宏、近藤 修
    2004 『化石人類研究の最前線:工学知の先史人類学への適応』公開シンポジウム. 2004.7.3. 高知工科大学・総合研究所.
  • 西秋良宏
    2004 「ネアンデルタール人の一日を視る -遺跡の証拠」『アイデンティティに悩むネアンデルタール』文部科学省第18回「大学と科学」公開シンポジウム. 2004.1.24-25. 東京国際交流館.

文部科学省科研費補助金「新学術領域研究」:ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく実証的研究
プロジェクト本部:高知工科大学・総合研究所/〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 CIC東京302 TEL:03-5440-9039 FAX: 03-5440-9119
  お問い合わせ先:koutaigeki@gmail.com
文部科学省 | 日本学術振興会
Copyright all reserved by RNMH Project Group, 2012, 2013; 更新日:2016年12月09日